20μm
写真09
ホフマニア(Hofmania lauterbornei )の画像
分類  : クルキゲニア (Crucigenia tetrapedia  
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
時期  :2008年3月採取 水温12.3℃ pH6.6   
 

 

 三角形の4個の細胞が集まり、
 4角形の群体を形成しています。
 4個の細胞の密着していて、隙間がありません。
 細胞の長径は6〜9μm、短径は約4μmです。
写真07
10μm
クルキゲニア(Crucigenia tetrapedia )の画像
写真06
5μm
分類  : クルキゲニア (Crucigenia tetrapedia  
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取  
 

 

 京都市の郊外の池で採取しました。
 4個の細胞が最小単位です。
 16個の細胞が群体を作っています。
 細胞が密着していることが特徴です。
クルキゲニア(Crucigenia tetrapedia )の画像
藻類の画像集 
 緑藻植物門
 
--------------------------
プラシノ藻綱 
 Pterosperma
--------------------------
緑藻綱 
 ボルボックス目 
 
クラミドモナス(Chlamydomonas
 カルテリア(Carteria
 ヘマトコッカスPediastrum
 クロロゴニウム(Chlorogonium
 プテロモナス(Pteromonas
 テトラバエナ(Tetrabaena
 ゴニウム(Gonium
 パンドリナ (Pandorina
 ボルブリナ (
Volvulina
 ユードリナ(Eudorina
 ボルボックス(Volvox
 ヨツメモ目 
 
ヨツメモ(Tetraspora
 アステロコックス(Asterococcus 
 グロエオキスティス(Gloeocystis
 ヨコワミドロ目 
 ネオクロリス科
 
 
テトラエドロン(Tetraedron
 アミミドロ科
 
 クンショウモ(Pediastrum
 ソラスツルム(Sorastrum
 アミミドロ
Hydrodictyon
 イカダモ科 
 セネデスムス(Scenedesmus
 デスモデスムス(Desmodesmus
 クルキゲニエラ(Crucigeniella
 クルキゲニア(Crucigenia
 コエラスツルム(Coelastrum
 ホフマニア(Hofmania

 セレナスツルム科 
 ムレミカヅ゙キモ(Selenastrum
 イトクズモ(Ankistrodesmus
 モノラフィディウム(Monoraphidium
 キルクネリエラ(Kirchneriella
 クアドリギュラ(Quadrigula

 テトララントス(Tetrallantos)
 シュロエデリア科 
 シュロエデリア(Schroederia
 ケトフォラ目 
 
スティゲオクロニウム(Stigeoclonium
 ケトフォラ(Chaetophora
 ツルギミドロ(Draparnaldia)
 サヤミドロ目 
 
サヤミドロ(Oedogonium
 ブルボケーテ(Bulbochaete

 所属不明 
 
ゴレンキニア(Golenkinia
 トレウバリア(Treubaria

 ボツリオコックス(Botryococcus)
--------------------------
トレボウクシア藻綱 
 クロレラ目 
 ミクラクチニウム(Micractinium
 ディクチオスフェリウム
  Dictyosphaerium
 アクチナスツルム(Actinastrum

 オエキスティス(Oocystis
 ラゲルヘイミア(Lagerheimia
  syn:Chodatella

 テトラスツルム(Tetrastrum
 地衣類共生藻類 
 
気生藻類 
--------------------------
アオサ藻綱 
 シオグサCladophora
 ジュズモChaetomorpha
 ヒビミドロ(Ulothrix
 ラディオフィルム(Radiofilum)

 スキゾメリス(Schizomeris 
 スミレモ(Trentepohlia
 海藻
--------------------------
所属不明 
 エレレラ(Errerella
 アカントスファエラ(Acanthosphaera
 テトラキスティス(Tetracystis)
 プランクトスファエラ(Planktosphaeria)
 スフェロキスチス(Sphaerocystis)
 パルモディクチオン(Palmodictyon)
 ディコトモコックス(Dichotomococcus
 ディモルフォコックス(Dimorphococcus
 テトラクロレラ(Tetrachlorella
 ネフロキティウム(Nephrocytium
 シデロセリス(Siderocelis
 エキノスファエリジウム
  (Echinosphaeridium

 ウエステラ(Westella
 カラシウム(Characium)
 マキノエラ(Makinoella)
 未同定種群
 
--------------------------

分類  : ケラスツルム(Coelastrum sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県)  
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH6.2以下 

 

 ケラスツルム(Coelastrum)は球形の細胞が
 ボールのように固まった群体を作ります

 細胞は突起などによって繋がっています。
 細胞内には葉緑体が充填していて
 緑色のボールのように見えます。

写真04a
写真04b
10μm
10μm
クルキゲニエラ(Crucigeniella sp.)の画像
クルキゲニエラ(Crucigeniella sp.)の画像
トップページに戻ります。
10μm
分類  : クルキゲニエラ (Crucigeniella sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取  
 

 

 ソラマメ型の4個の細胞が集まり、群体の最小単位を構成しています。
 その4個の細胞が、4組集まって合計16個の細胞で平面状の群体を形成しています。
写真02
イカダモ デスモデスムス属(Desmodesmus sp.)の画像
分類  : イカダモ
      セネデスムス属 Scenedesmus sp.)
 
倍率  :1000倍 
採取  :湖(福島県)  
  
時期  :2015年8月採取  

 

 教科書のイカダモと異なっているように見えますが、
 最近の分類学では、この形態が典型的なイカダモ
 (セネデスムス属)とされています。
 群体の両端の細胞には長い
突起がありません。
写真01
20μm
イカダモ セネデスムス属 (Scenedesmus sp.) の画像
分類  : ホフマニア (Hofmania lauterbornei  
      syn?: Crucigenia lauterbornei
 
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
 
時期  :2008年6月採取 

 

 ソラマメ型の4個の細胞が集まり、群体の最小単位を構成しています。
 その4個の細胞が、数個集まって平面状の群体を形成しています。
 細胞の長径は11〜12μm、短径は約9μmで、内部に1個のピレノイドが見られます。
 突起状の物質(古い母細胞壁?)が見られることから、H. lauterbornei として同定しました

クルキゲニエラ(Crucigeniella sp.)の画像
写真05
分類  : クルキゲニエラ (Crucigeniella sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)    
時期  :2007年10月採取  
 

 

 大阪の池で採取したクルキゲニエラです。
 細胞内にピレノイドがあります。
写真03a
写真03b
最終更新日:2016/2/19
製作者:NaCl & Au
写真08
ケラスツルム(Coelastrum sp.) の画像
クルキゲニエラ(Crucigeniella sp.)の画像
分類  : イカダモ
 
デスモデスムス属 Desmodesmus sp.)  
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取  
 

 

 4個の細胞が群体を作っています。
 両端の細胞には太い棘があります。
 ヨコワミドロ目イカダモ科はセネデスムス(Scenedesmusデスモデスムス(Desmodesmus
 クルキゲニエラ(Crucigeniella)、クルキゲニア(Crucigeniaコエラスツルム(Coelastrum
 
ホフマニア(Hofmania
などを含みます。
 最も有名な種類はイカダモです。イカダモはセネデスムス(Scenedesmusにまとめられていましたが、
 群体の両端の細胞が長い突起を持つことが多いデスモデスムス(Desmodesmusと、
 突起を持たないセネデスムス(Scenedesmusに分離されました。
 この2属は細胞壁の構造が異なるために区別されています。

-------------------------------------------------------------------------------------
10μm
10μm
10μm
クルキゲニエラ(Crucigeniella sp.)の画像
10μm