縦溝
横溝↑
写真06b
写真06a
100μm
100μm
ツノオビムシ(Ceratium)の画像
ツノオビムシ(Ceratium)の画像
↓横溝
写真05
ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum)の画像
藻類の画像集 
--------------------------
渦鞭毛藻 
 (Dinophyceae)


ぺリディニウム目 
 ウズオビムシ
   Peridinium )
 マルスズオビムシ
   (Scrippsiella )

ギムノディニウム目 
 ハダカオビムシ
   (Gymnodinium )
 アンフィディニウム
   (Amphidinium )

ゴニオラクス目 
 ツノオビムシ
   (Ceratium)
 ケラトコリス
   (Ceratocorys )

プロロセントラム目 
 プロロセントラム
   Prorocentrum )

ノクティルカ目 
 夜光虫
   (Noctiluca)

--------------------------
藍色植物(藍藻) 
 (Cyanobacteria)
灰色植物 
 (Glaucophyta)
紅色植物(紅藻) 
 (Rhodophyta)
クリプト藻 
 (Cryptophyta)
不等毛植物 
 (Heterokontophyta)

  
黄金色藻
  
珪藻
  
ラフィド藻
  
黄緑色藻
  
ディクティオカ藻
  
褐藻
ハプト藻 (円石藻) 
 (Haptophyceae)
ユーグレナ藻 
 (Euglenophyceae)
緑色植物 
 (Chlorophyta)
  プラシノ藻
  緑藻
  トレボウクシア藻
  アオサ藻
ストレプト植物 
 (Streptophyta)
  メソスチグマ藻
  接合藻
  クレブソルミディウム藻
  コレオケーテ藻
ケルコゾア 
 パウリネラ
  (Paulinella )

--------------------------

↑縦溝
ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum)の画像
写真03b
50μm
分類  : イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella
倍率  :500倍 
採取  :池(群馬県)  
 
時期  :2015年1月採取  

 

 群馬県で採取したイケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)です。
 ツノモとも呼ばれ、その名の通り数本の角状突起をもちます。

50μm
イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)の画像
写真01a
最終更新日:2016/1/16
製作者:NaCl & Au
20μm
写真04b
50μm
50μm
20μm
トップページに戻ります。
 ツノオビムシ(Ceratium)は長い棘を持つ渦鞭毛藻類で、ケラチウムと呼ばれることも多いです。
 淡水湖沼にも海にも生息しますが、海の方が多様性が大きいです。
 海でプランクトンネットを引くと、殻だけになった死細胞がよく見つかります。
 ウズオビムシPeridinium )よりも分かりにくいですが、縦溝と横溝を持っています。

------------------------------------------------------
ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum)の画像
角状突起(上部)
分類  : イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella
倍率  :500倍 
採取  :池(群馬県)  
 
時期  :2015年1月採取  

 

 写真01と同時に採取したイケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)です。
 写真01の個体よりも角状突起が1本多いです。

イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)の画像
分類  :不明種 (Ceratium sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :海岸(茨城県)  
 
時期  :2010年7月採取 水温23.9℃   

 

 渦鞭毛藻の形態は多様で、丈夫な殻をもつ種類も多いです。
 
写真のケラチウムも丈夫な殻を持ちます。
 このため細胞の死後、殻だけが残ることも多いです。

 写真の個体も殻だけが水中を漂っていました。

 色素体や核などの細胞質が失われているために、
 殻の微細な形状をはっきりと観察することができます。
 写真06aでは横溝や、殻の微細な凹凸が見えていますが、
 写真06bのように少しフォーカスを変えると
 殻の反対側の縦溝も見ることができました。
 

 海生のケラチウムは種が多く、形状も似ているものが多いため、
 種レベルでの同定は困難でした。
 “ツノ”を含めた長さは280〜290μm、幅は180μmです。

50μm
50μm
イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)の画像
イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)の画像
分類  :ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)  
 
時期  :2009年5月採取 水温21.5℃ pH6.6  

 

 写真04a, bと写真05は裏表の関係です(別個体です)。
 上部に1本、下部に2本の角状突起があります。
 上部の角上突起はやや曲がっています。
 その他、縦溝と横溝も観察できます。
 写真04aは全体の上部の角上突起にフォーカスを合わせています。
 写真04bは下部の突起と縦溝内部にフォーカスを合わせています。
 写真05は殻表面の網目構造と、横溝にフォーカスを合わせています。

↓横溝
ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum)の画像
写真02d
写真02c
写真01b
イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)の画像
50μm
50μm
写真04a
ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum)の画像
写真03a
分類  :ヌマツノオビムシ (Ceratium cornutum
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)  
 
時期  :2009年5月採取 水温21.5℃ pH6.6  

 

 写真03aと03bは同じ個体を焦点を変えて撮影したものです。
 上部に1本、下部に2本の角状突起があります。
 上部の角上突起はやや曲がっています。
 イケツノツノオビムシと比較すると角状突起が短く
太いです。
 ヌマツノオビムシは多くは見られないようです。
写真03a 
 角状突起にフォーカスを合わせました。
 色素体が角状突起の内部まで入っています。
写真03b 
 縦溝内部に焦点を合わせた画像です。

イケツノツノオビムシ(Ceratium hirundinella)の画像
写真02b
写真02a
50μm