顕微鏡写真集 
 ---------------
 顎脚綱
 ---------------
 
カイアシ亜綱
 ---------------
 
カラヌス目 
  (010)
  (020)
  (021)
  (022)
  (023)
  (024)
  (025) 淡水
  (030)
 
キクロプス目 
  ・オイトナ科
  ・ケンミジンコ科
 ハルパクチクス目 
  ・ヒライソミジンコ型
 
   (062)
  ・ソコミジンコ型 
   (063)
   (064)
   (065)
   (061)
   (070)
  ・スイツキミジンコ科 
   (082)
  ・スカシソコミジンコ? 
   (080)
  ・小判型 
   (090)
  ・丸筒型 
   (100)
  ・淡水生 
   (101)
  ・Tegastidae科 
   (140)
 ポエキロストム目 
  ・オンケア科 
   (110)
  ・コリケウス科 
   (115)
 
モンストリラ目 
  ・モンストリラ科 
   (120)
 
不明・未同定 
 分類群01(130)
 分類群03(150)
 分類群04(151)
 分類群05(152)
 分類群06(153)
 分類群07(154)
 分類群08(155)
 分類群09(156)


 モンストリラ(120)_分類群05-7a
 

 採取:静岡県沼津市 江浦湾(2013年11月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.3mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。脚が発達している。体色は透明。
10e
500μm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
10d
1mm
10c
1mm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
10b
1mm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
1mm
10a
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
500μm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
500μm
500μm
500μm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
 モンストリラ(120)_分類群04-6c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 モンストリラ(120)_分類群04-6b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸肢に焦点を合わせた画像。
     個々の胸肢の形状は似通っている。
 モンストリラ(120)_分類群04-6a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:3.2mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 第1触角:0.9mm
 特徴:背甲側から観察した画像。眼が2個ある。触角は太い。
 モンストリラ(120)_分類群04-5b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
     触角から多数の針状の棘が伸びている。
 モンストリラ(120)_分類群04-5a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年1月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.0mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 第1触角:0.8mm
 特徴:細長い形状。
     カイアシ類としては大型。
     前体部に口器がないため、一般的なカイアシからは異質に見える。
6c
6b
6a
5b
5a
1mm
1mm
1mm
1mm
1mm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
 モンストリラ(120)_分類群01-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で胸肢に焦点を合わせた。
     胸肢は4対みられる。
 モンストリラ(120)_分類群01-1c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で前体部に焦点を合わせた。
     口器や口器付属肢がない。
 モンストリラ(120)_分類群01-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:卵嚢に焦点を合わせた。
     卵嚢の大きさは前体部ほどもある。
 モンストリラ(120)_分類群01-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2011年11月)*海岸(砂浜)夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm(*触角含まない、枝状肢含む)
 第1触角:0.1mm
 特徴:前体部に口器がないため、
     一般的なカイアシからは異質に見える。
     前体部は透明で、内容物は少ないように見える。
1d
1c
1b
1a
200μm
200μm
500μm
500μm
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
 モンストリラ(120)_分類群02-2a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*海岸(港湾)、夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.6mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.4mm
 特徴:夜間プランクトンネットで採取した。
     鮮やかな緑色の物質が体内に充満している。頭部が大きく長い。
2015/1/12更新
 モンストリラ(120)_分類群08-10b
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.4mm
 特徴:夜間、プランクトンネットで採取した。
     脚が発達している。
     体色は黄色。
     眼が金色に輝く。
 モンストリラ(120)_分類群07-9a
 

 採取:神奈川県葉山町 (2014年8月)*海岸、昼間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.4mm
 特徴:眼が大きい。
 モンストリラ(120)_分類群06-8a
 

 採取:静岡県沼津市 千本松原(2013年11月)*海岸、昼間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.4mm
 特徴:昼間に採取した。体色は透明。枝状肢が広がっている。
 モンストリラ(120)_分類群08-10b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:側面から観察した画像。 
     頭部に第1触角以外の付属肢がないことがわかる。。
 モンストリラ(120)_分類群08-10c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:腹面から観察した画像。
     眼が金色に輝いている。
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
4a
3a
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
 ----------------------------------------------------------
 
モンストリラのなかま(成体)は一般的なカイアシとは異質の形態をしており、
 
頭部に口器(口器付属肢)がありません。また、頭胸部(前体部)の内部も透明で、
 
普通の一般的なカイアシ類に見られるような消化管がありません。
 
モンストリラのなかまは、ノープリウスI期と成体を除いて、寄生生活を営むそうです。
 
成体は生殖行うのみで、餌を食べないのかもしれません。
 
ここで紹介するモンストリラのなかまは、プランクトンネットで採取した試料なので、
 
自由生活を営む成体だと思います。幼生は海産無脊椎動物の体内に寄生しているとのことです。
  夜にプランクトンネットを引くと稀に採取できます。

 ----------------------------------------------------------
 
参考文献:日本産海洋プランクトン検索図説
        千原光雄・村野正昭、東海大学出版会、1997年、p1002-1004.
 ----------------------------------------------------------
 モンストリラ(120)_分類群06-8b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角が長い。
 モンストリラ(120)_分類群03-4a
 

 採取:神奈川県葉山町 (2014年8月)*海岸、昼間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.2mm
 特徴:卵を抱えている。口ばし状の構造がある。
 モンストリラ(120)_分類群02-3a
 

 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2014年8月)*海岸(港湾)、夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.5mm (*触覚含まない、枝状肢含まない)
 第1触覚:0.4mm
 特徴:夜間プランクトンネットで採取した。
     鮮やかな黄色の物質が体内に充満している。頭部が大きく長い。
 モンストリラ(120)_分類群08-10d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:さらに別の角度から観察した画像。
 モンストリラ(120)_分類群08-10d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で脚を観察した画像。
     棘が集まって、ひれ状になっている。
9a
8b
8a
7a
500μm
1mm
500μm
2a
トップページに戻ります。
モンストリラ(Monstrilloida)の画像です。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo