50μm
写真17
シュロエデリア (Schroederia sp.)の画像
分類  : キルクネリエラ (Kirchneriella sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2

 

 
キルクリネラはムレミカヅキモ(Selenastrum sp.)に似ていますが、
 個々の細胞が離れているところが異なります。
 三日月形、あるいは“コ”の字型の細胞が、
 背中を群体の中心に向けて寒天質のなかに散在します。

 ピレノイドは観察できませんでした。
10μm
写真14
キルクネリエラ (Kirchneriella sp.)の画像
写真13
20μm
モノラフィディウム(Monoraphidium sp.)の画像
20μm
写真12
イトクズモ(Ankistrodesmus densus)の画像
分類  : ムレミカヅキモ (Selenastrum sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 

 

 ムレミカヅキモ(Selenastrum)は三日月型の
 細胞が密集した群体を作ります。
 
キルクリネラ(Kirchneriellaの細胞と似ていますが、
 キルクリネラは細胞が寒天質の中に
 散在しているので区別できます。
 隣接細胞は背面で接しているので“X”に見えます。

10μm
写真11
ムレミカヅキモ (Selenastrum sp.)の画像
分類  : ホフマニア (Hofmania lauterbornei  
      syn?: Crucigenia lauterbornei
 
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)   
 
時期  :2008年6月採取 

 

 ソラマメ型の4個の細胞が集まり、群体の最小単位を構成しています。
 その4個の細胞が、数個集まって平面状の群体を形成しています。
 細胞の長径は11〜12μm、短径は約9μmで、内部に1個のピレノイドが見られます。
 突起状の物質(古い母細胞壁?)が見られることから、H. lauterbornei として同定しました

20μm
写真10
ホフマニア(Hofmania lauterbornei )の画像 syn Crucigenia lauterbornei  
分類  : ケラスツルム(Coelastrum sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :沼(群馬県)  
 
時期  :2015年1月採取 水温8.2℃ pH6.2以下 

 

 ケラスツルム(Coelastrum)は球形の細胞が
 ボールのように固まった群体を作ります

 細胞は突起などによって繋がっています。
 細胞内には葉緑体が充填していて
 緑色のボールのように見えます。

20μm
写真09
ケラスツルム(Coelastrum sp.)の画像
5μm
写真01
テトラエドロン(Tetraedron minimum)の画像
藻類の画像集 
 緑藻植物門
 
--------------------------
プラシノ藻綱 
 Pterosperma
--------------------------
緑藻綱 
 ボルボックス目 
 
クラミドモナス(Chlamydomonas
 カルテリア(Carteria
 ヘマトコッカスPediastrum
 クロロゴニウム(Chlorogonium
 プテロモナス(Pteromonas
 テトラバエナ(Tetrabaena
 ゴニウム(Gonium
 パンドリナ (Pandorina
 ボルブリナ (
Volvulina
 ユードリナ(Eudorina
 ボルボックス(Volvox
 ヨツメモ目 
 
ヨツメモ(Tetraspora
 アステロコックス(Asterococcus 
 グロエオキスティス(Gloeocystis
 ヨコワミドロ目 
 ネオクロリス科
 
 
テトラエドロン(Tetraedron
 アミミドロ科
 
 クンショウモ(Pediastrum
 ソラスツルム(Sorastrum
 アミミドロ
Hydrodictyon
 イカダモ科 
 セネデスムス(Scenedesmus
 デスモデスムス(Desmodesmus
 クルキゲニエラ(Crucigeniella
 クルキゲニア(Crucigenia
 コエラスツルム(Coelastrum
 ホフマニア(Hofmania

 セレナスツルム科 
 ムレミカヅ゙キモ(Selenastrum
 イトクズモ(Ankistrodesmus
 モノラフィディウム(Monoraphidium
 キルクネリエラ(Kirchneriella
 クアドリギュラ(Quadrigula

 テトララントス(Tetrallantos)
 シュロエデリア科 
 シュロエデリア(Schroederia
 ケトフォラ目 
 
スティゲオクロニウム(Stigeoclonium
 ケトフォラ(Chaetophora
 ツルギミドロ(Draparnaldia)
 サヤミドロ目 
 
サヤミドロ(Oedogonium
 ブルボケーテ(Bulbochaete

 所属不明 
 
ゴレンキニア(Golenkinia
 トレウバリア(Treubaria

 ボツリオコックス(Botryococcus)
--------------------------
トレボウクシア藻綱 
 クロレラ目 
 ミクラクチニウム(Micractinium
 ディクチオスフェリウム
  Dictyosphaerium
 アクチナスツルム(Actinastrum

 オエキスティス(Oocystis
 ラゲルヘイミア(Lagerheimia
  syn:Chodatella

 テトラスツルム(Tetrastrum
 地衣類共生藻類 
 
気生藻類 
--------------------------
アオサ藻綱 
 シオグサCladophora
 ジュズモChaetomorpha
 ヒビミドロ(Ulothrix
 ラディオフィルム(Radiofilum)

 スキゾメリス(Schizomeris 
 スミレモ(Trentepohlia
 海藻
--------------------------
所属不明 
 エレレラ(Errerella
 アカントスファエラ(Acanthosphaera
 テトラキスティス(Tetracystis)
 プランクトスファエラ(Planktosphaeria)
 スフェロキスチス(Sphaerocystis)
 パルモディクチオン(Palmodictyon)
 ディコトモコックス(Dichotomococcus
 ディモルフォコックス(Dimorphococcus
 テトラクロレラ(Tetrachlorella
 ネフロキティウム(Nephrocytium
 シデロセリス(Siderocelis
 エキノスファエリジウム
  (Echinosphaeridium

 ウエステラ(Westella
 カラシウム(Characium)
 マキノエラ(Makinoella)
 未同定種群
 
--------------------------

最終更新日:2016/2/10
製作者:NaCl & Au
分類  : シュロエデリア (Schroederia sp.)
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)  
 
時期  :2009年2月採取 水温9.0℃ pH6.4 

 

 直線的で非常に長い細胞です。
 細胞の中央付近はやや膨らんでいます。
 細胞内には2個?の波型の葉緑体とピレノイドが見られます。
10μm
10μm
5μm
10μm
20μm
20μm
50μm
20μm
20μm
フタヅノクンショウモ(Pediastrum duplex)の画像
 ヨコワミドロ目は不動性の細胞が定数群体を作ることが特徴です。定数群体を作る種類の細胞は
 決まった回数の細胞分裂を行います。このため群体を構成する細胞数が4、8、16、32、64など2の倍数になります。
 決まった回数の細胞分裂を行うと、次世代の群体形成まで細胞分裂を休止します。
 細胞の成長により群体は大きくなりますが細胞数は増えません。このような群体を定数群体と呼びます。

-----------------------------------------------------------------------
シュロエデリア科
分類  : テトララントス(Tetrallantos sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2

 

 
三日月形の細胞が、細胞の端で隣接細胞と接続しています。
 群体の形状が独特なので同定は容易ですが、
 単独で浮遊していたらキルクネリエラ と間違えそうです。


写真16
テトララントス(Tetrallantos sp.)の画像
分類  : モノラフィディウム (Monoraphidium sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :池(大阪府)    
 
時期  :2009年8月採取 水温31.1℃ pH7.2 

 

 細長い細胞が平行に並んで群体を作っています。
 細胞の数は不明です。
 大阪府の池では夏季に少数見られました。

イカダモ デスモデスムス属(Desmodesmus sp.)の画像
写真06
写真05
イカダモ セネデスムス属(Scenedesmus sp.) の画像
分類  : アミミドロ(Hydrodictyon sp. )
倍率  :500倍(写真04a)、1000倍(写真04b) 
採取  :池(埼玉県)  
 
時期  :2015年7月採取 水温25-26℃ pH7.8 

 

 アミミドロ(Hydrodictyon sp. )は網目状の群体を形成します。群体の形状は筒に似ています。
 細胞の端部で数個の細胞が連結し、網み目状の群体を形成します。
分類  : ソラスツルム (Sorastrum sp.
倍率  :1000倍 
採取  :湖(滋賀県 琵琶湖  
 
時期  :2009年3月採取 水温13.5℃ pH6.4 

 

 多数の細胞が群体を形成しています。
 一つの細胞には2個の突起があり、細胞は立体的に配列しています。
ソラスツルム(Sorastrum sp.)の画像
写真03a
写真03b
分類  : イカダモ セネデスムス属
    
Scenedesmus sp.)
 
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)  
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2  

 

 典型的なイカダモ(セネデスムス属)です。
 
両端の細胞は三日月形、
 内側の細胞は紡錘形です。
 細胞は互い違いに配列します。
トップページに戻ります。
分類  : イカダモ デスモデスムス属
     
Desmodesmus sp.)  
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取  
 

 

 両端の細胞には太い棘があります。
 以前の教科書ではこのタイプが典型的な
 イカダモとして紹介されていました。
分類  : テトラエドロン (Tetraedron minimum
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取 

 

 四画形の細胞形状です
 
細胞壁の表面に顆粒状の構造があるので変種
 Tetraedron minimum ver. apiculato-scrobiculatum)に
 分類されるかもしれません。

分類  : クアドリギュラ (Quadrigula sp.) 
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2

 

 真夏に山形県の沼で採取しました。
 細長い細胞が平行に並びます。
 細胞と細胞は密着しません。
 細胞は寒天質に包まれています。

分類  : イトクズモ (Ankistrodesmus densus) 
倍率  :1000倍 
採取  :沼(山形県)   
 
時期  :2015年8月採取 水温27.5℃ pH6-6.2

 

 
イトクズモの大型の群体です。細長い細胞が球状の群体を作っています。
 細胞は中央部で緩く曲がり、お互いに絡まるようにして群体を作っています。

セレナスツルム科
分類  : クルキゲニエラ
     (Crucigeniella sp.)
 
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取  
 

 

 ソラマメ型の4個の細胞が集まり、
 群体の最小単位を構成しています。
 その4個の細胞が、4組集まって
 平面状の群体を形成しています。
クルキゲニエラ(Crucigeniella sp.)の画像
写真07
イカダモ科
20μm
アミミドロ(Hydrodictyon sp. )の画像
写真04b
アミミドロ(Hydrodictyon sp. )の画像
写真04a
分類  : フタヅノクンショウモ
     Pediastrum duplex

倍率  :1000倍 
採取  :池(東京都 不忍池)  
 
時期  :2014年12月採取 水温8.3℃ pH6.2 

 

 上野の不忍池で採取しました。
 不忍池にはクンショウモが多く生息していますが、
 小さいものが多いです。。
 写真の群体はフタヅノクンショウモと思われます。
 典型的なフタヅノクンショウモと比較すると、
 細胞間の隙間が広いです。
 
写真02
アミミドロ科
分類  : クルキゲニア (Crucigenia tetrapedia  
倍率  :1000倍 
採取  :池(京都府)   
時期  :2015年5月採取  
 

 

 京都市の郊外の池で採取しました。
 4個の細胞が最小単位です。
 16個の細胞が群体を作っています。
 細胞が密着していることが特徴です。
写真08
クルキゲニア(Crucigenia tetrapedia )の画像
クアドリギュラ (Quadrigula sp.)の画像
写真15
ネオクロリス科