カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
 カブトミジンコ(01)-7a
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:プランクトンネットで採取した。
     比較的大型の個体であるが、
     体長は頭の尖り方に左右される。
     殻刺が特徴的。
     卵を持っている。
 カブトミジンコ(01)-3a
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.2mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:頭が尖っていることで有名な大型ミジンコ。
     頭の尖り方には個体差がある。
     殻刺が長いことも特徴。
     大型ミジンコとしては珍しく湖沼に生息する。
 カブトミジンコ(01)-1a
 

 カブトミジンコ Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:あまり頭が尖っていない個体。
7b
7a
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
6c
6b
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
6a
5a
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
3a
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
2a
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
1c
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
1b
1a
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 
-------------------
 
鰓脚綱
  
葉脚亜綱
   
双殻目
 
-------------------
枝角亜目(ミジンコ)

シダ科 
 
(1) オナガミジンコ
   
オオアタマミジンコ
 
(2) ウスカワミジンコ
 
(3) シダ

ホロミジンコ科 
 
(1) ホロミジンコ

ミジンコ科 
 
(1) タマミジンコ
 
(2) オカメミジンコ
 
(3) アオムキミジンコ
 
(4) カブトミジンコ

ゾウミジンコ科 
 
(1) ゾウミジンコ

マルミジンコ科 
 
(1) 不明種01
 
(2) 不明種02
 
(3) 不明種03

ウミオオメミジンコ科 
 
(1) トゲエボシミジンコ
 
(2) トゲナシエボシミジンコ
 
(3) ノルドマンエボシミジンコ
 
(4) ウミオオメミジンコ
 カブトミジンコ(01)-6b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で頭を拡大した画像。
     
 カブトミジンコ(01)-6a
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.4mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:大型の個体。
     卵を持っている雌。
 カブトミジンコ(01)-4a
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:今回採取した個体群の中では最も頭が尖っている。
 カブトミジンコ(01)-2b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で観察した画像。
     単眼を観察できる。
 カブトミジンコ(01)-2a
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:小型の個体。
     幼体かもしれない。
 カブトミジンコ(01)-1b
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で観察した画像。
     腹部、殻刺に焦点を合わせた。
 カブトミジンコ(01)-1b
 

 カブトミジンコ Daphnia galeata(ミジンコ科)
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で観察した画像。
     頭に焦点を合わせた。
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
4a
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
3b
2b
200μm
500μm
200μm
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。
 -------------------------------------------------------------------------------
 
 カブトミジンコ(Daphnia galeata)はテレビで有名になった“頭の尖ったミジンコ”です。
 赤城大沼で採取できましたが、“すごく頭が尖ったミジンコ”はいませんでした。
 天敵の少ない環境だったのかもしれません。
 カブトミジンコは大型のミジンコでは珍しく湖に生息しています。
 一般的な大型ミジンコは天敵の少ない、小さな池や沼に生息することが普通です。

 -------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本淡水産動植物プランクトン図鑑、田中正明 名古屋大学出版会 
          2002年 p190-193.

 --------------------------------------------------------------------------------

 カブトミジンコ(01)-7b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で撮影した。
     頭の尖り方が小さい。
 カブトミジンコ(01)-6c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で殻刺を拡大した画像。
 カブトミジンコ(01)-5a
 

 カブトミジンコ  Daphnia galeata(ミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.5mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:大型の雌。
     大型の個体では肢が青色に見えることがある。
     卵を持っている。
 カブトミジンコ(01)-3b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で頭の先端を撮影した。
     この程度の尖り方のものが多い。
500μm
500μm
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
100μm
500μm
200μm
500μm
2014/12/24更新
トップページに戻ります。
カブトミジンコ(Daphnia galeata)の画像です。