アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-1a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:6.5mm
 第1触覚:2.4、3.2mm
 第2触覚:2.4、2.9mm
 特徴:複眼が大きい、
     第1触覚と、第2触覚の長さは同程度。 
     触覚の尾部側に棘がある。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-7b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:触角と尾肢に焦点を合わせた画像。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-7a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:7.2mm
 第1触覚:2.9、3.1mm
 第2触覚:3.0、2.7mm
 特徴:複眼が大きい、
     第1触覚と、第2触覚の長さは同程度。 
     触覚の尾部側に棘がある。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-6b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:触角の棘に焦点を合わせた画像。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-5c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:胸部側面に焦点を合わせた画像。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-5b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
     第1触覚と、第2触覚の長さは同程度。 
     触覚の尾部側に長い棘がある。
     育房内に緑色の卵を持っている。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-5a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:6.4mm
 第1触覚:2.7、2.6mm
 第2触覚:2.4、2.3mm
 特徴:複眼が大きい、
     第1触覚と、第2触覚の長さは同程度。 
     触覚の尾部側に長い棘がある。
     第1尾肢と第2尾肢の長さは同程度。
8a
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
7b
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
7a
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
6b
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
6a
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
2mm
5c
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
5b
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
5a
2mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-4b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:触角に焦点を合わせた画像。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-4a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(夜間)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:腹部を折り曲げた状態。
     腹部を曲げた状態で、
     尾肢は口器付近に達しない。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-3d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:第5〜第7胸脚、基節の画像。
     第6、第7胸脚?の基節後縁はギザギザしている。
     第7胸脚の第3節よりも先の部分は欠損している?
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-3c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:胸脚の基部に焦点を合わせている。
     後方の胸脚の基節?の後縁はギザギザしている。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:胸脚に焦点を合わせている。
     胸脚の棘は短い。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-3a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(夜間)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:6.0mm
 第1触角:2.8、2.9mm
 第2触角:2.9、2.9mm
 特徴:複眼が大きい、第1触角と、第2触角の長さは同程度。 
     触角の尾部側に長い棘がある。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-2e
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:第3腹側板後縁の拡大像。
     第3腹側板後縁には小さな切れ込み(矢印)がある。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-2d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:第3腹側板に焦点を合わせている。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-2c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:腹部に焦点を合わせている。
     腹部が細く、胸部は太いため、全体的に流線形をしている。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:触角と尾部に焦点を合わせている。 
     第1触角と、第2触角の両方に長い棘がある。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-2a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(夜間)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:5.2mm
 第1触角:2.9、2.9mm
 第2触角:2.4、2.5mm
 特徴:複眼が大きい、第1触角と、第2触角の長さは同程度。 
     触角の尾部側に長い棘がある。
     第1尾肢と第2尾肢の長さは同程度。
     第3尾肢は、第1、第2尾肢よりも長い。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:胸部の体表面に焦点を合わせている。
     体表面に模様はない。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 特徴:胸脚の基部に焦点を合わせている。
     胸脚基部の内側が緑色をしている。
     卵を抱いている可能性がある。
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-1a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年3月)*海岸(夜間)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:5.4mm
 第1触角:2.9、3.1mm
 第2触角:2.1、2.7mm
 特徴:複眼が大きい、第1触角と、第2触角の長さは同程度。 
     触角の尾部側に長い棘がある。
     第1尾肢と第2尾肢の長さは同程度。
     第3尾肢は、第1、第2尾肢よりも長い。
4b
4a
3d
3c
3b
3a
2e
2d
2c
2b
2a
1c
1b
1a
1mm
1mm
500μm
1mm
1mm
1mm
200μm
500μm
1mm
1mm
1mm
1mm
1mm
1mm
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)の画像です。
Since 2005/9 Copyright 2013 Neko no Shippo
2013/11/2更新
トップページに戻ります。
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)

------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)を掲載しています。ここで紹介する種は、
 (1)大きな複眼を持つ、(2)触角の尾部側に長い棘がある、などの特徴を持ちます。 
 また、腹脚が発達していて巧みに遊泳します。肉眼や、実体顕微鏡では透明に見えて、
 消化管が透けて見えることもあります。第1触角と第2触角は同程度の長さです。
 緑色の卵を持っている個体が多く見られました。
--------------------------------------------------------------------------------
甲殻類の画像集 
----------------------
軟甲綱
----------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
  端脚目
----------------------
ヨコエビ亜目
Gammaridea

======================
ドロクダムシ上科
Corophioidea

----------------------
ヒゲナガヨコエビ科
(Amphithoidae)

ヒゲナガヨコエビ
 (Ampithoe sp1)
ヒゲナガヨコエビ
 (Ampithoe sp2)
ヒゲナガヨコエビ?
 (cf. Ampithoe sp.)
イッケヒゲナガヨコエビ
 (Peramphithoe sp1)
イッケヒゲナガヨコエビ
 (Peramphithoe sp2)

分類群70(140)
分類群48(118)
分類群170(240)
分類群280(350)
分類群13(082)
分類群15(084)
分類群294(364)
分類群297(367)

----------------------
ユンボソコエビ科
Aoridae

ブラブラソコエビ
 (Aoroides curvipes
ケナガブラブラソコエビ
 (Aoroides longimerus
ニホンドロソコエビ
 (Grandidierella japonica
ドロソコエビ
 (Grandidierella sp.)

分類群45(115)
分類群230(300)
分類群400(470)

----------------------
ドロクダムシ科
(Corophiidae)


分類群51(121)
分類群50(120)

----------------------
イシクヨコエビ科
(Isaeidae)

分類群46(116)

----------------------
カマキリヨコエビ科
(Ischyroceridae)


カマキリヨコエビ
 (Jassa sp1)
カマキリヨコエビ
 (Jassa sp2)
ホソヨコエビ
 (Ericthonius sp1)
ホソヨコエビ
 (Ericthonius sp2)

----------------------
ドロノミ科
(Podoceridae)


分類群180(250)

----------------------
ドロクダムシ上科
科不明


分類群40(110)
分類群41(111)
分類群42(112)
分類群110(180)
分類群350(420)
分類群351(421)

======================
エンマヨコエビ上科
Dexaminoidea

----------------------
エンマヨコエビ科
(Dexaminidae)

トゲホホヨコエビ
 (Paradexamine barnardi

======================
テンロウ上科
Eusiroidea

----------------------
アゴナガヨコエビ科
(Pontogeneiidae)


分類群01(010)
分類群02a(020)
分類群02b(021)
分類群02c(022)
分類群02d(023)
分類群02e(024)
分類群03(026)
分類群04(040)
分類群06(050)
分類群07(060)
分類群08a(061)
分類群120(190)
分類群03(030)
分類群360(430)
分類群361(431)

======================
マルハサミヨコエビ上科
Leucothoidea

----------------------
ツバサヨコエビ科

分類群90(160)
分類群91(161)
分類群92(162)

----------------------
タテソコエビ科
(Stenothoidae)


分類群150(220)
分類群151(221)
分類群152(222)
分類群153(223)
分類群154(224)
分類群155(225)

----------------------
テングヨコエビ科
(Pleustidae)

テングヨコエビ
 (Pleustes sp1)
テングヨコエビ
 (Pleustes sp2)

======================
メリタヨコエビ上科
Melitoidea

----------------------
メリタヨコエビ科
(Melitidae)


メリタヨコエビ
 (Melita sp1)
メリタヨコエビ
 (Melita sp2)
ヤシャヒメヨコエビ
 (Abludomekita sp)
スンナリヨコエビ
 (Maera serratipalma

分類群201(271)
分類群203(273)
分類群206(276)

======================
マルソコエビ科
(Urothoidae)


分類群21(090)

======================
ハマトビムシ上科
Talitroidea

----------------------
ハマトビムシ科
(Talitridae)


ヒメハマトビムシ
 (Platorchestia platensis
ニホンヒメハマトビムシ
 (Platorchestia pachypus
ニッポンスナハマトビムシ
 (Talorchestia nipponensis
ホソハマトビムシ
 (Paciforchestia sp.)

分類群80(150)

----------------------
モクズヨコエビ科
(Hyalidae)


フサゲモクズ
 (Hyale barbicornis
フサトゲモクズ
 (Protohyale affinis

分類群11(080)
分類群12(081)

----------------------
ミノガサヨコエビ科
(Phliantidae)

分類群240(310)

----------------------
ハマトビムシ上科
科不明


分類群10(070)
分類群10a(071)
分類群09(069)
分類群100(170)
分類群340(410)
分類群341(411)
分類群342(412)
分類群220(290)
分類群250(320)
分類群260(330)
分類群320(390)

======================
チビヨコエビ科

分類群20(095)

======================
フクスケヨコエビ科
(Synopiidae)


フクスケヨコエビ
 (Synopia sp.)

======================
未同定種

淡水生
分類群60(130)

海生
分類群05(045)
分類群190(260)
分類群380(450)
分類群390(460)
分類群270(340)
分類群300(370)
分類群370(440)
分類群410(480)
分類群430(500)
 アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)_分類群06(050)-6a
 採取:ひたちなか市平磯(2012年4月)*夜間
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:6.5mm
 第1触覚:3.2mm
 第2触覚:3.1、3.0mm
 特徴:複眼が大きい、
     第1触覚と、第2触覚の長さは同程度。 
     触覚の尾部側に長い棘がある。
     育房に緑色の卵を持っている。

--------------------------------------------------------------------------------
 謝辞:小さな生物の掲示板(2013/10/07 の御投稿)において、
     Ho(No.67)様に、“アゴナガヨコエビ科と思われる”との御助言を頂きました。
     御礼申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------