20μm
20μm
20μm
20μm
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
藻類の画像集 
 緑藻植物門
 
--------------------------
プラシノ藻綱 
 Pterosperma
--------------------------
緑藻綱 
 ボルボックス目 
 
クラミドモナス(Chlamydomonas
 カルテリア(Carteria
 ヘマトコッカスPediastrum
 クロロゴニウム(Chlorogonium
 プテロモナス(Pteromonas
 テトラバエナ(Tetrabaena
 ゴニウム(Gonium
 パンドリナ (Pandorina
 ボルブリナ (
Volvulina
 ユードリナ(Eudorina
 ボルボックス(Volvox
 ヨツメモ目 
 
ヨツメモ(Tetraspora
 アステロコックス(Asterococcus 
 グロエオキスティス(Gloeocystis
 ヨコワミドロ目 
 ネオクロリス科
 
 
テトラエドロン(Tetraedron
 アミミドロ科
 
 クンショウモ(Pediastrum
 ソラスツルム(Sorastrum
 アミミドロ
Hydrodictyon
 イカダモ科 
 セネデスムス(Scenedesmus
 デスモデスムス(Desmodesmus
 クルキゲニエラ(Crucigeniella
 クルキゲニア(Crucigenia
 コエラスツルム(Coelastrum
 ホフマニア(Hofmania

 セレナスツルム科 
 ムレミカヅ゙キモ(Selenastrum
 イトクズモ(Ankistrodesmus
 モノラフィディウム(Monoraphidium
 キルクネリエラ(Kirchneriella
 クアドリギュラ(Quadrigula

 テトララントス(Tetrallantos)
 シュロエデリア科 
 シュロエデリア(Schroederia
 ケトフォラ目 
 
スティゲオクロニウム(Stigeoclonium
 ケトフォラ(Chaetophora
 ツルギミドロ(Draparnaldia)
 サヤミドロ目 
 
サヤミドロ(Oedogonium
 ブルボケーテ(Bulbochaete

 所属不明 
 
ゴレンキニア(Golenkinia
 トレウバリア(Treubaria

 ボツリオコックス(Botryococcus)
--------------------------
トレボウクシア藻綱 
 クロレラ目 
 ミクラクチニウム(Micractinium
 ディクチオスフェリウム
  Dictyosphaerium
 アクチナスツルム(Actinastrum

 オエキスティス(Oocystis
 ラゲルヘイミア(Lagerheimia
  syn:Chodatella

 テトラスツルム(Tetrastrum
 地衣類共生藻類 
 
気生藻類 
--------------------------
アオサ藻綱 
 シオグサCladophora
 ジュズモChaetomorpha
 ヒビミドロ(Ulothrix
 ラディオフィルム(Radiofilum)

 スキゾメリス(Schizomeris 
 スミレモ(Trentepohlia
 海藻
--------------------------
所属不明 
 エレレラ(Errerella
 アカントスファエラ(Acanthosphaera
 テトラキスティス(Tetracystis)
 プランクトスファエラ(Planktosphaeria)
 スフェロキスチス(Sphaerocystis)
 パルモディクチオン(Palmodictyon)
 ディコトモコックス(Dichotomococcus
 ディモルフォコックス(Dimorphococcus
 テトラクロレラ(Tetrachlorella
 ネフロキティウム(Nephrocytium
 シデロセリス(Siderocelis
 エキノスファエリジウム
  (Echinosphaeridium

 ウエステラ(Westella
 カラシウム(Characium)
 マキノエラ(Makinoella)
 未同定種群
 
--------------------------

最終更新日:2016/2/20
製作者:NaCl & Au
50μm
写真05a
写真05b
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
写真03g
写真03f
写真03e
20μm
20μm
20μm
分類  : ボツリオコッカス 
     (Botryococcus sp)
 
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)     
 
時期  :2009年9月採取 水温26.9℃ pH7.6 
 
 
 写真02a〜02hはボツリオコッカスの
 群体を押しつぶして、油滴の放出を
 観察した画像です。

写真03a
 
 
自然な状態の群体です。
 個々の細胞を識別できます。
写真03b
, 03c  
 群体を少し押しつぶしました。
写真03
d  
 油滴の放出が始まりました。
 油滴は細胞と細胞の間から
 染み出してきます。
写真03e, 03f  
 油滴の放出が続いています。
 大量の油滴が染み出してきます。
写真03g, 03h  
 油滴の放出が止まりました。
 小さな油滴が合体して徐々に
 大きな油滴を形成していきます。
写真03b
写真03a
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
トップページに戻ります。
分類  : ボツリオコッカス (Botryococcus sp)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)     
 
時期  :2009年9月採取 水温26.9℃ pH7.6 

写真01a  
 
自然な状態の群体です。2個以上の小群体が繋がり大きな群体を形成しています。
 群体は粘質物に包まれているため、個々の細胞は不明瞭です。
 顕微鏡下では黄緑色あるいは黄色に見えます。大きな群体では赤褐色に見えることもあります。
 水面近くを浮遊していることが多いので、沈殿物を観察しても見つからないことが多いです。
写真01b  
 群体を少し押しつぶした状態です。
 クサビ型の細胞が放射状に配列している状態を観察できます。
 小群体がひも状の粘質物で繋がっているようすも観察できます。
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
20μm
20μm
写真01b
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
写真01a
20μm
50μm
写真03h
 ボツリオコッカス(Botryococcusボツリオコックス、ボトリオコックスとも訳されます。
 ボツリオコッカスは炭化水素(炭素と水素からなる化合物)を作る藻類として知られています。
 石油や天然ガス
などの天然資源も炭化水素が主成分ですので、ボツリオコックスは
 “石油を作る藻類”として注目されています。
 ボツリオコッカスは、卵型、あるいは楔形の細胞が板状に並んだ群体を作り、水面近くを浮遊します。

 やや古い文献では黄緑色藻類とされています。
-----------------------------------------------------------------------------------
分類  : ボツリオコッカス (Botryococcus sp)
倍率  :500倍(写真04a、写真05a)、1000倍(写真04b、写真05b 
採取  :湖(福島県)     
 
時期  :2015年8月採取 水温27.3℃ pH6 

 
 大きな群体で、細胞の輪郭もはっきりと分かります。
 ただし油滴の放出を観察できませんでした。
 油を作る能力は、産地や個体群で大きく変わるのかもしれません。
写真03c
写真03d
ボツリオコッカス(Botryococcus sp)の画像
写真02a
写真04b
写真04a
分類  : ボツリオコッカス (Botryococcus sp)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)     
 
時期  :2009年9月採取 水温26.9℃ pH7.6 

 
 アナベナの水の華に混ざって水面に浮いているものを採取しました。
 カバーガラスに押し付けられると黄色の油滴のようなものが滲みでてきます。
 小さな群体が複数集まっており、小群体の間はひも状の構造で結ばれています。
 写真02a〜02bは同じ群体を焦点を変えて撮影した様子です。
 自然な状態(カバーガラスで押しつぶしていない状態)で観察しているため、
 個々の細胞を識別することは難しいですが、群体内の構造を見ることができます。
写真02b