ディプロネイス属 04-01
 (Diploneis sp.)

 殻長;52.4μm
 殻幅;28.2μm
 条線密度;9.5-12.5/10μm
 胞紋密度;17-18.5/10μm
 特徴; 殻面は丸みを帯びた菱形で、殻端は広円形で
  ある。
  殻縁は丸みを帯び、殻面と殻蓋の境界の区別は難
  しい。
  縦溝および中心域に沿って両脇に溝の様な構造が
  走り、殻端に行くに従い幅が徐々に狭まる。
  条線は円形の胞紋からなる2列の胞紋列を伴い、放
  散状に配列し、縦溝両脇の溝の様な構造内にまで
  伸び、これらの溝様構造内で胞紋は比較的大きく、
  条線が伴う胞紋列は1列となる。
  縦溝は殻中央を直ぐに走り、殻中心側端部は中心
  域に食い込み、孔を作って終わる。
  縦溝は殻末端には達しないように見える。
  中心域は縦長で広く、楕円形である。

 ・採取地;茨城県中部涸沼(汽水)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Diploneis sp.
Diploneis sp.
 ディプロネイス属 06
 (Diploneis sp.)

 特徴;殻面は殻中心で両殻縁が大きく凹入する。
  殻端は楔形である。
  条線は2列の胞紋列からなり、殻中心から殻端に行
  くに従い、収れん状、平行、放散状へと移行する。
  縦溝両脇には縦溝に沿って走る幅の狭い溝のよう
  な構造が存在する。
  中心域は縦長の四角形で小さい。

  海岸域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
 ディプロネイス属 05-01
 (Diploneis sp.)

 殻長;16.1μm
 殻幅;9.3μm
 条線密度;17-18/10μm
 特徴; 殻面は楕円形で、殻端は広円形である。
  縦溝両脇には笹の葉状の溝の様な構造が縦溝に
  沿って走る。
  殻縁よりやや内側に殻縁に平行に走る線状の無紋
  域が存在する。
  条線は放散状に配列し、殻縁よりやや内側を走る
  無紋域により中断するように見える。
  条線は縦溝両脇の溝のような構造内まで伸びる。
  条線密度は比較的細かい。
  縦溝の殻中心側端部は孔を作って終わり、縦溝端
  部間の殻は肥厚化する。
  中心域はほとんどない。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Diploneis sp.
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 バシラリア亜綱
  リレラ目
   リレラ科
    ・リレラ属
  マストグロイア目
   マストグロイア科
   ・マストグロイア属
  キンベラ目
   ロイコスフェニア科
   ・ロイコスフェニア属
   ・カンピロピキシス属
   ・ゴンフォセプタツム属
   ロイコスフェニア科不明分類群
   キンベラ科
   ・プラコネイス属
   ・キンベラ属
   ・キンボプレウラ属
   ・エンキオネマ属
   ゴンフォネマ科
   ・ゴンフォネマ属
   ・ゴンフォネイス属
   ・レイメリア属
  キンベラ目不明分類群
  アクナンテス目
   アクナンテス科
   ・アクナンテス属
   アクナンシディウム科
   ・アクナンシディウム属
   ココネイス科
   ・ココネイス属
  アクナンテス目不明分類群
  ナビクラ目
   ベルケレヤ科
   ・パルリべルス属
   カビヌラ科
   ・カビヌラ属
   ディアデスミス科
   ・ルチコラ属
   アンフィプレウラ科
   ・アンフィプレウラ属
   ・フルスツリア属
   ネイディウム科
   ・ネイディウム属
   セラフォラ科
   ・セラフォラ属
   ピヌラリア科
   ・ピヌラリア属
   ・カロネイス属
   ・ディアトメラ属
   ディプロネイス科
   ・ディプロネイス属
    01
    02
    03
    04
    05
    06
    07
    08(D.splendida)
    09
   ナビクラ科
   ・ナビクラ属
   ・トラキネイス属
   ・セミナビス属
   ・ハスレア属
   ・ゲイスレリア属
   ・ヒポドンタ属
   プレウロシグマ科
   ・プレウロシグマ属
   ・ジャイロシグマ属
   プレウロシグマ科不明分類群
   プラジオトロピス科
   ・プラジオトロピス属
   スタウロネイス科
   ・スタウロネイス属
   ・クラティクラ属
  ナビクラ目不明分類群
  タラシオフィサ目
   カテヌラ科
   ・アンフォラ属
  バシラリア目
   バシラリア科
   ・バシラリア属
   ・ハンチア属
   ・プサモディクチオン属
   ・トリブリオネラ属
   ・ニッチア属
   ・シュードニッチア属
   バシラリア科不明分類群
  ロパロディア目
   ロパロディア科
   ・エピセミア属
   ・ロパロディア属
  スリレラ目
   スリレラ科
   ・エントモネイス属
   ・ペトロディクチオン属
   ・プラジオディスクス属
   ・スリレラ属
   ・カンピロディスクス属
   ・キマトプレウラ属
 バシラリア亜綱不明分類群

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 珪藻綱不明分類群
 ディプロネイス属 09-01
 (Diploneis sp.)

 殻長;32.9μm
 殻幅;殻中心12.2μm、最大12.4μm
 条線密度;9.5-10/10μm
 特徴;殻面は楕円形で、中央が若干圧縮される。
  殻端はくさび形である。
  縦溝両脇には縦溝に沿って走るやや幅広い溝の様
  な構造が存在し、殻端に行くに従い幅が狭くなる。
  条線は放散状に配列する。
  縦溝両脇の溝様構造内にも条線は伸びる。
  縦溝は殻中央をまっすぐに走り、殻中心側端部は孔
  を作って終わる。
  中心域は小さく四角形で、その幅は縦溝の幅とほ
  とんど変わらない。

 ・採取地;兵庫県南部須磨海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Diploneis sp.
Diploneis splendica
 ディプロネイス属 08
 (Diploneis splendica (Gregrey) Cleve)

 特徴;殻面は殻中心で両殻縁が大きく凹入する。
  条線は殻中心から殻端に行くに従い、平行から放
  散状配列へと移行する。
  中心域は縦長の四角形で非常に小さい。

  海岸域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
Diploneis sp.
Diploneis sp.
 ディプロネイス属 03
 (Diploneis sp.)

 特徴;殻面は楕円形で、殻縁は丸みを帯びる。
  条線は1列の胞紋列からなり、殻を通して放散状に
  配列する。
  軸域と中心域の両脇には幅の狭い線状の溝のよう
  な構造が存在する。
  中心域は円形で、非常に大きい。

  淡水域の河川に見られた。
 ・スケールバーは10μm
Diploneis sp.
 ディプロネイス属 07-01
 (Diploneis sp.)

 殻長;38.5μm
 殻幅;15.6μm
 条線密度;10.5-11.5/10μm
 特徴;殻形は楕円形で、殻中央が著しく圧縮される瓢
  箪型である。
  圧縮部は殻幅の最大の4割程度で、縦溝両脇の溝
  の様な構造にまで殻縁が食い込む。
  縦溝両脇にはやや幅広い溝様構造が認められる。
  条線は殻中心付近では収れん状殻端に行くに従い
  平行から放散状に変化する。
  条線は縦溝両脇の溝様構造内まで伸びる。
  縦溝は殻中央をまっすぐに走り、殻中心側端部は
  孔を作って終わる。
  中心域は縦長の四角形で、その幅は縦溝の幅とほ
  ぼ同じである。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
掲示板へ移動します

 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・山路 勇, 1984. 日本海洋プランクトン図鑑(増補改訂版), 保育社.


                                               製作者:NaCl & Au
  ディプロネイス属はいくつかの淡水に生息する種を除いて、主に海域に生息する珪藻で、
 泥表面に単体で付着します。
 ディプロネイス属の殻面は線形から楕円形、または殻中心付近の両殻縁が凹入する瓢箪
 形で、広円形の殻端を持ちます。殻蓋は貧弱で、殻面と区別することが困難です。
 縦溝の両脇の殻内には縦溝に沿って走る管(canal)が存在し、これは光学顕微鏡下では溝
 の様な構造に見えます。
 胞紋は殻面外側では大きな円形の開口部、殻を横切る方向に伸びる穴、または孔の集合体
 か、多孔の複合体など、様相は様々です。
  ディプロネイス属の画像は化石珪藻のページにも掲載されています。

 ディプロネイス属 01
 (Diploneis sp.)

 特徴;殻面は楕円形で、殻縁は丸みを帯びる。
  条線は2列の胞紋列からなり、殻を通して放散状に
  配列する。
  縦溝両脇には幅広い溝のような構造が存在する。
  中心域は四角形で、その幅は軸域と同じくらいである。
  海岸域に見られる。
 ・スケールバーは10μm
 ディプロネイス属 02-01
 (Diploneis sp.)

 殻長;65.8μm
 殻幅;40.4μm
 条線密度;6.5-7.5/10μm
 胞紋密度;12-14/10μm
 特徴;殻面は楕円形で、殻縁は丸みを帯びる。
  縦溝両脇には縦溝に沿って走る溝のような構造が存
  在し、これらは比較的幅が広く、殻端に行くに従いは
  幅が狭まる笹の葉状である。
  条線は縦溝両脇の溝様構造内を除いては四角形
  の胞紋からなる2列の胞紋列である。
  条線は縦溝両脇の溝様構造の中まで連続するよう
  に見えるが、溝様構内の条線は肋様の骨格に囲ま
  れ、円形の胞紋からなる2列の胞紋列を伴う。
  条線は殻を通して放散状に配列する。
  条線密度は殻端に行くに従い細かくなる。
  縦溝は殻中央をまっすぐに走り、殻中心側端部は小
  さな孔を作って終わる。
  中心域は縦長の四角形で、その幅は軸域の幅より
  若干広めである。
  ディプロネイス属01と類似するが、縦溝両脇の溝の
  ような構造がやや広い点、中心域が縦長である点、
  条線の様相が溝様構造内外で変化する点が異なる。
  ただし、これらの違いは焦点深度の違いや種内変異
  内の可能性がある。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Diploneis sp.
Diploneis sp.
Diploneis sp.
メールへ移動します