製作者:NaCl & Au
珪藻名の前のマークの説明
  
海産珪藻
  
淡水産珪藻
  
汽水産珪藻
珪藻写真はクリックすると拡大します
Navicula viridula (Kutzing) Ehrenberg var. viridula

 Syn : Frustulia viridula Kutzing 1833, Pinnularia silesiaca Bleisch ex Fresenius 1862
 殻形は、舟形、先端の形はくちばし伸長形。
 殻長:67.3-72.2μm
 巾:12.4-13.5μm
 条線:8-9/10μm 、中央部は放射状、殻端部へ移るに従って、平行から収れん状へ変化する。
 胞紋:24-28/10μm
 縦溝は中心域で小さい中心孔を形成して向き合い、同じ方向へ曲がる。
 中心域は横に長い大きい円形。

 大型種の一種

 採取地:紀ノ川(和歌山県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula integra (W. Smith) Ralfs

 Syn : Pinnularia integra W. Smith 1856
 殻形は、舟形で、先端の形は頭状形。
 殻長:27.5μm
 巾:8.4μm
 条線:19-20/10μm 、中心部は放射状、殻端部に向かって平行、収れん状になる。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula ventralis Krasske

 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:20μm
 巾:6.7μm
 条線:23/10μm
 中心域の左右両側には4-6本づつ短い条線がある。


 採取地:府民の森(大阪府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
淡水珪藻写真
珪藻の部屋
ページ作成および更新情報
 作成日:2007.05.06
 最終更新:2013.08.31 NEW
 更新3:2008.08.10
 更新2:2008.05.11
 
更新1:2007.08.20

Navicula amphiceropsis Lange-Bertarot

 殻形は、狭い舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:30-39μm
 巾:7.8-9μm
 条線:11-12/10μm ゆるい放散状、殻端では収れん状。
 胞紋:26-28/10μm。
 中心域は比較的広い四角または円形。軸域は狭い。
 縦溝は中心域で向かい合い、同方向に曲がる。

 
 採取地:温井川(群馬県)


 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula capitatoradiata Germain

 Syn : Navicula cryptocephala var. intermedia Grunow in Van Heurck 1880, N. salinarum var. intermedia
      (Grunow) Cleve 1895
 殻形は、舟形、先端の形は頭状形。
 殻長:32.7-45μm
 巾:7.4-10.2μm
 条線:11-16/10μm 、放射状、殻端部は収れん状。
 中心域は小さい。軸域は狭い。縦溝は中心域で中心孔を形成してまっすぐに向かい合う。


 採取地:紀ノ川(和歌山県)、温井川(群馬県)、涸沼(茨城県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。

 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Navicula cryptotenella Lange-Bertalot

 Syn : Navicula tenella Brebisson ex Kutzing 1849, N. radiosa var. tenella(Brebisson ex Kutzing) Van Heurck 1885
 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:19-40μm
 巾:5.4-7μm
 条線:13-16μm 、放射状、殻端部では平行または収れん状。
 縦溝は中心域で中心孔を形成して真っ直ぐに向かい合う。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
下記の種につきましては,2013年08月の更新にて属名変更の上,
各部屋に移動しました.


・Navicula elginensis
(Gregory) Ralfs var. elginensis →Placoneis elginensis (Gregory) Cox
Navicula clementoides Hustedt → Placoneis clementoides (Hustedt) Cox
                     
            キンベラ科の部屋

Navicula pseudoscutiformis
Hustedt → 
Cavinula pseudoscultiformis (Hustedt) D. G. Mann &Stickle
                     
           カビヌラ科の部屋

Navicula protractoides Hustedt →
Parlibellus protractoides (Hustedt)
                     
          バケレヤ科の部屋

Navicula decussis OstrupGeissleria decussis (Osrup) Lange-Bertalot
Navicula capitata EhrenbergHippodonta capitata (Ehrenberg) Lange-Bertalot
                     
          ナビクラ科2の部屋
Navicula gregaria Donkin

 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:16.8-28μm
 巾:5-7μm
 条線:17-18μmに15-18(17) 、弱い放射状、殻端部では弱い収れん状。


 採取地:釧路川(北海道東部)、木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula hasta Pantocsek var. hasta

 Syn : (?)Navicula undulata Skvortzow 1936
 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:95μm
 巾:19μm
 条線:8/10μm 、殻端まで強い放射状。
 中心域は小さい。軸域は狭い。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
Navicula lanceolata (Agardh) Ehrenberg

 Syn : Frustulia lanceolata Agardh 1827, Navicula (viridula var.?) avenacea (Brebisson) Grunow in Schneider 1878,
    Schizonema thwaitesii Grunow in Van Heurck 1880
 殻形は、舟形、先端の形はくさび形、くちばし形。
 殻長:53-64μm
 巾:9.6-10μm
 条線:10-12/10μm 、放射状、先端部では収れん状。
 中心域は比較的大きく円形。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula pseudolanceolata Lange-Bertalot

 Syn : Navicula lanceolata sensu Hustedt 1930
 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:34μm
 巾:8μm
 条線:11/10μm 、放射状、殻端部は収れん状。
 胞紋:25/10μm
 軸域は狭い。中心域は狭い。

 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula reinhardtii (Grunow) Grunow

 Bas : Stauroneis reinhardtii Grunow 1860
 殻形は、舟形、先端の形は広円形、くさび形。
 殻長:44μm
 巾:15μm
 条線:8/10μm 、放射状だが、先端部は平行、稀に収斂状。
 胞紋:24/10μm、縦長。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula slesvicensis Grunow

 Syn : Navicula viridula var. slesvicensis (Grunow) Van Heurck 1885
 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:25μm
 巾:10μm
 条線:9-10/10μm 、弱い放射状、殻端部では弱い収れん状。
 胞紋:24/10μm
 中心域は横長の矩形に近い。軸域は狭い。


 採取地:釧路川(北海道東部)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula rostellata Kutzing

 Syn : Navicula rhynchocephala var. rostellata (Kutzing) Cleve and Grunow 1880,
    Navicula viridula var. rostellata (Kutzing) Cleve 1895
 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:33.1-36μm
 巾:8.6-9μm
 条線:14-16/10μm
 中心域はほぼ円形。軸域は狭い。
 縦溝の先端の中心孔は、向かい合って片方に曲がる。


 採取地:紀ノ川(和歌山県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
ナビクラ科1の部屋へ、ようこそ !
あとがき
  今回のナビクラ科1の部屋は、釧路川・涸沼・府民の森・紀ノ川・温井川・余呉湖・木津川・日本海(若狭湾)の8地域の試料から
 作成しました(2008年8月現在)。
 このページに掲載されている珪藻写真の分類につきましては、誤同定等あるかと思いますが、一切責任を持ちません。
 ご了承ください。
 ナビクラ科1に関しましては、随時、更新していきたいと思います。 今後ともよろしくお願いします。          2008.08.10 管理人
Navicula cryptocephala Kutzing

 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形、くちばし伸長形、頭状形。
 殻長:25.6-35.2μm
 巾:6-6.9μm
 条線:14-15/10μm、強い放散状、殻端は弱い収れん状。


 採取地:温井川(群馬県)、余呉湖(滋賀県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、採取試料中の個体の集計です。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula viridulacalcis Lange-Bertalot

 殻形は、舟形、先端の形はくちばし形。
 殻長:34μm
 巾:9.7μm
 条線:10/10μm 、放射状、殻端部は収れん状。
 胞紋:24-28/10μm
 縦溝は中心域で小さい中心孔を形成して向き合う。
 中心域は円形。


 採取地:紀ノ川(和歌山県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度・胞紋密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula subrostellata Watanabe

 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:22.4μm
 巾:7.6μm
 条線:12/10μm 、放射状、殻端部は弱い収れん状。
 軸域は狭い。。
 中心域は円形近い。


 採取地:木津川(京都府)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
Navicula yuraensis Negoro and Gotoh

 殻形は、舟形、先端の形はくさび形。
 殻長:27.3μm
 巾:7.7μm
 条線:13/10μm 、ゆるい放射状、殻端部は平行に近い収れん状。
 軸域はきわめて狭い。
 中心域は比較的狭い。


 採取地:紀ノ川(和歌山県)

 *上記の記載事項は光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の黒数字は淡水珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・巾・条線密度は、左写真の個体のものです。
 *参考文献:淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃
ナビクラ目 (NAVICULALES)
 
ナビクラ科(Naviculaceae)
Navicula sp.1

 殻形は、舟形標準形。先端の形はくさび形、くちばし形。
 殻長:21.5μm、幅:8.5μm
 条線:16/10μm 、殻の中心部では平行に配列、殻端では放散状に配列する。
 中軸域は狭く、中心域はない。


 採取地:日本海(福井県高浜)


 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE
Navicula sp.2

 殻形は、舟形標準形。先端の形はくさび形、くちばし形。
 殻長:22.1μm、幅:9.3μm
 条線:15/10μm 、殻の中心部では強い放散状に配列、殻端では弱い放散状、もしくは平行にに配列する。
 中軸域は狭く、中心域はない。


 採取地:日本海(福井県高浜)

 *上記の記載事項は、光学顕微鏡下でのものです。
 *写真内の白抜きの数字は、海産珪藻全写真の通し番号、スケール(黒色実線)は10μmです。
 *殻長・幅・条線密度は、左の写真の個体のものです。
 *参考文献:THE DIATOMS, 1990, Round, Crawford, and Mann, CAMBRIDGE

DIATOMS
Copyright 2008 Neko no Shippo
 こちらは、珪藻分類群別写真集のナビクラ科1の部屋です。
 ナビクラ科1の部屋は、
 不等毛植物門 珪藻綱
  バシラリア亜綱 ナビクラ目 ナビクラ科 ナビクラ属
 に属する珪藻分類群の写真を掲載しています。
 ナビクラ属以外のナビクラ科の分類群につきましてはナビクラ科2に掲載しています。
 種名につきましては、誤り等あり、また属名が変更されたものも
 含まれているかもしれませんが、ご了承ください。
ページ作成日:2007.05.06
最終更新日:2013.08.31
参考文献一覧

・淡水珪藻生態図鑑(2005) 渡辺仁治;内田老鶴圃.
・The diatoms. Biology and Morphology of the genera.
 Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University
 Press, Cambrigdge
・ The diatom genus Sellaphora:Separation from Navicula.
  Mann, D.G. 1989. British Phycological Journal 24: 1-20
珪藻の部屋
 “ねこのしっぽ” トップページへ 
ナビクラ属
珪藻綱(Bacillariophyceae)
 
 バシラリア亜綱 (BACILLARIAOPHYCIDAE)
  
 ナビクラ目 (NAVICULALES)
    ・バケレヤ科 (Berkeleyaceae) → バケレヤ科へ
       ・
パルリベラス属(Parlibellus) 
    ・カビヌラ科 (Cavinulaceae)
       ・カビヌラ属(Cavinula) →カビヌラ科へ
  
 
 ・ディアデスミス科 (Diadesmidaceae)
      
 ルチコラ属(Luticola) →ディアデスミス科へ
  
  ・アンフィプレウラ科 (Amphipleuraceae) →アンフィプレウラ科へ
      アンフィプレウラ属Amphipleura
      フルスツリア属Frustulia
   
 ・ネイディウム科 (Neidiaceae)
      
 ・ネイディウム属(Neidium) →ネイディウム科へ
   
 ・セラフォラ科 (Sellaphoraceae)
      
 セラフォラ属(Sellaphoraセラフォラ属へ
   
 ・ピンヌラリア科 (Pinnulariaceae)
      
 ・ピンヌラリア属(Pinnularia) →ピンヌラリア科へ
   
 ・ディプロネイス科 (Diploneidaceae)
      
 ・ディプロネイス属(Diploneis) →ディプロネイス科へ
   
 ナビクラ科
(Naviculaceae)
     
 ナビクラ属Navicula
      トラキネイス属Trachyneis) ナビクラ科2へ
      ガイスレリア属(Geissleria) →ナビクラ科2へ
      ヒッポドンタ属(Hippodonta) →ナビクラ科2へ
   
 ・プレウロシグマ科 (Pleurosigmataceae) →プレウロシグマ科へ
      
 ・プレウロシグマ属(Pleurosigma)
      
 ・ジャイロシグマ属(Gyrosigma)
   
 スタウロネイス科 (Stauroneidaceae) 
      
 スタウロネイス属(Stauroneis) スタウロネイス科へ
      
 クラティクラ属(Craticula): スタウロネイス科へ

緑色の文字の科および属の写真がこのページに掲載されています。
*上記の科、属はこのホームページに掲載されている、もしくは掲載予定のもののみを掲載しています。
*上記の綱・亜綱・目・科・属に関しては、「The diatoms. Biology and Morphology of the genera」.
 (Round, Crawford, and Mann, 1990. . Cambridge University Press, Cambrigdge) を参考にしました。