Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
2014/12/23更新
トップページに戻ります。
 --------------------------------------------------------------------------------------------------
 シダ科にはシダ属(Sida 属)や、オナガミジンコ属(Diaphanosoma 属)、
 海産のウスカワミジンコ属(Penilia 属)が含まれます。

 このページでは、海産のウスカワミジンコを紹介します。
 殻が薄く透明で、頭が小さいことが特徴です。
 海に生息するミジンコの種類は少ないので同定はやさしいと思います。
 ただ、殻が薄いため見つけるのは難しいかもしれません。茨城県日立市で採取しました。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

甲殻類の画像集 
------------------------
鰓脚綱
 葉脚亜綱
  双殻目
------------------------
枝角亜目(ミジンコ
 
シダ科
(Sididae)
 (1) シダ
(Sida sp.)
 (2) オナガミジンコ
(Diaphanosoma sp.)
 (3) オオアタマミジンコ
(Diaphanosoma dubia)
 (4) ウスカワミジンコ
(Penilia avirostris)

ホロミジンコ科
(Holopedidae)
 (1) ホロミジンコ
(Holopedium gibberum)

ミジンコ科
(Daphniidae)
 (1) ミジンコ
(Daphnia pulex)
 (2) タイリクミジンコ
(Daphnia similis)
 (3) オナシミジンコ
(Daphnia obtusa)
 (4) カブトミジンコ
(Daphnia galeata)
 (5) タマミジンコ
(Moina sp.)
 (6) オカメミジンコ
(Simocephalus sp.)
 (7) タイリクアオムキミジンコ
(Scapholeberis kingi)

ゾウミジンコ科
(Bosminidae)
 (1) ゾウミジンコ
(Bosmina spp.)

ケブカミジンコ科
(Macrothricidae)
 (1) ケブカミジンコ
(Macrothrix rosea)

マルミジンコ科
(Chydoridae)
 (1) 不明種01
 (2) 不明種02
 (3) 不明種03

オオメミジンコ科
(Polyphemidae)
 (1) オオメミジンコ
(Polyphemus pediculus)

ウミオオメミジンコ科
Podonidae
 (1) トゲエボシミジンコ
(Evadne spinifera)
 (2) トゲナシエボシミジンコ
(Evadne tergestina)
 (3) ノルドマンエボシミジンコ
(Evadne nordmanni)
 (4) ウミオオメミジンコ
(Podon spp.)

========================
カイエビ亜目

トゲカイエビ科
(Leptestheriidae)

トゲカイエビ
Leptestheria
   kawachiensis
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
 ウスカワミジンコ(01)-3b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:複眼が一つしかないことがよくわかる。
 ウスカワミジンコ(01)-3a
 

 ウスカワミジンコ Penilia avirostris(シダ科)
 採取:神奈川県三浦市 城ケ島(2013年7月)*海岸・夜間採取
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm
 特徴:背甲が横に開いてしまった状態。
     ウスカワミジンコは、なぜかこうなってしまうことが多い。
3b
3a
200μm
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。
500μm
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。
2a
500μm
 ウスカワミジンコ(01)-2a
 

 ウスカワミジンコ Penilia avirostris(シダ科)
 採取:茨城県日立市会瀬(2011年11月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.0mm(触角、尾刺を含まない)
 特徴:淡水産のミジンコと比較すると頭部が小さい印象。
     この日はまとまった数の個体を採取できた。 
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。
 ウスカワミジンコ(01)-1a
 

 ウスカワミジンコ Penilia avirostris(シダ科)
 採取:茨城県日立市会瀬(2011年11月)*海岸(港湾)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm(触角、尾刺を含まない)
 特徴:海産の枝角亜目。
     殻が薄く、付属肢などが透けて見える。
     写真の個体は雌。
     育房内に卵を持っている。
1a
500μm
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。
 ウスカワミジンコ(01)-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:育房に焦点を合わせた画像。
     育房内で子供の発生が進んている。
     (胚が発生中)
 ウスカワミジンコ(01)-1c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:頭部に焦点を合わせた画像。
 ウスカワミジンコ(01)-1b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:殻の輪郭に焦点を合わせた画像。
     殻の縁辺部には棘がある。
     吻(くちばし状の部分)はとがっている。
1d
1c
1b
200μm
200μm
200μm
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとウスカワミジンコの画像が開きます。