不明カイアシ(151)_分類群04-1b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で観察した画像。
     触角が見えるが第1触角か第2触角かは不明。
 不明カイアシ(151)_分類群04-1a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.7mm (*触覚含まない、枝状肢含む)
 前体部:0.5mm
 特徴:カイアシと思われるが詳細不明。
     背甲が発達している。
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
1b
500μm
ここをクリックすると不明カイアシ(151)の画像が開きます。
1a
500μm
ここをクリックすると不明カイアシ(151)の画像が開きます。
 顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
カイアシ亜綱
 ---------------
 
カラヌス目 
  (010)
  (020)
  (021)
  (022)
  (023)
  (024)
  (025) 淡水
  (030)
 
キクロプス目 
  ・オイトナ科
  ・ケンミジンコ科
 ハルパクチクス目 
  ・ヒライソミジンコ型
 
   (062)
  ・ソコミジンコ型 
   (063)
   (064)
   (065)
   (061)
   (070)
  ・スイツキミジンコ科 
   (082)
  ・スカシソコミジンコ? 
   (080)
  ・小判型 
   (090)
  ・丸筒型 
   (100)
  ・淡水生 
   (101)
  ・Tegastidae科 
   (140)
 ポエキロストム目 
  ・オンケア科 
   (110)
  ・コリケウス科 
   (115)
 
モンストリラ目 
  ・モンストリラ科 
   (120)
 
不明・未同定 
 分類群01(130)
 分類群03(150)
 分類群04(151)
 分類群05(152)
 分類群06(153)
 分類群07(154)
 分類群08(155)
 分類群09(156)


2015/1/12更新
 ----------------------------------------------------------
 
ここでは、同定ができていない分類群を紹介します。
 
このページで紹介している種は、カイアシ類かどうかも不明です。
 宮城県気仙沼大島の沿岸で採取しました。
 成体なのか、幼体かなのかも不明です。
 特徴は下記のとおりです。 
  (1) 触角が前体部よりも短い。
  (2) 前体部、後体部の境界は明瞭。
  (3) 頭部(前体部)が大きく背甲が発達している。
  (4) 枝状肢が短い
  (5) 体色は薄い黄色。

 ----------------------------------------------------------
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo