分類  : ユーグレナ( Euglena sp.)
倍率  :500倍(写真04a〜04c)、1000倍(写真04d〜04f) 
採取  :池(京都府)  
 
時期  :2015年5月採取  

 

 京都市郊外の池で採取したユーグレナです。細長い形状で少しねじれています。
 細胞内にカプセル型のパラミロンが2個あります。変形運動も観察できました。
20μm
20μm
写真04e
写真04f
20μm
50μm
50μm
50μm
写真04b
写真04d
写真04a
写真04c
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
分類  : ユーグレナ(Euglena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)     
 
時期  :2009年8月採取 水温27.3℃ pH7.2  

 

 変形運動中のミドリムシを観察しました。

写真07a

 
変形中のミドリムシです。
 激しく変形しているので画像がぶれています。
写真07b

 
写真07aから5秒後の状態です。
 体をくねらせながら縮んでいく状態です。
写真07c

 
さらに9秒後(写真07aから14秒後)の状態です。
写真07d

 
さらに5秒後(写真07aから19秒後)の状態です。
 再び激しく変形を開始しました。
写真07e, 写真07f

 
さらに3-5秒後(写真07aから23-25秒後)の状態です。
 “コ”の字型に伸びた状態で変形運動が停止しています。

+25秒
+23秒
+19秒
0秒
+14秒
+5秒
写真07f
写真07e
写真07d
写真07c
50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
写真07b
写真07a
50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
写真06a
藻類の画像集 
--------------------------
ユーグレナ藻 
 (Euglenophyceae)

 
ミドリムシ 
  (Euglena)
ウチワヒゲムシ 
  Phacus)
モノモルフィナ 
  (Monomorphina )
ニセウチワヒゲムシ 
  Lepocinclis )
クリプトグレナ 
  (Cryptoglena )
カラヒゲムシ 
  Trachelomonas )
ハスクチカラヒゲムシ 
  (Strombomon )
海生種 

--------------------------
藍色植物(藍藻) 
 (Cyanobacteria)
灰色植物 
 (Glaucophyta)
紅色植物(紅藻) 
 (Rhodophyta)
クリプト藻 
 (Cryptophyta)
不等毛植物 
 (Heterokontophyta)

  
黄金色藻
  
珪藻
  
ラフィド藻
  
黄緑色藻
  
ディクティオカ藻
  
褐藻
ハプト藻 (円石藻) 
 (Haptophyceae)
渦鞭毛藻 
 (Dinophyceae)
緑色植物 
 (Chlorophyta)
  プラシノ藻
  緑藻
  トレボウクシア藻
  アオサ藻
ストレプト植物 
 (Streptophyta)
  メソスチグマ藻
  接合藻
  クレブソルミディウム藻
  コレオケーテ藻
ケルコゾア 
 パウリネラ
  (Paulinella )

--------------------------

分類  : ユーグレナ( Euglena acus
倍率  :1000倍 
採取  :湖(琵琶湖)     
 
時期  :2009年3月採取 水温13.5℃ pH6.4 

 

 
写真12aと12bは同じ個体をフォーカスを変えて撮影したものです。
 大きな柱状のパラミロンが細胞内に散在しています。
 遊泳中は直線的な形状ですが、カバーガラスに押されると
 蛇のようにS字型に変形します。

50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
分類  : ユーグレナ(Euglena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)     
 
時期  :2008年11月採取 水温13.5℃ pH6.4  

 

 紡錘形のミドリムシです。
 活発に変形する様子を観察できました。
 大きな眼点と、尾部(眼点の反対側)の尾状突起が特徴的です。
 写真08と写真09は別個体ですが同種と思われます

分類  : ユーグレナ( Euglena sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(福島県)  
 
時期  :2015年8月採取 水温36.9℃ pH7.8 

 

 綺麗な紡錘形のユーグレナです。
 ユーグレナよりもミドリムシの和名のほうが
 知られているかもしれません。
 大きな赤い眼点が特徴的です。
 パラミロンは米粒状で散在しています。
 あまり変形しませんでした。
 写真01aと写真01bは同じ個体です。

50μm
写真10d
写真10c
写真10b
50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
100μm
写真06d
写真06e
写真03b
写真03a
20μm
写真01a
20μm
20μm
20μm
50μm
20μm
トップページに戻ります。
 ミドリムシ(Euglena)は細胞の形が伸び縮みしたり、丸くなったりと独特の運動をします。
 この変形運動はユーグレナ運動と呼ばれています。
 細胞表面には平行な縞模様(ペリクル)があり、この構造を使ってユーグレナ運動を行います。
 細胞内には葉緑体、眼点、パラミロン(細胞内の貯蔵物質)があります。
 落ち葉が堆積した池で見つかることが多いです。
---------------------------------------------------------------
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
写真06b
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
最終更新日:2016/2/10
製作者:NaCl & Au
写真12b
写真12a
50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
写真11c
写真11b
写真11a
20μm
20μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
分類  : ユーグレナ(Euglena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)     
 
時期  :2009年1月採取 水温7.2℃ pH6.4  

 

 写真10a〜10dは同じ個体です。
写真10a
 
 
やや大型のミドリムシです。
 この写真が最も自然な形状を示しています。
 
細胞の中央部で、少しねじれています。
写真10b 
 カバーガラスにより少し押しつぶされた画像です。
 
写真06aでは見えなかった尾状突起も明瞭に観察できます。
 細胞は自然な状態よりも少し太くなっています。
写真10c 
 細胞の表面にフォーカスを合わせた画像です。
 不明瞭ですが、螺旋線条(ペリクル)を観察できます。
写真10d 
 細胞内部にフォーカスを合わせた画像です。
 2個の大きなパラミロンのほか、多数の小さなパラミロンを観察できます。
 細胞は自然な状態よりも太くなっています。

写真10a
50μm
50μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
写真09
写真08
20μm
20μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
分類  : ユーグレナ(Euglena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :川(大阪府)   
 
時期  :2008年12月採取 水温13.0℃ pH6.8  

 

 大型のミドリムシで、活発に動く様子は見られませんでした。
 写真06aから06eの順に時間が経過していますが、
 時間の経過とともに細胞が平たく変形する様子がわかります。
 (写真06a〜06bは同じ個体です。)

写真06a 
 細胞形状が原形を保っています。
 細胞の右側(頭部)には眼点、左側には尾状突起が見られます。
 細胞中央部には葉緑体が見られない場所が見られますが、
 ここに核があると思われます。
写真06b 
 細胞の表面にフォーカスを合わせています。
 
縮小画面では見難いですが(クリックすると大きな画像が開きます)
 細胞表面には平行な縞模様(ペリクル)が見られます。
 ミドリムシはぺリクルを使って細胞の形を自在に変形させることができます。
 この動きは“ユーグレナ運動”と呼ばれています。
写真06c 
 さらに細胞を押しつぶした画像です。
 細胞内部に円柱状の結晶が見られます。
 この結晶はパラミロンと呼ばれる細胞内の貯蔵物質です。
写真06d 
 細胞の尾部を拡大した画像です。
 細長い尾状突起が見られます。
写真06e 
 細胞の頭部を拡大した画像です。
 細胞の右端に鞭毛溝が見られます。
 鞭毛を確認することはできませんでした。

ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
100μm
写真06c
分類  : ユーグレナ( Euglena sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)  
 
時期  :2015年5月採取  

 

 京都市郊外の池で採取したユーグレナです。このユーグレナは激しく変形していました。
 ミドリムシは鞭毛によって遊泳するほかに細胞の形を変形させて運動することが可能です。
 この運動は“ユーグレナ運動”と呼ばれています。
 ペリクルという構造を利用して細胞変形を行います。

分類  : ユーグレナ( Euglena sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :湖(福島県)  
 
時期  :2015年8月採取 水温36.9℃ pH7.8 

 

 写真01と同時に採取しました。
 同じ種と思われます。
 細くとがった尾部を観察できます。
 写真02aと写真02bは同じ個体です。

50μm
写真05g
写真05h
写真05f
20μm
20μm
写真05e
50μm
50μm
写真05d
写真05c
20μm
20μm
写真03d
写真03c
写真02b
20μm
写真02a
20μm
写真01b
20μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像
分類  : ユーグレナ(Euglena sp.
倍率  :1000倍 
採取  :湖(琵琶湖)     
 
時期  :2009年3月採取 水温13.5℃ pH6.4 

 

 写真11a〜11cは同じ個体です。
写真11a
 
 細胞は中央部で大きくねじれています。
 螺旋線条(ペリクル)は不明瞭です。
 円盤状の無数の葉緑体を確認できます。
写真11b 
 わずかにフォーカスをずらした様子です。
 この焦点位置が最も螺旋線条(ペリクル)が見えていますが、
 あまりはっきりとは確認できません。
写真11c 
 細胞の内部にフォーカスを合わせた様子です。
 大形で円柱状のパラミロンや頭部の形状を確認できます。

100μm
分類  : ユーグレナ(Euglena spirogyra
倍率  :500倍(写真05a〜05d)、
     
1000倍(写真05e〜05h)
 
採取  :池(京都府)  
 
時期  :2015年5月採取  

 

 京都市郊外の池で採取したユーグレナです。
 点紋状の螺旋線条(ペリクル)が特徴的です。
 細胞内にカプセル型のパラミロンが2個あります。
 パラミロンは中央部が空洞になっています。

写真05a
写真05b
20μm
20μm
ユーグレナ( Euglena sp.)の画像