顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
カイアシ亜綱
 ---------------
 
カラヌス目 
  (010)
  (020)
  (021)
  (022)
  (023)
  (024)
  (025) 淡水
  (030)
 
キクロプス目 
  ・オイトナ科
  ・ケンミジンコ科
 ハルパクチクス目 
  ・ヒライソミジンコ型
 
   (062)
  ・ソコミジンコ型 
   (063)
   (064)
   (065)
   (061)
   (070)
  ・スイツキミジンコ科 
   (082)
  ・スカシソコミジンコ? 
   (080)
  ・小判型 
   (090)
  ・丸筒型 
   (100)
  ・淡水生 
   (101)
  ・Tegastidae科 
   (140)
 ポエキロストム目 
  ・オンケア科 
   (110)
  ・コリケウス科 
   (115)
 
モンストリラ目 
  ・モンストリラ科 
   (120)
 
不明・未同定 
 分類群01(130)
 分類群03(150)
 分類群04(151)
 分類群05(152)
 分類群06(153)
 分類群07(154)
 分類群08(155)
 分類群09(156)


500μm
3a
 ハルパクチクス目(062)_分類群28-3a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm (*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.2mm
 特徴:前体部と後体部の境界が明瞭。後体部が小さい。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
 ハルパクチクス目(062)_分類群19-2b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で触角と卵に焦点を合わせた画像。
 ハルパクチクス目(062)_分類群19-2a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯2012年4月)
     *海岸(磯) 昼間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含む)
 第1触角:0.3mm
 特徴:卵に隠されて後体部を確認できない。
     枝状肢の棘は長い。
     第1触覚は前体部よりも短い。
2b
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
2a
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
 ハルパクチクス目(062)_分類群02-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:背面(背甲側)から観察した画像。
     付属肢に焦点を合わせた。
 ハルパクチクス目(062)_分類群02-1c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:背面(背甲側)から観察した画像。
     眼に焦点を合わせた。
 ハルパクチクス目(062)_分類群02-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面(付属肢が生じる側)から観察した画像。
     触角に焦点を合わせた。
1d
1c
1b
1a
200μm
200μm
500μm
500μm
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
カイアシ(ハルパクチクス目)の画像が開きます。
 ハルパクチクス目(062)_分類群02-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年10月)*海岸(磯)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm (*触角含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.5mm
 第1触角:0.3mm(左側)、0.3mm(右側)
 特徴:後体部が小さいが、枝状肢の棘は長い。
     カブトエビ型の形状。
     一個の卵嚢を有する。
     卵嚢は後体部よりも大きい。
     第1触角は前体部よりも短い。
 ----------------------------------------------------------
 
ハルパクチクス目は底生性(石や泥の上をはいまわる)、付着性、葉上性(藻類の表面を
 はいまわる)種類が多く、プランクトン(浮遊性)として見つかることは少ないようです。
 このため一般のプランクトン図鑑では見ることが少ないですが、実際の種類や生息数は膨大で、
 非常に同定が困難なグループです。海産のものも淡水産のものも存在し、淡水産のものは
 “ソコミジンコ”と呼ばれています。ハルパクチクス目の和名も“ソコミジンコ目”です。

 
ここでは後体部が小さなハルパクチクス目を紹介します。 
 
このグループはヒライソミジンコ属(イソミジンコ科 Scutellidium 属)に似ているので、
 便宜的に
ヒライソミジンコ型”としています。分類学的な位置付けが分かりましたら、
 名称を変更していきたいと考えています。

 ----------------------------------------------------------
 
参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著
        保育社、1995年、p80-81.
 ----------------------------------------------------------
2015/1/7更新
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo