Navicula cryptotenella
 ナビクラ属 04
 (Navicula cryptotenella Lange-Bertalot)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形である。
  条線は放散状で、殻端付近で平行、収れん状に移
  行する。
  中心域は狭い。

  淡水域の河川で見られた。
 ・スケールバーは10μm
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
Navicula sp.
 ナビクラ属 24
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は細長い披針形で、殻端は楔形で末端は尖る。
  条線は放散状に配列し、殻端では平行配列となる。
  中心域は狭く、歪な円形である。
  海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
Navicula integra
 ナビクラ属 07-01(個別のページはありません)
 (Navicula integra (W. Smith) Ralf)


 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形、殻端は頭状形
  で、殻縁はわずかに波打つ。
  殻端の頭状形基部には段差があるように見えるが、
  これはおそらく殻の内部構造で擬隔壁または隔壁
  の先端と考えられる。
  条線は殻を通して緩い放散状に配列する。
  殻中心付近の条線間隔は比較的広い。
  軸域は畝状に隆起し、殻中央をまっすぐに走る。
  縦溝は殻中心側端部は縦長の孔を作って終わり、
  殻端側は殻末端を経て殻蓋へと続く。
  中心域はやや狭く、縦長の楕円形である。
  渡辺(2005)のNavicula integraと特徴が一致する。
  また、これらの特徴を持つ分類群をスタウロネイス
  科Prestauroneis属とする研究もあるようである。
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm

 【上の写真の標本】
 殻長;27.8μm
 殻幅;8.7μm
 条線密度;17.5-20.5/10μm
 ・採取地;北海道東部釧路川
 【中・下の写真の標本】
 殻長;37.0μm
 殻幅;10.1μm
 条線密度;18-20/10μm
 ・採取地;茨城県中部涸沼(汽水)
Navicula integra
Navicula capitatoradiata
 ナビクラ属 02
 (Navicula capitatoradiata Germain)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は嘴形伸長形
  に突出する。
  条線は殻中心から殻端に行くに従い、放散状、平行、収
  れん状へと移行する。
  中心域は縦長で狭く、殻縁側は長短交互に配列する条
  線に囲まれる。
  淡水域の河川に見られた。
 ・スケールバーは10μm
ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 バシラリア亜綱
  リレラ目
   リレラ科
    ・リレラ属
  マストグロイア目
   マストグロイア科
   ・マストグロイア属
  キンベラ目
   ロイコスフェニア科
   ・ロイコスフェニア属
   ・カンピロピキシス属
   ・ゴンフォセプタツム属
   ロイコスフェニア科不明分類群
   キンベラ科
   ・プラコネイス属
   ・キンベラ属
   ・キンボプレウラ属
   ・エンキオネマ属
   ゴンフォネマ科
   ・ゴンフォネマ属
   ・ゴンフォネイス属
   ・レイメリア属
  キンベラ目不明分類群
  アクナンテス目
   アクナンテス科
   ・アクナンテス属
   アクナンシディウム科
   ・アクナンシディウム属
   ココネイス科
   ・ココネイス属
  アクナンテス目不明分類群
  ナビクラ目
   ベルケレヤ科
   ・パルリべルス属
   カビヌラ科
   ・カビヌラ属
   ディアデスミス科
   ・ルチコラ属
   アンフィプレウラ科
   ・アンフィプレウラ属
   ・フルスツリア属
   ネイディウム科
   ・ネイディウム属
   セラフォラ科
   ・セラフォラ属
   ピヌラリア科
   ・ピヌラリア属
   ・カロネイス属
   ・ディアトメラ属
   ディプロネイス科
   ・ディプロネイス属
   ナビクラ科
   ・ナビクラ属
    01(N.amphiceropsis)
    02(N.capitatoradiata)
    03(N.cryptocephala)
    04(N.cryptotenella)
    05(N.gregaria)
    06(N.hasta)
    07(N.integra)
    08(N.lanceolata)
    09(N.nipponica)
    10(N.pseudolanceolata)
    11(N.radiosa)
    12(N.reinhudtii)
    13(N.rhynchocephala)
    14(N.rostellata)
    15
    16(N.viridula)
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
   ・トラキネイス属
   ・セミナビス属
   ・ハスレア属
   ・ゲイスレリア属
   ・ヒポドンタ属
   プレウロシグマ科
   ・プレウロシグマ属
   ・ジャイロシグマ属
   プレウロシグマ科不明分類群
   プラジオトロピス科
   ・プラジオトロピス属
   スタウロネイス科
   ・スタウロネイス属
   ・クラティクラ属
  ナビクラ目不明分類群
  タラシオフィサ目
   カテヌラ科
   ・アンフォラ属
  バシラリア目
   バシラリア科
   ・バシラリア属
   ・ハンチア属
   ・プサモディクチオン属
   ・トリブリオネラ属
   ・ニッチア属
   ・シュードニッチア属
   バシラリア科不明分類群
  ロパロディア目
   ロパロディア科
   ・エピセミア属
   ・ロパロディア属
  スリレラ目
   スリレラ科
   ・エントモネイス属
   ・ペトロディクチオン属
   ・プラジオディスクス属
   ・スリレラ属
   ・カンピロディスクス属
   ・キマトプレウラ属
 バシラリア亜綱不明分類群

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 珪藻綱不明分類群
Navicula cf. yuraensis
 ナビクラ属 17
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は楔形である。
  条線は緩い放散状配列で、殻端では平行または緩い
  収れん状に配列する。
  中心域は非常に狭い。

  淡水域、汽水域、海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
 ナビクラ属 08
 (Navicula lanceolata (Agardh) Ehrenberg)

 特徴;殻面は細長い披針形で、殻端はやや嘴形である。
  条線は放散状で、殻端付近で平行、収れん状に移行する。
  中心域は円形でやや広い。

  淡水域と海岸域で認められたが、海岸域の標本は淡水域か
  らの流入の可能性がある。
 ・スケールバーは10μm
Navicula lanceolata
Navicula sp.
 ナビクラ属 23
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は非常に長く、細い披針形で、殻端は楔形で
  末端は尖る。
  条線はおおむね平行に配列し、軸域を軸に左右で互い
  違いに並ぶことが多い。
  中心域は狭く、楕円形または四角形である。
  海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
Navicula sp.
Navicula sp.
 ナビクラ属 19
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は楕円形で、殻端はやや嘴形である。
  条線は平行に配列し、殻端では緩い放散状に配列する。
  中心域は無い。

  海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
Navicula rostellata
 ナビクラ属 14
 (Navicula rostellata Kutzing)

 特徴;殻面は細長い楕円形で、殻端は嘴形である。
  縦溝は殻中心側端部は同方向に若干曲がって終わる。
  中心は円形で狭い。

  淡水域の河川で見られた。
 ・スケールバーは10μm
 ナビクラ属 10-01(個別のページはありません)
 (Navicula pseudolanceolata Lange-Bertalot)

 殻長;34.5μm
 殻幅;7.4μm
 条線密度;10-11.5/10μm
 胞紋密度;24.5-25/10μm
 特徴; 殻面は披針形である。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、殻を通して強く
  放散状に配列する。
  軸域は狭く、畝状に隆起し、殻中央をまっすぐに走る。
  縦溝は殻中心側端部は孔を作って終わる。
  中心域は非常に小さい。
  渡辺(2005)のNavicula pseudolanceolataと特徴が一致する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Navicula pseudolanceolata
Navicula sp.
 ナビクラ属 25
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は楔形で
  末端は丸みを帯びる。
  殻帯面は丸みを帯びた四角形である。
  条線は殻中心付近は放散状に配列し、殻端に行くに
  従い平行配列となる。
  中心域は狭く、円形である。
  海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
 ナビクラ属 21
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は楔形または
  嘴形である。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、その密度
  はやや粗い。
  中心域は横長でやや狭い。

  汽水域と海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
Navicula viridula
 ナビクラ属 16
 (Navicula viridula (Kutzing) Ehrenberg var. viridula)

 特徴;殻面は非常に長い楕円形で、殻端は太い嘴形
  に突出する。
  条線密度は粗い。
  中心域は円形である。

  淡水域の河川で見られた。
 ・スケールバーは10μm
 ナビクラ属 13-01(個別のページはありません)
 (Navicula rhynchocephala Kutzing var. rhynchocephala)

 殻長;43.3μm
 殻幅;10.0μm
 条線密度;10.5-12/10μm
 胞紋密度;22.5-16/10μm
 特徴; 殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は嘴形に
  突出し、先端で幅が若干広がり、殻末端は丸みを
  帯びる。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、放散状
  に配列し、殻端付近では収れん状となる。
  軸域は狭く、畝状に隆起し、殻中央をまっすぐに走る。
  縦溝は殻中心側端部は孔を作って終わり、殻端側
  は同方向にフック状に曲がり、殻蓋へと続く。
  中心域は横長の歪な円形である。
  渡辺(2005)のNavicula rhynchocephala基本種と特
  徴が一致する。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Navicula ryhnchocephala基本種
Navicula reinhardtii
 ナビクラ属 12-01(個別のページはありません)
 (Navicula reinhardtii (Grunow) Grunow)

 殻長;43.3μm
 殻幅;15.8μm
 条線密度;7-7.5/10μm
 胞紋密度;25-27/10μm
 特徴; 殻面は楕円形、殻端は丸みを帯びる。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、放散状
  に配列し、殻端のみ平行配列となる。
  条線密度は殻を通してほとんど変化しない。
  条線は殻末端には存在しない。
  軸域はやや狭く、殻中央をまっすぐに走る。
  縦溝は殻中心側端部は大きな孔を作って終わり、
  殻端では同じ方向に曲がり、殻端を経て殻蓋へ続く。
  中心域はやや横長である。
  殻末端は縦溝以外は無紋であるように見える。
  渡辺(2005)のNavicula reinhardtiiと特徴がほとん
  ど一致する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 ナビクラ属 06-01(個別のページはありません)
 (Navicula hasta Pantocsek var. hasta)

 殻長;96.3μm
 殻幅;18.2μm
 条線密度;8-9.5/10μm
 胞紋密度;23.5-25.5/10μm
 特徴;大型で、殻面は披針形、殻端は嘴形である。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、殻を通
  して強く放散状に配列する。
  条線密度は殻端に行くに従い、徐々に細かくなる。
  軸域はやや狭く、殻中央をまっすぐに走る。
  縦溝は殻中心側端部は孔を作って終わる。
  中心域は狭く縦長の円形である。
  渡辺(2005)のNavicula hasta基本種と特徴が一致
  する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Navicula hasta
Navicula amphiceropsis
 ナビクラ属 01
 (Navicula amphiceropsis Lange-Bertalot & Rumrich)

 特徴;殻面は細長い楕円形で、殻端は嘴形に突出する。
  条線は放散状に配列し、殻端のみ収れん状配列となる。
  中心域は円形で、やや広い。
  淡水域の河川に見られた。
 ・スケールバーは10μm
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。

Navicula sp.
 ナビクラ属 22
 (Navicula sp.)

 特徴;殻面は細長い披針形で、殻端は楔形である。
  1本の条線の幅は狭く、隣り合う条線間の間隔は広い。
  中心域は無い。
  海岸域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
掲示板へ移動します
 ナビクラ属 20-01(個別のページはありません)
 (Navicula sp.)

 殻長;57.8μm
 殻幅;15.8μm
 条線密度;7-7.5/10μm
 胞紋密度;20-20.5/10μm
 特徴;殻面は細長い楕円形で、殻端は楔形である。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、放散状
  に配列し、殻端付近で平行、収れん状へと移行する。
  軸域は狭く、殻中央を真直ぐに走る。
  縦溝は殻中心端部は孔を作って終わり、殻端では
  同じ方向にフック状に曲がる。
  中心域は左右非対称でやや大きい。
  渡辺(2005)のNavicula viridula var. linearisに殻長
  や形、条線密度が一致するが、この標本はより殻幅
  が広く、胞紋密度が粗い点が異なる。
  または同文献のN. viridulacalcisに殻長と条線密度
  が一致するが、両殻縁が平行で無い点や殻幅と胞
  紋密度が異なる。

 ・採取地;茨城県南部霞ケ浦(海跡湖)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Navicula sp.
 ナビクラ属 18-01(個別のページはありません)
 (Navicula sp.)

 殻長;39.6μm
 殻幅;10.2μm
 条線密度;13-14.5/10μm
 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は突出し
  た嘴形である。
  条線は放散状に配列し、殻端のみ平行に配列する。
  条線密度は殻端に近づくにつれ、細かくなる。
  軸域は狭く、畝状に隆起し、殻中央を真直ぐに走る。
  縦溝は殻中心側端部は孔を作って終わる。
  中心域は狭く、左右非対称である。
  田中(2002)のNavicula gottlandicaと類似するが、
  この標本の中心域は左右非対称である点が異なる。

 ・採取地;和歌山県北部紀ノ川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Navicula cf. gottlandica
Navicula radiosa
 ナビクラ属 11
 (Navicula radiosa Kutzing var.radiosa)

 特徴;殻面は披針形である。
  条線は殻中心から殻端に行くに従い、放散状、平行、
  収れん状へと移行する。
  中心域は左右非対称の菱形である。

  淡水域で見られた。
 ・スケールバーは10μm
 ナビクラ属 09-01(個別のページはありません)
 (Navicula nipponica (Skvortzow) Lange-Bertalot)

 殻長;39.8μm
 殻幅;8.5μm
 条線密度;10-11/10μm
 特徴; 殻面は披針形で、殻端は楔形である。
  条線は縦長の胞紋からなる胞紋列を伴い、放散状に
  配列し、殻端付近のみ平行または収れん状となる。
  軸域は狭く、畝状に隆起し、殻中央をまっすぐに走る。
  縦溝は殻中央で小さな孔を作って終わり、殻端では
  同じ方向にフック状に曲がる。
  中心域は横長の円形である。
  これらの特徴は、渡辺(2005)Navicula .nipponica
  ほぼ一致する。

 ・採取地;茨城県南部霞ケ浦(海跡湖)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Navicula nipponica
Navicula gregaria
 ナビクラ属 05
 (Navicula gregaria Donkin)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は嘴形である。
  条線はあまり明瞭ではなく、おおむね緩い放散状に配
  列する。

  淡水域の河川で見られた。
 ・スケールバーは10μm
Navicula cryptocephala
 ナビクラ属 03
 (Navicula cryptocephala Kutzing)

 特徴;殻面は丸みを帯びた細長い披針形で、殻端は
  嘴形に突出する。
  条線は放散状で、殻端のみ収れん状に配列する。
  中心域は横長の楕円形である。

  淡水域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
  ナビクラ属は淡水域、または海域で非常によく見られる珪藻で、泥表面に付着します。
 ナビクラ属の殻面は線形から披針形で、殻端は鈍円、嘴形、頭状形と様々です。
 条線は多くの場合、1列の胞紋列を伴います。
 軸域は畝状に隆起して肥厚化し、殻中央をまっすぐに走ます。
 軸域内を走る縦溝は殻端ではフック状に強く曲がります。
  ナビクラ属の画像は化石珪藻のページにも掲載されています。

参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・田中正明, 2002 日本淡水産動植物プランクトン図鑑, 名古屋大学出版会.
 ・渡辺仁治, 2005. 淡水珪藻生態図鑑, 内田老鶴圃.


                                               製作者:NaCl & Au
Navicula slesvicensis
 ナビクラ属 15
 (Navicula slesvicensis Grunow)

 特徴;殻面は楕円形で、殻端は太い楔形か太い嘴形で、
  末端は丸みを帯びる。
  条線は放散状で、殻端付近で平行、収れん状に移行する。
  中心域は狭く、左右非対称で歪である場合と、円形であ
  る場合がある。

  淡水域の河川で見られた。
 ・スケールバーは10μm
メールへ移動します