ねこのしっぽトップページ

化石珪藻トップページ

珪藻綱
 (現生珪藻トップページ)


*以下のページは現生珪
藻のページのリンクです。
化石珪藻の各ページは上
記の「化石珪藻トップペー
ジ」からお入りください。

 バシラリア亜綱
  リレラ目
   リレラ科
    ・リレラ属
  マストグロイア目
   マストグロイア科
   ・マストグロイア属
  キンベラ目
   ロイコスフェニア科
   ・ロイコスフェニア属
   ・カンピロピキシス属
   ・ゴンフォセプタツム属
   ロイコスフェニア科不明分類群
   キンベラ科
   ・プラコネイス属
   ・キンベラ属
   ・キンボプレウラ属
   ・エンキオネマ属
   ゴンフォネマ科
   ・ゴンフォネマ属
   ・ゴンフォネイス属
   ・レイメリア属
  キンベラ目不明分類群
  アクナンテス目
   アクナンテス科
   ・アクナンテス属
   アクナンシディウム科
   ・アクナンシディウム属
   ココネイス科
   ・ココネイス属
  アクナンテス目不明分類群
  ナビクラ目
   ベルケレヤ科
   ・パルリべルス属
   カビヌラ科
   ・カビヌラ属
   ディアデスミス科
   ・ルチコラ属
   アンフィプレウラ科
   ・アンフィプレウラ属
   ・フルスツリア属
   ネイディウム科
   ・ネイディウム属
   セラフォラ科
   ・セラフォラ属
   ピヌラリア科
   ・ピヌラリア属
   ・カロネイス属
   ・ディアトメラ属
   ディプロネイス科
   ・ディプロネイス属
   ナビクラ科
   ・ナビクラ属
   ・トラキネイス属
   ・セミナビス属
   ・ハスレア属
   ・ゲイスレリア属
   ・ヒポドンタ属
   プレウロシグマ科
   ・プレウロシグマ属
   ・ジャイロシグマ属
   プレウロシグマ科不明分類群
   プラジオトロピス科
   ・プラジオトロピス属
   スタウロネイス科
   ・スタウロネイス属
   ・クラティクラ属
  ナビクラ目不明分類群
  タラシオフィサ目
   カテヌラ科
   ・アンフォラ属
  バシラリア目
   バシラリア科
   ・バシラリア属
   ・ハンチア属
   ・プサモディクチオン属
   ・トリブリオネラ属
   ・ニッチア属
    01
    02(N.brevissima)
    03(N.commutata)
    04(N.dissipata)
    05
    06(N.linearis)
    07(N.sigma)
    08(N.sinuata)
    09(N.tabellaria)
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
   ・シュードニッチア属
   バシラリア科不明分類群
  ロパロディア目
   ロパロディア科
   ・エピセミア属
   ・ロパロディア属
  スリレラ目
   スリレラ科
   ・エントモネイス属
   ・ペトロディクチオン属
   ・プラジオディスクス属
   ・スリレラ属
   ・カンピロディスクス属
   ・キマトプレウラ属
 バシラリア亜綱不明分類群

 タラシオシラ亜綱
 コシノディスクス亜綱
 ビドゥルフィア亜綱
 リソデスミウム亜綱
 キマトシラ亜綱
 リゾソレニア亜綱
 キートケロス亜綱
 フラジラリア亜綱
 ユーノティア亜綱
 珪藻綱不明分類群
Nitzschia sp.
 ニッチア属 14-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;25.1μm
 殻幅;4.4μm
 周縁肋密度;9.5-12/10μm
 特徴;殻面は線形、殻端は楔形で、両殻端は互いに
  反対側の殻縁に寄る。
  両殻縁はほぼ平行である。
  周縁肋は片側殻縁に存在し、その幅はやや広い。
  渡辺(2005)のNitzschia parvuloidesと特徴が類似
  するが、中心節とその殻縁の凹みがこの標本では
  観察できなかった。

 ・採取地;群馬県南部温井川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Since 2005/9 Copyright 2017 ねこのしっぽラボ
Nitzschia sp.
 ニッチア属 12
 (Nitzschia sp.)

 特徴;殻面は丸みを帯びた幅の広い披指針形で、殻端は
  先端に行くほど先細る嘴形である。
  殻面は長軸方向に軸を持つ波うちが認められる。
  条線密度は粗い。
  海岸域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia sinuata
 ニッチア属 08
 (Nitzschia sinuata (W. Smith) Grunow)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形、殻端は嘴形で、
  左右非対称である場合がある。
  周縁肋は殻幅の半分程度まで伸びる。

  淡水域に見られる。
 ・スケールバーは10μm
 ニッチア属 13-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;224.1μm
 殻高;4.2μm
 条線密度;16.5-19.5/10μm
 周縁肋密度;5-8.5/10μm
 特徴;大型で、殻帯面は長い四角形で、殻端に近づく
  につれて殻高が浅くなる。
  殻帯面は緩やかなS字形である。
  条線は殻面から殻蓋にまで伸び、殻端付近でその
  密度は細かくなる。
  周縁肋はおおむね均質で、殻端に近づくと徐々にそ
  の密度が細かくなる。
  渡辺(2005)のNitzschia lorenzianaと特徴がおおむ
  ね一致するが、この標本はより殻長が長い点で異
  なる。

 ・採取地;兵庫県南部大蔵海岸(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×500 
 ・スケールバーは白抜き線は50μm
Nitzschia sp.
 ニッチア属 18-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;33.4μm
 殻幅;4.3μm
 条線肋密度;16.5-17/10μm
 周縁肋密度;7-9/10μm
 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は嘴形である。
  殻表面は長軸方向に軸を持つ波うちが認められる。
  縦溝のない方も殻縁は丸みを帯びる。
  条線は平行に配列する。
  周縁肋は比較的長く、片側殻縁から殻幅の1/3程度まで伸び、
  隣り合う周縁肋間には1-3本の条線が存在する。
  1本の周縁肋は二股に分かれる場合がある。

 ・採取地;群馬県南部温井川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia sp.
 ニッチア属 15-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;34.7μm
 殻幅;4.2μm
 周縁肋密度;11.5-14.5/10μm
 特徴;殻面は線形、殻端は楔形で末端は頭状形であ
  る。
  両殻縁はほぼ平行である。
  周縁肋は片側殻縁に存在し、短く、おおむね平行に
  配列するが、やや斜めに傾く場合もある。
  殻中心の片側殻縁には中心節が存在する。
  田中(2002)のNitzschia paleaと特徴が一致するが、
  渡辺(2005)の同種の説明では{中心節がない」とさ
  れる。渡辺(2005)のN. paleaformisと特徴が酷似す
  る。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia sp.
Nitzschia umbonata
 ニッチア属 10-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia umbonata(Ehrenberg) Lange-Bertalot)

 殻長;48.0μm
 殻幅;7.8μm
 条線密度;20.5-25/10μm
 周縁肋密度;7-10/10μm
 特徴;殻面は幅の広い線形で、殻端は楔形、末端は
  頭状形である。
  両殻縁はほぼ平行である。
  条線は不明瞭であるが、平行に配列する。
  条線密度はややばらつきがある。
  周縁肋は片側殻縁にあり、非常に短く、その間隔は
  不均質である。
  渡辺(2005)のNitzschia umbonataと特徴が一致
  する。

 ・採取地;群馬県南部温井川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia tabellaria
 ニッチア属 09
 (Nitzschia tabellaria (Grunow) Grunow)

 特徴;殻面は中心付近で強く膨出し、殻端は頭状形である。
  周縁肋は殻幅の半分を超えて伸びる。

  縦溝は殻端付近では殻縁に沿って走るが、殻中心付近では
  殻縁を離れて殻中央に寄りを走る。
  淡水域と汽水域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
  ニッチア属は淡水域から海域に生息する珪藻で、単体で、鎖状や星形の群体で、または粘
 液質の柄で、細かい粒子からなる基質に付着したり、浮遊したりと様々な形で生息します。
 ニッチア属の殻面はたいていはまっすぐで針状の形をし、ときどきS字形に曲がります。また、
 殻中心付近が膨出することもあります。1組2枚の殻の縦溝はたいていは対角線上の殻縁に
 存在しますが、同じ側の殻縁に位置することもあるようです。縦溝をまたぐように短い肋(fibula)
 が殻横断方向に伸びます。
  ニッチア属は新生代の海成層から化石として横産出します。化石のニッチア属の画像は
 化石珪藻のページに掲載しています。

Nitzschia amphibia
 ニッチア属 01
 (Nitzschia sp.)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形、または幅の広い
  線形で、殻端は嘴形である。
  条線密度と周縁肋密度はやや粗い。
  淡水域に見られる。
  *Nitzschia amphibia もニッチ属01に掲載しています。
 ・スケールバーは10μm
 ニッチア属 02-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia brevissima Grunow)

 殻長;34.5μm
 殻幅;中心 4.6μm
     最大 4.9μm
 周縁肋密度;6.5-8/10μm
 特徴;殻面は幅のやや広い線形で殻中心付近が若干圧縮される。
  殻端はやや嘴形で、両端は互いに反対側の殻縁に端部が片寄る。
  条線・胞紋ともに光学顕微鏡下では観察できなかった。
  周縁肋は片側殻縁に存在し、幅が広くかつ短い。
  周縁肋の間隔にはややばらつきがある。
  渡辺(2005)のNitzschia brevissimaと特徴が一致する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia brevissima
 ニッチア属 03-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia commutata Grunow)

 殻長;59.2μm
 殻幅;中心 8.7μm
     最大 9.7μm
 条線密度;18.5-20/10μm
 周縁肋密度;7.5-10.5/10μm
 特徴;殻面は幅の広い線形で殻中心付近が若干圧
  縮される。
  殻端は急激に先細りする楔形で、末端は小突起状
  に突出する。
  条線は平行に配列し、殻端付近では湾曲する。。
  周縁肋はやや幅が広く、かつやや短く、その間隔は
  不均質である。
  田中(2002)のNitzschia commutataと特徴が一致
  する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia commutata
 ニッチア属 04
 (Nitzschia dissipata s.l.)

 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形、殻端は楔型、
  または嘴形である。
  縦溝は殻縁から少し離れた殻中央寄りを走る。

  淡水域と海岸域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia dissipaata var. media
ページ作成および更新情報
 作成日:2017.09.30
 
最終更新:2017.09.30 NEW
Nitzschia sp.
 ニッチア属 19-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;84.4μm
 殻幅;4.5μm
 条線肋密度;23-24.5/10μm
 周縁肋密度;6.5-8.5/10μm
 特徴;殻面は非常に細長い披針形または針状で、殻端に行くに従
  い徐々に幅が狭くなり、末端は広円形である。
  条線は平行に配列し、その密度は殻端に行くに従いやや細かく
  なる。
  周縁肋は幅が広く、平行に配列し、殻端でその密度は細かくなる。

 ・採取地;山口県北部油谷湾(日本海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
 ニッチア属 17-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;63.2μm
 殻幅;4.6μm
 条線肋密度;14.5-20/10μm
 周縁肋密度;15-18.5/10μm
 特徴;殻面は細長く丸みを帯びた披針形で、殻端は細長く突出
  した嘴形である。
  条線は平行に配列し、その密度は殻中心から殻端にかけて
  徐々に細かくなる。
  隣り合う周縁肋の間にはそれぞれ1本の条線が存在する。

 ・採取地;和歌山県南部和歌浦湾(瀬戸内海)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia sp.
Nitzschia sigma
 ニッチア属 07
 (Nitzschia sigma (Kutzing) W. Smith)

 特徴;やや大型で、殻面は丸みを帯びた披針形、殻端は楔形
  または嘴形である。
  両殻端は多かれ少なかれ互いに反対側に曲がる。
  中心節は無い。

  淡水域と海岸域に見られた。
 ・スケールバーは10μm
掲示板へ移動します

参考文献;
 ・Round, F. E., Crawford, R. M., and Mann, D. G., 1990. The diatoms, CAMBRIDGE.
 ・田中正明, 2002. 日本淡水産動植物プランクトン図鑑, 名古屋大学出版会.
 ・渡辺仁治, 2005. 淡水珪藻生態図鑑, 内田老鶴圃.


                                               製作者:NaCl & Au
 *分類群の同定につきましては、ご同定や分類群変更等に対応できていない場合があります。
  ご了承ください。
 ニッチア属 11-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;69.8μm
 殻幅;5.8μm
 条線密度;24-26/10μm
 周縁肋密度;9.5-12/10μm
 特徴;殻面は線形で、殻端に近づくにつれ徐々に殻幅が狭
  くなり、末端では小突起状となる。
  両殻縁は平行である。
  条線は平行に配列し、その密度は細かい。
  周縁肋は片側殻縁にあり、非常に短く、その間隔は
  不均質である。
  渡辺(2005)のNitzschia intermediaと特徴が一致
  するが、この文献内でN. frickeilと「光学顕微鏡下で形態
  学的に区別することが難しい」とある。

 ・採取地;大阪府府民の森湖沼
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia sp.
 ニッチア属 06-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia linearis (Agardh) W. Smith var. linearis)

 殻長;113.3μm
 殻幅;5.3μm
 周縁肋密度;9.5-13/10μm
 特徴;殻面は非常に細長い線形、殻端は楔形で、両
  殻縁は平行である。
  条線は不明瞭であるが、平行に配列する。
  周縁肋の間隔は不均質である。
  殻中心付近に周縁肋の存在しない箇所が存在し、
  これは中心節であると考えられる。
  渡辺(2005)のNitzschia linearisa基本種と特徴が
  ほとんど一致する。

 ・採取地;北海道東部釧路川
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia linearis
Nitzschia fonticola基本種?
 ニッチア属 05
 (Nitzschia sp.)

 特徴;やや小型で、殻面は丸みを帯びた披針形、殻
  端は楔形または嘴形である。
  隣り合う周縁肋間には2-3本の条線が存在する。

  淡水域と海岸域に見られた。
  *Nitzschia fonticola もニッチ属05に掲載しています。
 ・スケールバーは10μm
メールへ移動します
 ニッチア属 16-01(個別のページはありません)
 (Nitzschia sp.)

 殻長;44.2μm
 殻幅;5.8μm
 条線肋密度;20-23.5/10μm
 胞紋密度;210-23.5/10μm
 周縁肋密度;6-8/10μm
 特徴;殻面は丸みを帯びた披針形で、殻端は嘴形で
  ある。
  条線は胞紋列を伴い、平行に配列する。
  周縁肋は明瞭で幅がやや広く、おおむね等間隔に
  配列する。

 ・採取地;茨城県北部平磯(太平洋)
 ・封入剤;カナダバルサム
 ・撮影倍率;×1000 
 ・スケールバーは10μm
Nitzschia sp.