-------------------------------------------------------------------------------------------
  ウミオオメミジンコ科にはEvadne 属(エボシミジンコ属)、Podon 属(ウミオオメミジンコ属)
 が含まれます。エボシミジンコは3種が知られています。エボシミジンコ属はどれも
 卵型〜三角形の形態ですが、殻の末端に棘があるか、ないかで区別されています。
 
ここでは、エボシミジンコ属のトゲエボシミジンコ(Evadne spinifera)を紹介します。
  写真の個体は宮城県気仙沼大島で採取しました。
  下記文献によれば、トゲエボシミジンコは太平洋沿岸および日本海暖流域に分布し、
 瀬戸内海には出現しないとのことです。

 -------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本産海洋プランクトン検索図説、千原光雄・村野正昭、
          東海大学出版会、1997年 p613-615、p620-621.

 -------------------------------------------------------------------------------------------
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 
-------------------
 
鰓脚綱
  
葉脚亜綱
   
双殻目
 
-------------------
枝角亜目(ミジンコ)

シダ科 
 
(1) オナガミジンコ
   
オオアタマミジンコ
 
(2) ウスカワミジンコ
 
(3) シダ

ホロミジンコ科 
 
(1) ホロミジンコ

ミジンコ科 
 
(1) タマミジンコ
 
(2) オカメミジンコ
 
(3) アオムキミジンコ
 
(4) カブトミジンコ

ゾウミジンコ科 
 
(1) ゾウミジンコ

マルミジンコ科 
 
(1) 不明種01
 
(2) 不明種02
 
(3) 不明種03

ウミオオメミジンコ科 
 
(1) トゲエボシミジンコ
 
(2) トゲナシエボシミジンコ
 
(3) ノルドマンエボシミジンコ
 
(4) ウミオオメミジンコ
2014/12/23更新
トップページに戻ります。
 トゲエボシミジンコ(01)-1b
 

 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:同じ個体を100倍で観察した画像。
     殻(背甲)末端の長い棘に焦点を合わせた。
 トゲエボシミジンコ(01)-1a
 

 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*海岸、夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm
 特徴:殻(背甲)末端の長い棘(矢印)が特徴。
     やや保存の悪い個体。
     この種は生きたまま採取地から持ち帰ることが難しい。
1b
500μm
ここをクリックするとトゲエボシミジンコの画像が開きます。
1a
500μm
ここをクリックするとトゲエボシミジンコの画像が開きます。