Amphora bigibba?
 アンフォラ属 08-01(個別のページはありません)
 (Amphora sp.)

 殻長;24.4μm
 殻幅;最大 6.4μm
 条線密度;20.5-22/10μm
 特徴;殻面は中央が強く圧縮された半円形で、殻端
  は嘴形に突出し、末端は頭状となる。
  条線はおおむね平行に配列し、殻端で放散状に配
  列する。
  縦溝は腹側殻縁に沿って真直ぐに走る。
  千原・村野(1997)のAmphora bigibba と殻形と縦溝
  の特徴のが類似する。

 ・採取地;山口県北部油谷湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
 アンフォラ属 06-01(個別のページはありません)
 (Amphora fontinalis Hustedt)

 殻長;29.3μm
 殻幅;5.7μm
 条線密度;腹側・背側共に 6.5-7/10μm
 特徴;殻形は細い舟形の三日月形で、殻端は頭状に突出
  する。
  条線はほぼ平行に配列する。
  腹側の条線は非常に短く、腹側殻縁に沿って配列する。
  縦溝は殻中央付近をほぼ真っ直ぐに走り、殻中心側端部
  はごくわずかに背側に頭をもたげる。
  縦溝の腹側には縦溝に沿って走る幅広い無紋域が存在
  する。
  軸域と中心域の境界は不明瞭である。
  殻中心付近の縦溝の背側には縦長の中心域が存在し、
  中心域では殻が肥厚化し、殻縁側は短い4本の条線で囲
  まれる。
  渡辺(2005)のAmphora fontinalisと特徴が一致する。

 ・採取地;埼玉県西部荒川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Amphora fontinalis
Amphora sp.
Amphora sp.
 アンフォラ属 03
 (Amphora .sp.)

 特徴;殻面は背側殻縁は強く湾曲し、腹側殻縁も
  背側と同方向に弧状に曲がる「みかんの1房」形
  である。
  殻全体の形はラグビーボール形である。
  縦溝は腹側殻縁寄りを走り、弧状に湾曲する。
  海岸域に見られる。
 ・スケールバーは10μm
Amphora sp.
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 バシラリア亜綱
  リレラ目
   リレラ科
    ・リレラ属
  マストグロイア目
   マストグロイア科
   ・マストグロイア属
  キンベラ目
   ロイコスフェニア科
   ・ロイコスフェニア属
   ・カンピロピキシス属
   ・ゴンフォセプタツム属
   ロイコスフェニア科不明分類群
   キンベラ科
   ・プラコネイス属
   ・キンベラ属
   ・キンボプレウラ属
   ・エンキオネマ属
   ゴンフォネマ科
   ・ゴンフォネマ属
   ・ゴンフォネイス属
   ・レイメリア属
  キンベラ目不明分類群
  アクナンテス目
   アクナンテス科
   ・アクナンテス属
   アクナンシディウム科
   ・アクナンシディウム属
   ココネイス科
   ・ココネイス属
  アクナンテス目不明分類群
  ナビクラ目
   ベルケレヤ科
   ・パルリべルス属
   カビヌラ科
   ・カビヌラ属
   ディアデスミス科
   ・ルチコラ属
   アンフィプレウラ科
   ・アンフィプレウラ属
   ・フルスツリア属
   ネイディウム科
   ・ネイディウム属
   セラフォラ科
   ・セラフォラ属
   ピヌラリア科
   ・ピヌラリア属
   ・カロネイス属
   ・ディアトメラ属
   ディプロネイス科
   ・ディプロネイス属
   ナビクラ科
   ・ナビクラ属
   ・トラキネイス属
   ・セミナビス属
   ・ハスレア属
   ・ゲイスレリア属
   ・ヒポドンタ属
   プレウロシグマ科
   ・プレウロシグマ属
   ・ジャイロシグマ属
   プレウロシグマ科不明分類群
   プラジオトロピス科
   ・プラジオトロピス属
   スタウロネイス科
   ・スタウロネイス属
   ・クラティクラ属
  ナビクラ目不明分類群
  タラシオフィサ目
   カテヌラ科
   ・アンフォラ属
    01(A.copulata)
    02
    03
    04
    05
    06(A.fontinalis)
    07
    08
  バシラリア目
   バシラリア科
   ・バシラリア属
   ・ハンチア属
   ・プサモディクチオン属
   ・トリブリオネラ属
   ・ニッチア属
   ・シュードニッチア属
   バシラリア科不明分類群
  ロパロディア目
   ロパロディア科
   ・エピセミア属
   ・ロパロディア属
  スリレラ目
   スリレラ科
   ・エントモネイス属
   ・ペトロディクチオン属
   ・プラジオディスクス属
   ・スリレラ属
   ・カンピロディスクス属
   ・キマトプレウラ属
 バシラリア亜綱不明分類群

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 珪藻綱不明分類群
参考文献;
 ・千原光雄・村野正男, 1997 日本産海洋プランクトン検索図説, 東海大学出版会.
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・渡辺仁治, 2005. 淡水珪藻生態図鑑, 内田老鶴圃.


                                               製作者:NaCl & Au
Amphora sp.
 アンフォラ属 07
 (Amphora .sp.)

 特徴;背側殻縁は弧状に湾曲し、腹側殻縁は直線状である。
  殻端は嘴形で末端は頭状形である。
  縦溝は腹側殻縁寄りを真直ぐに走る。
  海岸域に見られる。
 ・スケールバーは10μm
 アンフォラ属 05-01(個別のページはありません)
 (Amphora sp.)

 殻長;104.0μm
 殻幅;20.4μm
 胞紋密度; 6.5-7/10μm
        殻蓋 6.5-7/10μm
 特徴;非常に大型で、殻形は左右非対称の細長い
  長方形で、背腹性を持つ。
  殻端は嘴形に突出し、腹側に曲がりながら頭状と
  なる。
  縦溝は殻中心ではやや腹側寄りにあり、殻中心か
  ら殻端と殻中心の中間付近にかけて急激に背側殻
  縁に近づき、殻端から殻長の1/4程度は背側の縁
  辺に沿って走る。
  殻中心側縦溝端部は背側に若干頭をもたげて終わ
  る。
  縦溝の両脇には縦溝に沿った形で1列、腹側殻縁
  近くに1列、横長の楕円形の胞紋からなる胞紋列が
  走る。

 ・採取地;山口県北部深川湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Amphora sp.
 アンフォラ属 04-01(個別のページはありません)
 (Amphora sp.)

 殻長;31.5μm
 殻幅;15.5μm
 条線密度;腹側 16-18/10μm
        背側 19-20/10μm
 特徴;殻形は背側殻縁は弧状に湾曲し、腹側殻縁も
  背側と同方向に若干湾曲する細い三日月形である。
  条線は背側は殻を通して放散状に配列し、腹側は
  殻中心付近で放散状に、殻端付近では収れん状に
  配列する。
  縦溝は弧状に湾曲し、殻端付近は背側寄りを走り、
  殻中心近くでは腹側に寄り、殻中心側端部は向か
  い合って終わる。
  中心域は縦溝と背側殻縁の間に条線を中断する形
  で存在し、長軸方向に伸びる太めの笹の葉状の無
  紋域である。
  この分類群はアンフォラ属03と類似するが、アンフォ
  ラ属03と比べて条線密度が細かい。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Amphora sp.
 アンフォラ属 02-01(個別のページはありません)
 (Amphora sp.)

 殻長;64.3μm
 殻幅;8.5-9.9μm
 殻高;28.5μm
 条線密度;腹側 12-12.5/10μm
        背側 14-15/10μm
 胞紋密度;10-11.5/10μm
 特徴; 比較的大型で、腹側殻縁は背側殻縁と同方向に
  若干湾曲する細い三日月形である。
  殻端は丸みを帯びる。
  殻全体の形はラグビーボール状である。
  条線は背側では放散状に配列し、腹側の殻端付近では
  収れん状となる。
  軸域は腹側に広く、中心に行くに従い幅が狭くなる。
  縦溝は弧状に曲がり、殻端近くでは背側を走り、殻中心
  付近では腹側に寄る。
  殻中心側の縦溝端部は背側に曲がって終わる。
  中心域は腹側では縦長で殻縁に達し、背側では条線を
  中断する形で半円形または三角形の無紋域の形で認め
  られる。
  渡辺(2005)のAmphora ovalisと特徴が類似するが、縦
  溝の殻中心側の蛇行がそれほど強くない点が異なる。
  また、同文献のA.copulataとも類似するが、殻幅がこの
  標本の方が幅が広い。
  このサイトのアンフォラ属03と類似するが,この標本はよ
  り大きく,縦溝の中心側の終焉が最後に背側に曲がる点
  が異なる。

 ・採取地;大阪府南部淡輪海水浴場(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Amphora sp.
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
掲示板へ移動します
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
  アンフォラ属は主に海域に生息する珪藻で、泥や岩石や植物の表面に単独で付着し、運動
 性を持ち、時々固着しています。淡水域を代表する種も比較的少数ですが、存在します。
 アンフォラ属はの殻は背腹性を持ち、殻の形は楕円形または披針形で、殻全体の形はみかん
 の一房の様な厚みを持ちます。1組2枚の殻は腹側殻縁が隣接する形で、両殻共に縦溝は腹
 側殻縁寄りに位置ます。


 アンフォラ属 01
 (Amphora .copulata (Kutzing) Schoeman&Archibald)

 特徴;背側・腹側ともに同方向に湾曲する三日月形
  である。
  殻全体の形は楕円形で、端部は切り取ったように
  平坦である。
  条線密度は粗い。
  縦溝は腹側殻縁寄りを走り、湾曲する。
  淡水域と汽水域に見られる。
 ・スケールバーは10μm
Amphora copulata
メールへ移動します