20μm
20μm
写真02a
写真02b
写真01a
写真01b
藻類の画像集 
 藍色植物門
 
--------------------------
クロオコッカス目
 
 
ミクロキスチス
   Microcystis
 アファノカプサ
   Aphanocapsa
 クロオコックス
   Chroococcus
 アファノテーセ
   (Aphanothece)
 シネココックス
   (Synechococcus)
 スノウェラ
   (Snowella
 アオコモドキ
   Woronichinia
 メリスモペデア
   (Merismopedia

ユレモ目 
 ユレモ
   Oscillataria)
 サヤユレモ
   (Lyngbya)
 トリコデスミウム
   (Trichodesmium)
 フォルミジウム
   (Phormidium
 シュードアナベナ
   (Pseudanabaena)
 ラセンモ
   (Spirulina)

ネンジュモ目  
 アナベナ(広義)
   (Anabaena)
 アナベノプシス
   (Anabaenopsis)
 ノドゥラリア
   (Nodularia)
 キリンドロスペルムム
   (Cylindrospermum)
 アファニゾメノン
   (Aphanizomenon)
 クスピドスリクス
   (Cuspidothrix)
 カロトリクス
   (Calothrix)
 ホモエオスリックス
   (Homoeothrix)
 グロエオトリキア
   (Gloeotrichia)
 スキトネマ
   (Scytonema)

 トリポシリックス
   (Tolypothrix)

スティゴネマ目 

 スティゴネマ
   (Stigonema)
 ハパロシフォン
   
(Hapalosiphon)
--------------------------

最終更新日:2014/3/1
製作者:NaCl & Au
50μm
50μm
分類  :ハパロシフォン (Hapalosiphon sp.)
倍率  :100倍 
採取  :沼(山形県) 
 
時期  :2015年8月採取 水温30.3℃ pH.6  

 
 1000倍で分岐している場所を撮影しました。
 写真02aと写真02bは同じ視野をフォーカスを変えて撮影した画像です。
 分岐している場所で細胞列が乱れています。画像の右側に異質細胞もあります。
分類  :スティゴネマ (Stigonema sp.)
倍率  :500倍 
採取  :沼(山形県) 
 
時期  :2015年8月採取 水温30.3℃ pH.6  

 
 暗視野で撮影した画像です。多数の分岐があります。糸状体は数mmの大きさに広がっていした。
 平地の池や沼は夏季にはアルカリ性の傾向がありますが、採取地では水温が高いにもかかわらず酸性でした。
 腐植酸の影響かもしれません。
トップページに戻ります。
 スティゴネマのなかまは異質細胞や休眠胞子(アキネート)という特別な細胞を持ちます。
 スティゴネマの糸状体(トリコーム)は分岐することが特徴です(真分岐)。
 真分岐は木の枝のような枝分かれのことで、ネンジュモ目には見られません。
 また糸状体の細胞が多列に並ぶこともあります。
 山地の沼や湿原などでみられます。
----------------------------------------------------------------------