50μm
写真08
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
藻類の画像集 
 藍色植物門
 
--------------------------
クロオコッカス目
 
 
ミクロキスチス
   Microcystis
 アファノカプサ
   Aphanocapsa
 クロオコックス
   Chroococcus
 アファノテーセ
   (Aphanothece)
 シネココックス
   (Synechococcus)
 スノウェラ
   (Snowella
 アオコモドキ
   Woronichinia
 メリスモペデア
   (Merismopedia

ユレモ目 
 ユレモ
   Oscillataria)
 サヤユレモ
   (Lyngbya)
 トリコデスミウム
   (Trichodesmium)
 フォルミジウム
   (Phormidium
 シュードアナベナ
   (Pseudanabaena)
 ラセンモ
   (Spirulina)

ネンジュモ目  
 アナベナ(広義)
   (Anabaena)
 アナベノプシス
   (Anabaenopsis)
 ノドゥラリア
   (Nodularia)
 キリンドロスペルムム
   (Cylindrospermum)
 アファニゾメノン
   (Aphanizomenon)
 クスピドスリクス
   (Cuspidothrix)
 カロトリクス
   (Calothrix)
 ホモエオスリックス
   (Homoeothrix)
 グロエオトリキア
   (Gloeotrichia)
 スキトネマ
   (Scytonema)

 トリポシリックス
   (Tolypothrix)

スティゴネマ目 

 スティゴネマ
   (Stigonema)
 ハパロシフォン
   
(Hapalosiphon)
--------------------------

20μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
偽空胞↓
20μm
0.1mm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
20μm
500μm
写真11
写真07
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
最終更新日:2016/3/1
製作者:NaCl & Au
写真19b
50μm
20μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
20μm
20μm
写真17
20μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
50μm
写真15b
写真06d
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真06c
写真05c
写真05d
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
20μm
50μm
50μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :100倍  
採取  :池(埼玉県) 
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH.7.8 

 

 ユレモの全体像です。写真01aは暗視野、写真01bは明視野で撮影した画像です。
 直線的な糸状体(トリコーム)で、右側の先端部分はやや細くなっていて、左端は半球状です。
 埼玉県南部の平地の池で採取しました。
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :沼(群馬県 竹沼) 
 
時期  :2015年7月採取 水温28.4℃ pH.6.4 

 
 写真19と同時に採取しました。同種と思われます。
 糸状体は左端と右端で形が異なります。
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :沼(群馬県 竹沼) 
 
時期  :2015年7月採取 水温28.4℃ pH.6.4 

 
 写真19と同時に採取しました。同種と思われます。
写真22
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :沼(群馬県 竹沼) 
 
時期  :2015年7月採取 水温28.4℃ pH.6.4 

 
 同じユレモを1000倍で撮影した画像です。
 糸状体の端は半円形です。
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :沼(群馬県 竹沼) 
 
時期  :2015年7月採取 水温28.4℃ pH.6.4 

 
 500倍で撮影したユレモの糸状体です。
 左端と右端で形が異なります。
写真19a
20μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真18
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真16
分類   :ユレモOscillataria sp.)
倍率  :1000倍  
採取  :池(大阪府)  
時期  :2008年10月採取 水温21.0℃ pH6.8 

 直線的な群体を作り、先端部の湾曲はほとんど見られません。
 
 細胞の直径(糸状体の太さ)は9〜10μm、細胞の長さは1〜3μmです。
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真12
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
分類  :ユレモOscillataria kawamurae
倍率  :1000倍  
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖) 
 
時期  :2006年8月採取 

 
 糸状体を拡大した画像です。
 偽空胞を観察できます。
分類  :ユレモOscillataria kawamurae
倍率  :1000倍  
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖) 
 
時期  :2006年8月採取 

 
 糸状体の先端部を拡大した画像です。
 先端細胞は半球状です。
分類  :ユレモOscillataria kawamurae
倍率  :400倍  
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖) 
 
時期  :2006年8月採取 

 
 直線的な群体を作り、肉眼でも細かい糸状に見えます。
 顕微鏡では茶色〜濃い緑色に見えます。
 細胞内には偽空胞があり、一列に並んで数本のラセン模様に見えます。

分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :1000倍  
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2007年9月採取 

 
 1000倍で糸状体の先端部を観察した画像です。
 糸状体の先端部は色が薄く、やや黄色に見えます。
 先端部は少し細くなり、わずかに屈曲しています。

分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :40倍  
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2007年9月採取 

 
 大阪府の池で採取したユレモです。
 浮遊物に付着して集塊を作っていました。
 糸状体は長く伸びています。
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :1000倍  
採取  :池(埼玉県) 
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH.7.8 

 
 1000倍で撮影したユレモの先端部です。
 写真06a-写真06dはフォーカスを変えながら撮影した画像です。
 糸状体の先端は透明で半球状です。
写真06a
写真06b
写真05a
写真05b
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真04b
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真04a
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :池(埼玉県) 
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH.7.8 

 
 写真01と同時に採取したユレモです。
 写真04aと写真04bはフォーカスを変えて撮影した画像です。
 糸状体(トリコーム)端は半球状で、透明です。
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真03c
写真03d
写真03a
写真03b
20μm
20μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真02a
写真02b
50μm
50μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :池(埼玉県) 
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH.7.8 

 

 写真01と同時に採取したユレモです。写真02aと写真02bはフォーカスを変えて撮影した画像です。
 糸状体(トリコーム)端は茶色で少し細くなった形状(上)と、半球状で透明な形状(下)があります。
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真01b
写真01a
20μm
写真14
20μm
20μm
200μm
20μm
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
トップページに戻ります。
写真19c
分類   :ユレモ(9) Oscillataria sp.) ユレモ目 ユレモ科)
倍率  :1000倍   
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2007年9月採取 
 直線的な糸状体を形成しています。
 
 糸状体の先端部は屈曲していません。
 細胞の長径(糸状体の太さ)は10〜11μm、
 細胞の短径は4.5〜6μm程度です。
分類   :ユレモOscillataria sp.)
倍率  :1000倍  
 
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2008年10月採取 水温21.0℃ pH6.8
 
 直線的な群体を作り、先端部の湾曲はほとんど見られません。
 
 細胞の直径(糸状体の太さ):10〜12μm、細胞の長さ:1〜4μmです。
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
写真13
写真15a
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :400倍  
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2007年9月採取 

 
 写真07と同時に採取したユレモです。
 不明瞭ですが、細胞のつなぎ目を観察できます。
20μm
20μm
20μm
20μm
200μm
 ユレモ(Oscillataria 属) の糸状体(トリコーム)は同じ形の細胞でできています。
 ネンジュモ目や、スティゴネマ目のような異質細胞や休眠胞子(アキネート)がありません。
 細い糸状体の種類は缶ジュースの缶のような形の細胞が連なっていますが、
 糸状体が太い種類では細胞が扁平になり、10円玉を重ねたような形態になります。
 顕微鏡で観察すると、驚くほど活発に動きます。撮影することが難しいほどです。
 先端部が揺れるように動くことから、ユレモと呼ばれます。
-------------------------------------------------------
20μm
写真21
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
ユレモ(Oscillataria sp.) の画像
分類   :ユレモOscillataria sp.)
倍率  :1000倍  
採取  :池(大阪府) 
 
時期  :2008年10月採取 水温21.0℃ pH6.8 


写真15a
 
 写真では色の再現が難しいのですが、肉眼では鮮やかな青緑色に見えます。
 細胞の直径(糸状体の太さ)は12〜13μm、細胞の長さは3〜5μmです。
写真15b
 
 糸状体の先端部を拡大した様子です。
 先端部は緩く湾曲し、先端細胞は少し太く鮮やかな青色をしています。
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :1000倍  
採取  :池(埼玉県) 
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH.7.8 

 
 1000倍で撮影したユレモの先端部です。
 写真05a-写真05fはフォーカスを変えながら撮影した画像です。
 不明瞭ですが、細胞の境界が線状に見えます。
 細胞は幅に対して厚みが小さく、扁平です。
写真05e
写真05f
分類  :ユレモOscillataria sp.
倍率  :500倍  
採取  :池(埼玉県) 
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH.7.8 

 

 写真02の上側の糸状体(トリコーム)を1000倍で撮影した画像です。
 先端は茶色または黄色で少し細くなっています。少し曲がっていることも特徴です。