ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
 ゾウミジンコ(01)-1a
 

 ゾウミジンコ Bosmina sp.(ゾウミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:ゾウミジンコは有名なミジンコであるが、
     小型のため目視では観察困難。
     生息数は多く、湖沼で普通に見つかる。
     この個体はプランクトンネットで採取した。
     透過光で撮影した。
7a
6b
6a
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
5a
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
2a
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
50μm
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 ----------------------------------------------------------------------------------------
 
 ゾウミジンコ(Bosmina属)は第1触角がゾウの鼻のように伸びていることで有名です。
 止水域であればどこにでもいるミジンコですが、小さいので見つけるのは難しいかも
 しれないです。ゾウミジンコ(Bosmina属)と似たような種類にゾウミジンコモドキ
 Bosminopsis属)がありますが、吻の形や殻刺(Mucro)の有無で区別できます。

  このページでは、赤城大沼で採取したゾウミジンコ(Bosmina属)を紹介します。
 ----------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本淡水産動植物プランクトン図鑑、田中正明 名古屋大学出版会 
          2002年 p204, 208-217.

 -----------------------------------------------------------------------------------------

 ゾウミジンコ(01)-6b
 

 ゾウミジンコ Bosmina sp.(ゾウミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.2mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:小型の個体であるが、第1触角が長い。
 ゾウミジンコ(01)-3a
 

 ゾウミジンコ Bosmina sp.(ゾウミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:小型の個体。
     この個体は卵を持っていない。
 ゾウミジンコ(01)-1g
 

 撮影倍率:x1000(生物顕微鏡)
 特徴:眼に焦点を合わせた画像。
 ゾウミジンコ(01)-1f
 

 撮影倍率:x1000(生物顕微鏡)
 特徴:消化管の先端部をさらに拡大した画像。
     消化管内部の緑色の粒子は単細胞の緑藻らしい。
     茶色のものは正体不明。
 ゾウミジンコ(01)-1d
 

 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角の基部に焦点を合わせた画像。
     第2触角は目立たない。
 ゾウミジンコ(01)-1c
 

 撮影倍率:x1000(生物顕微鏡)
 特徴:1000倍で第1触角を観察した。
     点状の構造と、間隔毛と思われる棘がある。
 ゾウミジンコ(01)-1b
 

 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:ゾウミジンコの特徴であるゾウの鼻のような
     第1触角に焦点を合わせた画像。
100μm
100μm
100μm
100μm
100μm
100μm
3a
100μm
100μm
20μm
20μm
20μm
50μm
50μm
20μm
100μm
 顕微鏡写真集 
 
-------------------
 
鰓脚綱
  
葉脚亜綱
   
双殻目
 
-------------------
枝角亜目(ミジンコ)

シダ科 
 
(1) オナガミジンコ
   
オオアタマミジンコ
 
(2) ウスカワミジンコ
 
(3) シダ

ホロミジンコ科 
 
(1) ホロミジンコ

ミジンコ科 
 
(1) タマミジンコ
 
(2) オカメミジンコ
 
(3) アオムキミジンコ
 
(4) カブトミジンコ

ゾウミジンコ科 
 
(1) ゾウミジンコ

マルミジンコ科 
 
(1) 不明種01
 
(2) 不明種02
 
(3) 不明種03

ウミオオメミジンコ科 
 
(1) トゲエボシミジンコ
 
(2) トゲナシエボシミジンコ
 
(3) ノルドマンエボシミジンコ
 
(4) ウミオオメミジンコ
 ゾウミジンコ(01)-6b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:後端部の棘(殻刺、Mucro)に焦点を合わせた。
 ゾウミジンコ(01)-6a
 

 ゾウミジンコ Bosmina sp.(ゾウミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.3mm
 (触角、尾刺を含まない)
 特徴:卵をもっている個体。
 ゾウミジンコ(01)-5a
 

 ゾウミジンコ Bosmina sp.(ゾウミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:ゾウミジンコは有名なミジンコであるが、
     小型のため目立たない存在。
     ただし生息数は多く、湖沼で普通に見つかる。
     この個体はプランクトンネットで採取した。
     透過光で撮影した。
 ゾウミジンコ(01)-4a
 

 ゾウミジンコ Bosmina sp.(ゾウミジンコ科)
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:この個体の第1触角は短いように思える。
     種内の個体差なのか種の違いなのかは不明。
 ゾウミジンコ(01)-3b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:殻後端部の棘(→)に焦点を合わせた画像。
     この棘は殻刺、Mucroと呼ばれている。
 ゾウミジンコ(01)-2a
 

 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 体長:0.3mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:暗視野で撮影した画像。
     眼と第1触角の間に単眼(↓)を確認できる。
     この個体は卵を持っている。
 ゾウミジンコ(01)-1i
 

 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:殻の後端部と尾爪に焦点を合わせた画像。
     殻の後端部には短い棘(殻刺、Mucro)がある。
 ゾウミジンコ(01)-1h
 

 撮影倍率:x1000(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角基部の構造。
     間隔毛と思われる棘がある。
 ゾウミジンコ(01)-1e
 

 撮影倍率:x500(生物顕微鏡)
 特徴:消化管の先端部に焦点を合わせた画像。
     消化管が頭部の殻に接している。
     消化管の壁は厚い。
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
100μm
3b
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です
1i
1h
1g
1f
1e
1d
1c
1b
1a
2014/12/24更新
トップページに戻ります。
4a
ゾウミジンコ(Bosmina 属)の画像です