Eurytemora sp._7a
 採取:北海道 紋別市(2016年9月)*海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.8mm
 第1触覚:0.8mm(左側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
     夜間のプランクトンネット採取で見つけた。
500μm
7a
Eurytemora属の1種の画像
 Eurytemora sp._6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:枝状肢に焦点を合わせた画像。
 Eurytemora sp._6a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
     *海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.9mm
 第1触覚:1.0mm(左側)、1.0mm(右側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
    卵を持っている。眼が小さい。
 Eurytemora sp._5a
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
     *海岸
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.9mm
 第1触覚:1.0mm(左側)、1.0mm(右側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
    卵を持っている。
6b
6a
5a
500μm
500μm
500μm
Eurytemora属の1種の画像
Eurytemora属の1種の画像
Eurytemora属の1種の画像
 Eurytemora sp._4b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:枝状肢に焦点を合わせた画像。
 Eurytemora sp._4a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.7mm
 第1触覚:0.7mm(左側)、0.8mm(右側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
     2個の精包を付着させている。
     眼が小さい。
 Eurytemora sp._3d
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:精包に焦点を合わせた画像。
 Eurytemora sp._3c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。
     眼は不明瞭。
 Eurytemora sp._3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:前体部後端の突起に焦点を合わせた画像。
     枝状肢も観察できる。
 Eurytemora sp._3a
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:0.8mm
 第1触覚:0.8mm(左側)、0.8mm(右側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
     8〜9個の精包を付着させている。
4b
500μm
Eurytemora属の1種の画像
4a
500μm
Eurytemora属の1種の画像
3d
500μm
Eurytemora属の1種の画像
3c
500μm
Eurytemora属の1種の画像
3b
500μm
Eurytemora属の1種の画像
3a
500μm
Eurytemora属の1種の画像
 Eurytemora pacifica Sato, 1913_2a
 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:1.0mm
 第1触覚:0.9mm(左側)、1.0mm(右側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
     精包を付着させている。
 Eurytemora pacifica Sato, 1913_1a
 採取:神奈川県横浜市 金沢八景(2014年5月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 前体部:1.0mm
 第1触覚:0.9mm(左側)
 特徴:前体部後端の突起が大きい。
500μm
500μm
2a
1a
Eurytemora pacifica Sato, 1913の画像
Eurytemora pacifica Sato, 1913の画像
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
 -----------------------------------------------------------------------
 
参考文献:日本産海洋プランクトン検索図説
 
       千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p660-931.
 -----------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2020 Neko no Shippo
甲殻類の画像集 
---------------
顎脚綱
---------------
カイアシ亜綱
---------------
カラヌス目
Calanoida


ユウカラヌス科
(Eucalanidae)


ポンテラ科
(Pontellidae)


ヒゲナガケンミジンコ科
ヤマトヒゲナガケンミジンコ
(Eo. japonicus)

*科不明
 (010)
 (020)
 (021)
 (022)
 (023)
 (024)
 (025) 淡水
 (026)
 (030)

---------------
キクロプス目
Cyclopoida


オイトナ科
(Oithonidae)


ケンミジンコ科
(Cyclopidae)

 (050-1)
 (050-2)
 (050-3)
 (050-4)
 ノープリウス幼生

---------------
ハルパクチクス目
Harpacticoida


スイツキミジンコ科
(Porcellidiidae)

 (082-1)黄色
 (082-2)オレンジ
 (082-3)赤色
 (082-4)その他

スカシソコミジンコ科
(Peltidiidae)

 ニセボカシソコミジンコ
  (Paralteutha)
 スカシソコミジンコ
  (Peltidium)
 スカシソコミジンコ科?

ヨコミジンコ科
(Tegastidae)

 ヒラアシヨコミジンコ
  (Syngastes)

*科不明
 (061)
 (062)
 (063)
 (064)
 (065)
 (070)
 (090)
 (100)
 (101)淡水性

---------------
ポエキロストム目
Poecilostomatoida


オンケア科
(Oncaea)


コリケウス科
(Corycaeus)


サフィリナ科
(Sapphirinidae)

 コピリナ
  (Copilia)

サフィリナ型カイアシ類
(Hemicyclops spp.)

---------------
モンストリラ目
Monstrilloida
 モンストリラ科
 (Monstrillidae)


---------------
シフォノストム目
Siphonostomatoida
ウオジラミ科
ウオジラミ属
(Caligus spp.)

---------------
不明・未同定

 (150)
 (151)
 (152)
 (153)
 (154)
 (155)
 (156)


2020/8/5更新
トップページに戻ります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
テモラ科は体長1.0-1.5mmのものが多く、頭部は第1胸節と分離、第4、5胸節は種により融合します。雄の第1触角は右側が
 把握器になります。Temoropia属、Temora属が熱帯に、Eurytemora属が北半球高緯度地方の炭水、汽水、海域に分布します。
 Epischura属、Heterocope属など淡水域に生息するものもいます。Eurytemora属は頭節と各胸節は相互に融合せず、
 雌の第5胸節後端が翼状に後方に突出します(翼状突起)。後体部は雌で3節、雄で5節。日本からは3種が知られています。
 (以上、日本産海洋プランクトン検索図説)
 鷲宮ほうき様に同定して頂きました。御礼申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------