-------------------------------------------------------------------------------------------
  ミジンコ科にはDaphnia 属(オオミジンコ、ミジンコ)、Simocephalus 属(オカメミジンコ)、
 Moina 属(タマミジンコ)、Ceriodaphnia 属(ネコゼミジンコ)、Scapholeberis
 (アオムキミジンコ)が含まれます。

  このページではタマミジンコのなかまを紹介します。
  タマミジンコはミジンコ(Daphnia属)と似ていますが、棍棒状の第1触角が
 あることでミジンコと区別できます。
  茨城県の菅生沼で春に採取しました。

 -------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本淡水産動植物プランクトン図鑑、田中正明 名古屋大学出版会 
          2002年 p198-201.

 -------------------------------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 
-------------------
 
鰓脚綱
  
葉脚亜綱
   
双殻目
 
-------------------
枝角亜目(ミジンコ)

シダ科 
 
(1) オナガミジンコ
   
オオアタマミジンコ
 
(2) ウスカワミジンコ
 
(3) シダ

ホロミジンコ科 
 
(1) ホロミジンコ

ミジンコ科 
 
(1) タマミジンコ
 
(2) オカメミジンコ
 
(3) アオムキミジンコ
 
(4) カブトミジンコ

ゾウミジンコ科 
 
(1) ゾウミジンコ

マルミジンコ科 
 
(1) 不明種01
 
(2) 不明種02
 
(3) 不明種03

ウミオオメミジンコ科 
 
(1) トゲエボシミジンコ
 
(2) トゲナシエボシミジンコ
 
(3) ノルドマンエボシミジンコ
 
(4) ウミオオメミジンコ
2014/12/23更新
トップページに戻ります。
 タマミジンコ(01)-3h
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸肢の付け根に焦点を合わせた。
     関節(節)は不明瞭。
 タマミジンコ(01)-3g
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:胸肢には羽毛状の棘が密生している。
     胸肢は第1肢から第5肢まである。
 タマミジンコ(01)-3f
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:尾爪の基部の小刺列に焦点を合わせた画像。
 タマミジンコ(01)-3e
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:尾爪に焦点を合わせた画像。
 タマミジンコ(01)-3d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1肢と思われる付属肢に焦点を合わせた画像。
     枝角亜目の胸肢は一部の例外(ノロなど)をのぞいて、
     一般的に殻の中に格納されている。
 タマミジンコ(01)-3c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で頭部に焦点を合わせた画像。
     棍棒状の第1触覚が特徴的。
 タマミジンコ(01)-3b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:頭部に焦点を合わせた画像。
 タマミジンコ(01)-3a
 

 タマミジンコのなかま Moina sp.(ミジンコ科)
 採取:茨城県菅生沼(2011年5月)淡水沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.1mm(触覚、尾刺を含まない)
 特徴:殻刺がなく、第1触覚が発達していることから、
     タマミジンコと思われる。
     性別は不明。
     長い尾刺を持つ。
 タマミジンコ(01)-2g
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾爪の付け根に焦点を合わせた画像。
     小刺の列を観察できる。
 タマミジンコ(01)-2f
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第2触覚の基部に焦点を合わせた画像。
 タマミジンコ(01)-2e
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:照明効果を変えて、尾刺を強調した画像。
 タマミジンコ(01)-2d
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第2触覚に焦点を合わせた画像。
 タマミジンコ(01)-2c
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:頭部に焦点を合わせた画像。
     棍棒状の第1触覚を観察できる。
 タマミジンコ(01)-2b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:尾刺、後腹部、尾爪、育房などに
     焦点を合わせた画像。
     尾刺は長い。
 タマミジンコ(01)-2a
 

 タマミジンコのなかま Moina sp.(ミジンコ科)
 採取:茨城県菅生沼(2011年5月)淡水沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.3mm(触覚、尾刺を含まない)
 特徴:写真1の個体と同時に採取した。
     口のあたりに見られる棒状の突起は第1触覚。
     写真の個体は雌。
     育房内に多数の卵を持っている。
 タマミジンコ(01)-1d
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:育房に焦点を合わせた画像。
     多数の卵を観察できる。
     単為生殖中の個体と思われる。
 タマミジンコ(01)-1c
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:100倍で第2触覚の基部を観察した。
     第2触覚は大きく二股に分かれている(内枝と外枝)。
     第2触覚は遊泳に用いられる。
     写真の下方には棍棒状の第1触覚も観察できる。
 タマミジンコ(01)-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:大きく腕のように見えるのは第2触覚。
     左の写真は第2触覚に焦点を合わせた。
     後腹部と尾爪も観察できる。
 タマミジンコ(01)-1a
 

 タマミジンコのなかま Moina sp.(ミジンコ科)
 採取:茨城県菅生沼(2011年5月)*淡水沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.7mm(触覚、尾刺を含まない)
 特徴:口のあたりに見られる棒状の突起は第1触覚。
     タマミジンコは、ミジンコ(Daphnia属)と同じく池や沼の普通種。
     タマミジンコは発達した殻棘(殻の後方にのびる棘)がなく、  
     棍棒状の第1触覚を持つことからミジンコと区別できる。
     写真の個体は雌。
     育房内に多数の卵を持っている。
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
3h
3g
3f
3e
3d
3c
3b
3a
2g
2f
2e
2d
2c
2b
2a
1d
1c
1b
1a
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
200μm
500μm
500μm
200μm
200μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
200μm
200μm
500μm
500μm
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。
ここをクリックするとタマミジンコの画像が開きます。