ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
 ホロミジンコ(01)-6a 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:幼体や卵を持たない個体。
     幼体や卵を持たない個体でも、
     肢が殻からはみ出している。
 ホロミジンコ(01)-5b 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:幼体の拡大画像。
     眼が2個あるように見える。
     幼体の体長は約0.5mm。
 ホロミジンコ(01)-2a 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:頭部が小さく、背部が帆のように突出している。
     写真の個体は、背部に幼体を保護している。
     第2触角は長い。
     透明なゼラチン質の膜に包まれていることが特徴。
     プランクトンネットで採取した。
 ホロミジンコ(01)-1a 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡
 体長:0.8mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:ゼラチン質を被った状態で撮影した画像。
     ゼラチン質は透明なため観察は難しいが、
     付着物の存在により輪郭を見ることができる。
     ゼラチン質の直径は2mm程度。
     第2触角がゼラチン質の外側に伸びている。
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
5b
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
5a
4a
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
Since 2005/9 Copyright 2015 Neko no Shippo
 顕微鏡写真集 
 
-------------------
 
鰓脚綱
  
葉脚亜綱
   
双殻目
 
-------------------
枝角亜目(ミジンコ)

シダ科 
 
(1) オナガミジンコ
   
オオアタマミジンコ
 
(2) ウスカワミジンコ
 
(3) シダ

ホロミジンコ科 
 
(1) ホロミジンコ

ミジンコ科 
 
(1) タマミジンコ
 
(2) オカメミジンコ
 
(3) アオムキミジンコ
 
(4) カブトミジンコ

ゾウミジンコ科 
 
(1) ゾウミジンコ

マルミジンコ科 
 
(1) 不明種01
 
(2) 不明種02
 
(3) 不明種03

ウミオオメミジンコ科 
 
(1) トゲエボシミジンコ
 
(2) トゲナシエボシミジンコ
 
(3) ノルドマンエボシミジンコ
 
(4) ウミオオメミジンコ
 ホロミジンコ(01)-5a 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.8mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:背部に大きな幼体を抱えた個体。
     殻内の幼体が占める容積が大きく、
     肢が殻からはみ出している。
 ホロミジンコ(01)-4a 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:照明効果を変えて撮影した。
     帆状の背部の輪郭を明瞭に観察できる。
 ホロミジンコ(01)-3a 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 採取:群馬県 赤城大沼(2014年8月)*湖沼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:0.9mm (触角、尾刺を含まない)
 特徴:背部に2個の卵を持っている。
     ゼラチン質を被っている状態では細部の撮影が困難なため
     ゼラチン質から本体を取り出して撮影した。
6c
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
6b
6a
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
3a
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
2a
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。
500μm
 -------------------------------------------------------------------------------
 
 ホロミジンコはゼラチン質の膜のなかで生活しています。
  第2触角を膜の外に出して遊泳します。
  ゼラチン質の膜は顕微鏡では見難いですが、背部が帆のように突出していることから
  他のミジンコ類との識別は容易です。

  このページでは、赤城大沼で採取したホロミジンコを紹介します。
 -------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:(1)日本淡水産動植物プランクトン図鑑、田中正明 名古屋大学出版会 
          2002年 p162-163.

 --------------------------------------------------------------------------------

 ホロミジンコ(01)-6c 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:尾爪や後腹部を拡大した画像。
     背部に袋状の構造がある。
 ホロミジンコ(01)-6b 
 ホロミジンコ Holopedium gibberum (ホロミジンコ科) 
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角を拡大した画像。
     第2触角の基部は太い。
200μm
甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
200μm
500μm
200μm
500μm
500μm
500μm
500μm
1a
2014/12/24更新
トップページに戻ります。
ホロミジンコ(Holopedium gibberum)の画像です。