タイリクミジンコ(01)-4d
 
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:胸肢の画像。
     胸肢は鳥の羽状で無数の棘がある。
 タイリクミジンコ(01)-4c
 
 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:殻の表面に焦点を合わせた画像。
     網目状の構造を観察できる。
 タイリクミジンコ(01)-4b
 
 撮影倍率:x4(実体顕微鏡)
 特徴:殻の輪郭に焦点を合わせた画像。

 タイリクミジンコ(01)-4a
 

 タイリクミジンコ Daphnia similis (ミジンコ科)
 採取:京都府(2016年7月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:2.7mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:京都府産の田土(購入品)から発生した個体。
     土を水に入れてから3週間後の個体。
     水槽の環境が良かったのか赤色化していない。

 タイリクミジンコ(01)-3b
 
 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:後腹部と尾爪の拡大画像。
     2列の櫛状棘列がある。

 タイリクミジンコ(01)-3a
 

 タイリクミジンコ Daphnia similis (ミジンコ科)
 採取:京都府(2016年7月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:1.6mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:京都府産の田土(購入品)から発生した個体。
     土を水に入れてから19日後の個体。
     水槽の環境が良かったのか赤色化していない。

 タイリクミジンコ(01)-2g
 

 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:尾爪の拡大画像。

 タイリクミジンコ(01)-2f
 

 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:尾爪の拡大画像。
     2列の櫛状棘列がある。
     尾爪基部の大きな櫛状棘列は10本。
     尾爪の先の方の棘は細かい。

 タイリクミジンコ(01)-2e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:後腹部の拡大画像。
     大きな棘がある。
     オオミジンコ(Daphnia magna)とは形状が異なる。

 タイリクミジンコ(01)-2d
 

 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の拡大画像。
     タイリクミジンコの頭部はヘルメット形。
     複眼の下方向に小さな単眼がある。
     殻表面には編目状の構造がある。

 タイリクミジンコ(01)-2c
 

 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 特徴:頭部の拡大画像。
     タイリクミジンコの頭部はヘルメット形。
     複眼の下方向に小さな単眼がある。
     殻表面には編目状の構造がある。

 タイリクミジンコ(01)-2b
 

 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 特徴:同じ個体を正面から観察した画像。
     殻が閉じている。
     土を水に入れてから19日後の個体。

 タイリクミジンコ(01)-2a
 

 タイリクミジンコ Daphnia similis (ミジンコ科)
 採取:京都府(2016年6月)
 撮影倍率:x3(実体顕微鏡)
 体長:3.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:京都府産の田土(購入品)から発生した個体。
     やや赤色化している。
     体長3mm以上の大型個体。
     日本淡水産動植物プランクトン図鑑に記載されている
     タイリクミジンコの体長は2.0-2.7mmで、これよりも大きい。
     オオミジンコ(Daphnia magna)に大きさが類似するが、
     後腹部の形状が異なることからタイリクミジンコとした。

4d
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
4c
4b
4a
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
1mm
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
3b
100μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
3a
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2g
200μm
50μm
50μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2f
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2e
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2d
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2c
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2b
1mm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
2a
1mm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
1a
500μm
タイリクミジンコ(Daphnia similis)の画像
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
 タイリクミジンコ(01)-1a
 

 タイリクミジンコ Daphnia similis (ミジンコ科)
 採取:茨城県 霞ヶ浦(2016年3月)*湖沼
 撮影倍率:x5(実体顕微鏡)
 体長:2.1mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:霞ヶ浦で採取した個体。
     ミジンコ(Daphnia pulex)と共存していた。

Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
甲殻類の画像集 
------------------------
鰓脚綱
 葉脚亜綱
  双殻目
------------------------
枝角亜目(ミジンコ
 
シダ科
(Sididae)
 (1) シダ
(Sida sp.)
 (2) オナガミジンコ
(Diaphanosoma sp.)
 (3) オオアタマミジンコ
(Diaphanosoma dubia)
 (4) ウスカワミジンコ
(Penilia avirostris)

ホロミジンコ科
(Holopedidae)
 (1) ホロミジンコ
(Holopedium gibberum)

ミジンコ科
(Daphniidae)
 (1) ミジンコ
(Daphnia pulex)
 (2) タイリクミジンコ
(Daphnia similis)
 (3) オナシミジンコ
(Daphnia obtusa)
 (4) カブトミジンコ
(Daphnia galeata)
 (5) タマミジンコ
(Moina sp.)
 (6) オカメミジンコ
(Simocephalus sp.)
 (7) タイリクアオムキミジンコ
(Scapholeberis kingi)

ゾウミジンコ科
(Bosminidae)
 (1) ゾウミジンコ
(Bosmina spp.)

ケブカミジンコ科
(Macrothricidae)
 (1) ケブカミジンコ
(Macrothrix rosea)

マルミジンコ科
(Chydoridae)
 (1) 不明種01
 (2) 不明種02
 (3) 不明種03

オオメミジンコ科
(Polyphemidae)
 (1) オオメミジンコ
(Polyphemus pediculus)

ウミオオメミジンコ科
Podonidae
 (1) トゲエボシミジンコ
(Evadne spinifera)
 (2) トゲナシエボシミジンコ
(Evadne tergestina)
 (3) ノルドマンエボシミジンコ
(Evadne nordmanni)
 (4) ウミオオメミジンコ
(Podon spp.)

========================
カイエビ亜目

トゲカイエビ科
(Leptestheriidae)

トゲカイエビ
Leptestheria
   kawachiensis
2017/2/9更新
トップページに戻ります。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 タイリクミジンコ(Daphnia similis)はミジンコ(Daphnia pulex )と同じダフニア属(Daphnia)の1種です。
 ミジンコ(Daphnia pulex )に良く似ていますが、頭部の形状が異なるので簡単に区別できます。
 ミジンコの頭部は眼と吻の間がへこんでいますが、タイリクミジンコは滑らかです。
 大きなものは3mmくらいになりますので肉眼でもよく見えます。
 飼育も容易で、夏場ならば特に何もしなくても維持できます。
 ここで紹介する個体は春に霞ヶ浦で採取したものと、京都産の田土から発生したものです。
 タイリク、と名前が付いていて元々は外来種ですが、今では日本各地に生息しています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------