顕微鏡写真集 
 ----------------
 軟甲綱
 ----------------
 真軟甲亜綱
  フクロエビ上目
   端脚目
 ----------------
 
ヨコエビ亜目
 ドロクダムシ上科
 
 分類群40 (110)
 分類群41 (111)
 分類群42 (112)
 ヒゲナガヨコエビ科 
  分類群70 (140)
 ドロクダムシ科 
  分類群51 (121)
  分類群50 (120)
 イシクヨコエビ科? 
  分類群46 (116)
 カマキリヨコエビ科 
  分類群44 (114)
  分類群43 (113)
 ドロノミ科 
  分類群180 (250)
 エンマヨコエビ上科 
 エンマヨコエビ科
  トゲホホヨコエビ (210)
 テンロウ上科 
 アゴナガヨコエビ科
  分類群01 (010)
  分類群02a (020)
  分類群02b (021)
  分類群02c (022)
  分類群02d (023)
  分類群04 (040)
  分類群06 (050)
  分類群07 (060)
  分類群08a (061)
 マルハサミヨコエビ上科 
 ツバサヨコエビ科
  分類群90 (160)
 テングヨコエビ科 
  分類群30 (100)
 メリタヨコエビ上科 
 メリタヨコエビ科
  スンナリヨコエビ (270)
 ヒサシソコエビ上科 
 マルソコエビ科
  分類群21 (090)
 ハマトビムシ上科 
 分類群10 (070)
 分類群10a (071)
 分類群09 (069)
 
ハマトビムシ科 
  分類群80 (150)
 モクズヨコエビ科 
  モクズヨコエビ (083)
  フサトゲモクズ (280)
  分類群11 (080)
  分類群12 (081)
 ミノガサヨコエビ科 
  分類群240 (310)
 上科検索中 
 チビヨコエビ科
  分類群20 (095)
 不明・未同定 
 淡水生
 
  分類群60 (130)
 海生(遊泳性) 
  分類群03 (030)
  分類群110 (180)
  分類群120 (190)
  分類群05 (045)
  分類群150 (220)
  分類群190 (260)
  分類群310 (380)
 海生(付着性・底性) 
  分類群45 (115)
  分類群100 (170)
  分類群13 (082)
  分類群15 (084)
  分類群48 (118)
  分類群160 (230)
  分類群170 (240)
  分類群220 (290)
  分類群230 (300)
  分類群250 (320)
  分類群260 (330)
  分類群270 (340)
  分類群280 (350)
  分類群290 (360)
  分類群300 (370)
  分類群320 (390)

甲殻類のトップページ(微小甲殻類の顕微鏡写真集)

------------------------------------------------------------------
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-4b
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-4a
 

 
採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.7mm
 第1触覚:1.5、1.4mm
 第2触覚:1.8、1.8mm
 特徴:複眼は大きい。
     分類群02aに似ているが、触角に青色の模様がなく、
     体表面の模様も薄い。
     触角に多数の長い棘がある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-3c
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:底節板に焦点を合わせた画像。
     底節板に紫色の縁取りがある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-3b
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-3a
 

 
採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.6mm
 第1触覚:1.4、1.6mm
 第2触覚:2.0、2.0mm
 特徴:複眼は大きい。
     複眼の尾部側に青色の模様がある。
     腹脚が発達している。
     体表面に茶色の縞模様がある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-2d
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第2触角に焦点を合わせた画像。
     第2触角にも長い棘がある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-2c
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1触角に焦点を合わせた画像。
     第1触角には尾部向きに長い棘がある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-2b
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:底節板に焦点を合わせた画像。
     底節板に紫色の縁取りがある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-2a
 

 
採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.5mm
 第1触覚:1.4mm
 第2触覚:2.1mm
 特徴:複眼は大きい。
     複眼の尾部側に青色の模様がある。
     腹脚が発達している。
     第1、第2触角に長い棘がある。
     体表面の体節に茶色の縞模様がある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-1c
 

 
撮影:実体顕微鏡
 特徴:同じ個体を実体顕微鏡で観察した。
     赤色の複眼と、茶色の縞模様が特徴的。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-1c
 

 
撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:底節板に焦点を合わせた画像。
     抱卵しているため、底節板の構造の観察は困難。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-1b
 

 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
     第1、第2触角に長い棘がある。
 アゴナガヨコエビ(022)_分類群02c-1a
 

 採取:茨城県ひたちなか市平磯(2012年11月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.5mm
 第1触覚:2.2mm
 第2触覚:2.8mm
 特徴:複眼は大きく、形状は平行四辺形に近い。
     複眼の尾部側に青色の模様がある。
     腹脚が発達している。
     第1、第2触角に長い棘がある。
     体表面の体節に茶色の縞模様がある。
     この個体は抱卵している。
4b
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
4a
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
3c
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
3b
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
3a
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
2d
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
2c
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
2b
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
2a
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
1d
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
1mm
1c
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
1b
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
1a
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
2013/11/2更新
トップページに戻ります。
Since 2005/9 Copyright 2013 Neko no Shippo
 ------------------------------------------------------------------------------------------
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)を掲載しています。
 ここで紹介する種は、
  (1)複眼は大きく、形状は平行四辺形に近い
  (2)複眼の尾部側に青色の模様がある
  (2)腹脚が発達している
  (3)第1、第2触角に長い棘がある
  (4)体表面の体節に茶色の縞模様がある、などの特徴を持ちます。

 
触角に青色の模様がなく触角に多数の長い棘があるなどの違いはあるものの、 
 分類群02aのアゴナガヨコエビ科の種と同一か、近縁種と思います。
 抱卵個体も採取できましたので、性的な差異ではないようです。
 (ここで紹介する種も、分類群02aも抱卵個体(雌)が採取できている。)

 ------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著
 
       保育社、1995年、p181-182.

 ------------------------------------------------------------------------------------------