藻類の画像集 
 藍色植物門
 
--------------------------
クロオコッカス目
 
 
ミクロキスチス
   Microcystis
 アファノカプサ
   Aphanocapsa
 クロオコックス
   Chroococcus
 アファノテーセ
   (Aphanothece)
 シネココックス
   (Synechococcus)
 スノウェラ
   (Snowella
 アオコモドキ
   Woronichinia
 メリスモペデア
   (Merismopedia

ユレモ目 
 ユレモ
   Oscillataria)
 サヤユレモ
   (Lyngbya)
 トリコデスミウム
   (Trichodesmium)
 フォルミジウム
   (Phormidium
 シュードアナベナ
   (Pseudanabaena)
 ラセンモ
   (Spirulina)

ネンジュモ目  
 アナベナ(広義)
   (Anabaena)
 アナベノプシス
   (Anabaenopsis)
 ノドゥラリア
   (Nodularia)
 キリンドロスペルムム
   (Cylindrospermum)
 アファニゾメノン
   (Aphanizomenon)
 クスピドスリクス
   (Cuspidothrix)
 カロトリクス
   (Calothrix)
 ホモエオスリックス
   (Homoeothrix)
 グロエオトリキア
   (Gloeotrichia)
 スキトネマ
   (Scytonema)

 トリポシリックス
   (Tolypothrix)

スティゴネマ目 

 スティゴネマ
   (Stigonema)
 ハパロシフォン
   
(Hapalosiphon)
--------------------------

写真05b
20μm
↑アキネート
 (休眠胞子)
↑異質細胞
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
写真01c
分類  :アナベナ ( Anabaena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)) 
 
時期  :2009年9月採取 水温26.9℃ pH7.6 

 
 写真04と同じ試料から見つけました。 
 糸状体が粘質物に包まれていることがわかります。
 糸状体の螺旋の直径は約55μm、螺旋の間隔は約50μmです。
 異質細胞とアキネートが一周回離れて位置しています。

20μm
最終更新日:2016/1/17
製作者:NaCl & Au
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
分類   :アナベナ?(cf. Anabaena sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府) 
  
時期  :2009年2月採取 水温9.0℃ pH6.4 
 
 写真05aと05bは同じ糸状体で焦点を変えて撮影したものです。
 
樽型の細胞が連なっているためアナベナに似ていますが、
 アキネートや異質細胞を識別できませんでした。
 細胞は長さ6~4μm、幅約5μmの樽型です。
写真05a
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
分類   :アナベナ?(cf. Anabaena sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)  
 
時期  :2009年3月採取 水温13.0℃ pH6.6 
 
 直線的な糸状体を形成しています。
 栄養細胞の長径5~10μm、短径2~3μmの楕円形、
 アキネートは長径20μm、短径7μmの楕円形、
 異質細胞は長径6μm、短径4μmの楕円形です。
 糸状体の先端細胞は細長くなりません。
50μm
写真04
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
写真03a
アキネート
写真03b
異質細胞
栄養細胞
分類  :アナベナ ( Anabaena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)) 
 
時期  :2009年8月採取 水温27.3℃ pH7.2 

 
 写真03aと03bは焦点を変えて撮影したものです。
 栄養細胞と異質細胞、アキネートが糸状体を形成しています。

 栄養細胞の直径(糸状体の太さ)は約10-12.5μm、
 細胞の長さは6~10.5μmです。
 異質細胞の太さは11.7μm、長さ(高さ)は12.0μmです。
 アキネートの太さは18.5μm、長さ(高さ)は20.5μmです。

分類  :アナベナ ( Anabaena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)) 
 
時期  :2007年6月採取 

 
 
アナベナ(Anabaena)は球状の細胞が長く連なって糸状体を形成します。
 左の写真(写真02a)を見ると、3種類の細胞で糸状体が形成されていることがわかります。
 一つは栄養細胞で最も数が多く、濃い緑色をした普通の細胞です。
 この栄養細胞と大きさは似ているものの、色が異なる細胞があります。
 これは異質細胞と呼ばれており、窒素固定のために特化した細胞とされています。
 また、アキネート(休眠胞子)と呼ばれる大きな細胞もあります。
 アキネートの内部には小さな顆粒がつまっています。
 
 
写真02bは糸状体の端の方を観察した様子です。
 糸状体は分岐せず、端部の細胞も普通の栄養細胞と同じ形をしています。
 異質細胞やアキネートを持つことに加え、糸状体が分岐しないことや、
 先端部が細くならないことがネンジュモ科の特徴です。
 
 写真02a、02bを注意深く観察すると、細胞の周りに刺のような構造を観察できます。
 これは粘鞘(鞘)とよばれる構造で、粘質物でできた透明な構造です。
 普通の顕微鏡では粘鞘を確認することは難しいですが、写真02cのように
 生体染色すると簡単に見ることができます。
 写真02cはニュートラルレッドで染色した画像です。
 異質細胞の周りには粘鞘がないことや、羽毛のような構造を見ることができます。
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
写真02a
分類  :アナベナ ( Anabaena sp.
倍率  :400倍 
採取  :池(大阪府)) 
 
時期  :2009年9月採取 水温26.9℃ pH7.6 

 
 異質細胞を1000倍で撮影した画像です。
粘鞘
20μm
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
分類  :アナベナ ( Anabaena sp.
倍率  :400倍 
採取  :池(大阪府)) 
 
時期  :2009年9月採取 水温26.9℃ pH7.6 

 
 規則的に螺旋状にねじれた糸状体を形成します。
 栄養細胞の直径(糸状体の太さ)は約13-14μm、
 細胞の長さ(高さ)は8~10μmです。
 異質細胞の太さは14μm、長さ(高さ)は13.5μmです。
 アキネートの太さは18μm、長さ(高さ)は21.5μmです。
写真01b
写真01a
20μm
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
写真02c
写真02b
20μm
アナベナ ( Anabaena sp.)の画像
トップページに戻ります。
 アナベナ(Anabaena)は異質細胞や休眠胞子(アキネート)という特別な細胞を持ちます。
 よく知られている分類群ですが、近年の研究の進展により従来アナベナ属とされていた種群は
 複数の属に分離されました。ただ、分類が難しいので、ここではまとめて広義のアナベナ属として掲載します。
 アナベナは夏季の池や湖で見つかることが多く、アオコに混じって見つかることもあります。
 糸状体の周囲に粘質物を持つものもいます。

---------------------------------------------------------------------------------
20μm
20μm
20μm
50μm