20μm
20μm
20μm
20μm
写真11a
写真11b
写真11c
写真11d
20μm
20μm
20μm
20μm
写真10a
写真10b
写真10c
写真10d
写真12b
写真12a
20μm
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
10μm
10μm
10μm
10μm
写真09a
写真09b
写真09c
写真09d
10μm
10μm
10μm
10μm
写真07a
写真07b
写真08a
写真08b
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
最終更新日:2016/2/10
製作者:NaCl & Au
20μm
写真06a
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
20μm
写真05d
写真05c
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
写真05b
20μm
写真05a
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :川(大阪府)   
 
時期  :2009年7月採取 水温27.3℃ pH7.2  

 

 写真05a〜05dは同じ個体です。

写真05a, 05b
  
 
細胞の表面にフォーカスを合わせた画像です。
 赤色の眼点と細い尾状突起が見えます。
 眼点付近からペリクルが伸びています。

写真05c, 05d  
 細胞内にフォーカスを合わせています。

 大小2個のパラミロンがあります。
 写真05cは小さいパラミロンにフォーカスを
 合わせています(矢印)。
 小さいパラミロンはドーナツ型をしています。
 写真05dは大きいパラミロンにフォーカスを
 合わせています。

10μm
10μm
写真04a
写真04b
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
20μm
20μm
写真03a
写真03b
20μm
20μm
写真02a
写真02b
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 写真07a、07bと、写真08a、08bは別の細胞です。
 細胞は団扇のような形です。
 細胞の表面に顆粒状の突起があります。
 パラミロンは2個で、細胞の側面にあります。
 鞭毛の基部に小さな突起があります。
 Phacus hispidulusに似ていますが、
 他にも似た種があるので同定を保留にしています。

藻類の画像集 
--------------------------
ユーグレナ藻 
 (Euglenophyceae)

 
ミドリムシ 
  (Euglena)
ウチワヒゲムシ 
  Phacus)
モノモルフィナ 
  (Monomorphina )
ニセウチワヒゲムシ 
  Lepocinclis )
クリプトグレナ 
  (Cryptoglena )
カラヒゲムシ 
  Trachelomonas )
ハスクチカラヒゲムシ 
  (Strombomon )
海生種 

--------------------------
藍色植物(藍藻) 
 (Cyanobacteria)
灰色植物 
 (Glaucophyta)
紅色植物(紅藻) 
 (Rhodophyta)
クリプト藻 
 (Cryptophyta)
不等毛植物 
 (Heterokontophyta)

  
黄金色藻
  
珪藻
  
ラフィド藻
  
黄緑色藻
  
ディクティオカ藻
  
褐藻
ハプト藻 (円石藻) 
 (Haptophyceae)
渦鞭毛藻 
 (Dinophyceae)
緑色植物 
 (Chlorophyta)
  プラシノ藻
  緑藻
  トレボウクシア藻
  アオサ藻
ストレプト植物 
 (Streptophyta)
  メソスチグマ藻
  接合藻
  クレブソルミディウム藻
  コレオケーテ藻
ケルコゾア 
 パウリネラ
  (Paulinella )

--------------------------

分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :小川(赤城山)   
 
時期  :2014年8月採取  

 

 細胞は団扇のような形です。細胞内のパラミロンは不明瞭です。
 尾部は短く、曲がり方は小さいです。
 
Phacus pleuronectes に似ていますが、他にも似た種があるので保留にしています。

分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 写真02a、02bと、写真03a、03bは別の細胞ですが、同種と思われます。
 細胞は団扇のような形です。細胞内には2個の大きなパラミロンがあります。尾部は短く曲がっています。
 写真01の種に酷似していますが、細胞内のパラミロンが大きいことが異なります。

トップページに戻ります。
 ウチワヒゲムシ(Phacus)は団扇のような形で、ひらひらと舞うように遊泳します。
 細胞表面には平行な縞模様(ペリクル)がありますが、変形運動は行いません。
 細胞内には葉緑体、眼点、パラミロン(細胞内の貯蔵物質)があります。
 落ち葉が堆積した池で見つかることが多いです。
-------------------------------------------------------------------
分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)    
 
時期  :2009年12月採取 水温7.7℃ pH6.4  

 

 やや小型のウチワヒゲムシです。
 写真13aと13bは同じ個体です。
 細胞内部に同心円状のパラミロンがあります
 尾部の近くにも小型のパラミロンがあります。

分類  : ウチワヒゲムシ? (cf. Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 写真11a〜11dは同じ細胞です。
 写真10と同種と思われます。
20μm
20μm
分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 写真09a〜09dは同じ細胞です。
 フォーカスを変えて撮影した画像です。
 眼点の輪郭が崩れています。
 死細胞かもしれません。
 細胞表面の顆粒状の構造が明瞭です。

分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 写真01a〜01dは同じ個体です。
 細胞は団扇のような形です。細胞内には2個のパラミロンがあります。尾部は短く曲がっています。
 Phacus pleuronectes に似ていますが、他にも似た種があるので保留にしています。

分類  : ウチワヒゲムシ? (cf. Phacus sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 写真10a〜10dは同じ細胞です。
 細胞の膨らみが大きいことや、
 尾部の突起が目立たないため、
 ウチワヒゲムシとしてよいか迷います。
 ニセウチワヒゲムシ(Lepocinclis )にも似ていますが、
 条線が螺旋的ではなく、
 縦に伸びていることからウチワヒゲムシ?としました。
分類  : ウチワヒゲムシ(Phacus longicauda
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
 
時期  :2015年5月採取  

 

 
京都市の郊外の池で採取したウチワヒゲムシです。
 パラミロンが一つあります。尾部が長いことが特徴です。
 特徴的な形なので種まで同定しました。

写真01b
写真01a
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像
ウチワヒゲムシ(Phacus sp.)の画像