甲殻類の画像集 
----------------------
軟甲綱
----------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
  端脚目
----------------------
ヨコエビ亜目
Gammaridea

======================
ドロクダムシ上科
Corophioidea

----------------------
ヒゲナガヨコエビ科
(Amphithoidae)

ニッポンモバヨコエビ 新潟
(Ampithoe lacertosa)
ニッポンモバヨコエビ 小樽
(Ampithoe lacertosa)
モズミヨコエビ 新潟
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 牡鹿半島
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 三番瀬A
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 三番瀬B
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 男鹿半島A
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 男鹿半島B
(Ampithoe valida)
イッケヒゲナガヨコエビ
(Peramphithoe sp.1)
イッケヒゲナガヨコエビ
(Peramphithoe sp.2)
Ampithoe tarasovi 男鹿半島
Ampithoe cf. lacertosa 男鹿
Ampithoe cf. zachsi 静岡
Ampithoe sp.1親不知
ヒゲナガヨコエビ科 sp.A 気仙沼
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 気仙沼
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 積丹
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 新潟
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 静岡
ヒゲナガヨコエビ科 sp.C 三浦
ヒゲナガヨコエビ科 sp.D 明石
ヒゲナガヨコエビ科 sp.E 茨城
ヒゲナガヨコエビ科 sp.F 明石
ヒゲナガヨコエビ科 sp.G 新潟
ヒゲナガヨコエビ科 sp.J 親不知
----------------------
ユンボソコエビ科
(Aoridae)

ニホンドロソコエビ 新潟・秋田
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 静岡
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 万石浦
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 東京湾
(Grandidierella japonica)
ブラブラソコエビ 神奈川
(Aoroides curvipes)
ブラブラソコエビ 焼津
(Aoroides curvipes)
ケナガブラブラソコエビ
(Aoroides longimerus)
ドロソコエビ属
(Grandidierella sp.1)
ユンボソコエビ科 sp.A 気仙沼
ユンボソコエビ科 sp.A 沼津
ユンボソコエビ科 sp.B
岩内・新潟
ユンボソコエビ科 sp.C
伊豆大島
----------------------
ドロクダムシ科
(Corophiidae)
アリアケドロクダムシ 静岡
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 新潟・秋田
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 東京湾
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 伊豆大島
(Corophium acherusicum)
ドロクダムシ科 sp.A 横浜
----------------------
カマキリヨコエビ科
(Ischyroceridae)

モリノカマキリヨコエビ?新潟
(Jassa cf. morinoi)
ムシャカマキリヨコエビ 積丹
(Jassa marmorata)
ムシャカマキリヨコエビ 静岡
(Jassa marmorata)
ムシャカマキリヨコエビ 新潟
(Jassa marmorata)
カマキリヨコエビ属 牡鹿半島
(Jassa sp.3)
カマキリヨコエビ属 男鹿半島
(Jassa sp.4)
ホソヨコエビ属
(Ericthonius sp.1)
ホソヨコエビ属
(Ericthonius sp.2)
----------------------
ドロノミ科
(Podoceridae)
----------------------
科不明(ドロクダムシ上科)
科不明 sp.A
科不明 sp.B
科不明 sp.C
科不明 sp.D
----------------------
エンマヨコエビ科
(Dexaminidae)

トゲホホヨコエビ
(Paradexamine barnardi)
エンマヨコエビ科 sp.A
エンマヨコエビ科 sp.B
----------------------
アゴナガヨコエビ科
(Pontogeneiidae)

Pontogeneia rostrata type 1
(茨城・千葉・紋別)
Pontogeneia rostrata type 1
(男鹿半島)
Pontogeneia rostrata type 2
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 2
(男鹿半島)
Pontogeneia rostrata type 3
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 4
(茨城・北海道)
Pontogeneia rostrata type 5
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 6
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 7
(明石)
Pontogeneia rostrata type 8
(茨城)
Pontogeneia sp.1 宮城
Pontogeneia sp.2 紋別
Pontogeneia sp.3 紋別
Pontogeneia sp.4 紋別
Pontogeneia sp.5 茨城
Pontogeneia sp.6 茨城
Pontogeneia sp.7 茨城
Pontogeneia sp.8
 茨城・南房総・伊豆大島
Pontogeneia sp.9 静岡
Pontogeneia sp.10 宮城
Pontogeneia sp.11 茨城
----------------------
ツバサヨコエビ科
(Leucothoidae)
ツバサヨコエビ科 sp.A 気仙沼
ツバサヨコエビ科 sp.B 南房総
ツバサヨコエビ科 sp.C 岩内
----------------------
タテソコエビ科
(Stenothoidae)

タテソコエビ属01 明石 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属01 南房総 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属01 牡鹿半島 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属02 秋田・新潟
(Stenothoe sp.2)
タテソコエビ属03 紋別 
(Stenothoe sp.3)
タテソコエビ属04 岩内 
(Stenothoe sp.4)
タテソコエビ属05 登別
(Stenothoe sp.5)
タテソコエビ属06 新潟
(Stenothoe sp.6)
タテソコエビ属07 茨城
(Stenothoe sp.7)
----------------------
テングヨコエビ科
(Pleustidae)

テングヨコエビ属 (Pleustes sp.1)
テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)
----------------------
フトヒゲソコエビ科
(Lysianassidae)

シリアゲソコエビ属
(Anonyx sp.)
----------------------
メリタヨコエビ科
(Melitidae)

ヒゲツノメリタヨコエビ 葛西
(Melita setiflagella)
ヒゲツノメリタヨコエビ 多摩川
(Melita setiflagella)
ヒゲツノメリタヨコエビ 万石浦
(Melita setiflagella)
ナガタメリタヨコエビ 万石浦
(Melita nagatai)
ナガタメリタヨコエビ 伊豆大島
(Melita nagatai)
ナガタメリタヨコエビ 男鹿半島
(Melita nagatai)
シミズメリタヨコエビ 万石浦
(Melita shimizui)
シミズメリタヨコエビ 三番瀬
(Melita shimizui)
メリタヨコエビ゙属 (Melita sp.1)
ヤシャヒメヨコエビ属
(Abludomelita sp.1)
スンナリヨコエビ 三浦半島
(Maera serratipalma)

イソヨコエビ 茨城
(Elasmopus japonicus)

メリタヨコエビ科 sp.A 千葉・新潟
----------------------
クチバシソコエビ科
(Oedicerotidae)

ホソハサミヨコエビ
(Pontocrates altamarinus)
----------------------
マルソコエビ科
(Urothoidae)

マルソコエビ属 (Urothoe spp.)
----------------------
ヒサシソコエビ科
(Phoxocephalidae)

スナカキソコエビ
Harpiniopsis vadiculus

----------------------
ハマトビムシ科
(Talitridae)

ヒメハマトビムシ種群
Platorchestia spp.)
ヒメハマトビムシ男鹿半島
Platorchestia pacifica
ニホンヒメハマトビムシ
Platorchestia pachypus)
ニッポンスナハマトビムシ
Talorchestia nipponensis
ホソハマトビムシ
Paciforchestia sp.)
オカトビムシ
Platorchestia humicola
ハマトビムシ科 sp.A 新潟
ハマトビムシ科 sp.B 八郎潟
ハマトビムシ科 sp.C 男鹿
----------------------
モクズヨコエビ
(Hyalidae)

フサゲモクズ 新潟・沼津
Hyale barbicornis
フサゲモクズ 松島
Hyale barbicornis
フサゲモクズ 東京湾
Hyale barbicornis
モクズヨコエビ科 sp.A
千葉・神奈川
モクズヨコエビ科 sp.A 茨城
モクズヨコエビ科 sp.A 茨城(雌)
モクズヨコエビ科 sp.A 新潟
モクズヨコエビ科 sp.A 男鹿
モクズヨコエビ科 sp.B 茨城
モクズヨコエビ科 sp.B 新潟
モクズヨコエビ科 sp.C 茨城
モクズヨコエビ科 sp.D 房総
モクズヨコエビ科 sp.E 新潟
モクズヨコエビ科 sp.F 新潟
モクズヨコエビ科 sp.G
モクズヨコエビ科 sp.H 新潟
モクズヨコエビ科 sp.I 新潟
モクズヨコエビ科 sp.J 新潟
モクズヨコエビ科 sp.K 新潟
モクズヨコエビ科 sp.L
伊豆大島
モクズヨコエビ科 sp.M 男鹿
----------------------
ミノガサヨコエビ科
(Phliantidae)

ゴクゾウヨコエビ
Pa. thomsoni japonicus
----------------------
科不明(ハマトビムシ上科)
科不明 sp.A 新潟
----------------------
チビヨコエビ科
(Amphilochidae)

Gitanopsis sp.1
チビヨコエビ科 sp.A 短触角
チビヨコエビ科 sp.A 長触角
チビヨコエビ科 sp.A 静岡
チビヨコエビ科 sp.A 新潟
チビヨコエビ科 sp.B 新潟
チビヨコエビ科 spp.
----------------------
フクスケヨコエビ科
(Synopiidae)

Synopia spp.
----------------------
キタヨコエビ科
(Anisogammaridae)

ポシェットトゲオヨコエビ
(Eogammarus possjeticus)
ポシェットトゲオヨコエビ 三番瀬
(Eogammarus possjeticus)
----------------------

淡水性:分類群不明
分類群60(130)
----------------------
海性:分類群不明
分類群05(045)
分類群380(450)
分類群483(573)
分類群270(340)
分類群300(370)
分類群370(440)
分類群410(480)


 イッケヒゲナガヨコエビ属の1種 (Peramphithoe sp1)
 採取:新潟県糸魚川市 能生 (2017年4月)
 体長:11.6mm
 特徴:この種は新潟県西部に広く分布するかもしれない。
     日本産のイッケヒゲナガヨコエビのトウヨウヒゲナガ
     (Peramphithoe orientalis)よりも第2胸脚の指節が短く、
     掌部よりも明らかに短い。
     (トウヨウヒゲナガの第2胸脚の指節は掌部よりも長い。)
イッケヒゲナガヨコエビ属 Peramphithoe Conlan & Bousfield, 1982
2mm
イッケヒゲナガヨコエビ(Peramphithoe sp1)の画像
 Ampithoe tarasovi 男鹿半島タイプ
 採取:秋田県男鹿市 (2018年8月)
 体長:13.2mm
 特徴:雄個体。第1胸脚と第2胸脚が大きい。
     海水浴場で採取した。
2mm
Ampithoe tarasovi の画像
Ampithoe tarasovi Bulycheva, 1952
 フサゲヒゲナガ?(Ampithoe cf. zachsi)_明石タイプ
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:10.0mm
 第1触覚:4.4mm
 第2触覚:4.0mm
 特徴:第2触角に剛毛が密生している。
     干潮時に海藻に付着していたものを採取した。
     第2咬脚が大きいことから雄と思われる。

3mm
ヨコエビの画像です。
 フサゲヒゲナガ?(Ampithoe cf. zachsi)_茨城タイプ 
 採取:茨城県ひたちなか市 (2018年1月)
 体長:8.8mm
 特徴:雌個体。
     第2触角に多数の棘がありフサゲヒゲナガに似ているが、
     雌個体なので同定できていない。
     第3、第4胸脚の底節板下縁に数本の棘がある。

3mm
ヒゲナガヨコエビ科 sp.E 茨城タイプの画像
 フサゲヒゲナガ?(Ampithoe cf. zachsi) 親不知タイプ
 採取:新潟県糸魚川市 (2017年4月)
 体長:9.7mm
 特徴:雄個体。
     第2触角に多数の棘がある。
     第2胸脚前節の掌部に台形の突起がない。
     第3、第4胸脚の底節板下縁に数本の棘がある。
     静岡で採取したフサゲヒゲナガ?(Ampithoe cf. zachsiより小さい。
     フサゲヒゲナガの未成熟個体かもしれない。
2mm
Ampithoe sp.1 親不知タイプの画像
 フサゲヒゲナガ?(Ampithoe cf. zachsi) 静岡タイプ
 採取:静岡県焼津市 (2017年3月)
 体長:12.4mm
 特徴:大型の雄個体。
     第2触角に多数の棘がある。
     第2胸脚前節の掌部に台形の突起がある。
     第3、第4胸脚の底節板下縁に数本の棘がある。

2mm
フサゲヒゲナガ?(Ampithoe cf. zachsi) 静岡タイプの画像
フサゲヒゲナガ Ampithoe zachsi Gurjanova, 1938
 モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 男鹿半島タイプB
 採取:秋田県男鹿市 鵜ノ崎海岸(2018年8月)
 体長:5.8mm
 特徴:雄個体。第2咬脚の前節掌部に長方形の突起がない。
     第2~4底節板の下縁に数本の棘がある。
     典型的なモズミヨコエビよりも小型。
     未成熟のモズミヨコエビは第2咬脚前節掌部に
     突起がないのかもしれない。
1mm
モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 男鹿半島タイプBの画像
2mm
モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 男鹿半島タイプAの画像
 モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 三番瀬タイプB
 採取:東京湾三番瀬 (2018年4月)
 体長:7.1mm
 特徴:雄個体。第2咬脚の前節掌部に長方形の突起がない。
     第2~4底節板の下縁に数本の棘がある。
     三番瀬の干潟で採取した。
     同時に採取した典型的なモズミヨコエビよりも小型。
     未成熟のモズミヨコエビは第2咬脚前節掌部に突起がない可能性がある。
2mm
モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 三番瀬タイプBの画像
2mm
モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 三番瀬タイプの画像
 モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 牡鹿半島タイプ
 採取:宮城県女川町 (2017年8月)
 体長:9.5mm
 特徴:大型の雄個体。新潟産の個体(11.2mm)よりは小さい。
     第2咬脚の前節(先端から2番目の節)の掌部に
     長方形の突起がある典型的なモズミヨコエビ。
     万石浦の干潟で採取した。
     泥質で落ち葉などが堆積している場所に生息していた。
2mm
モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 牡鹿半島タイプの画像
 モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 新潟タイプ
 採取:新潟県新潟市(2016年4月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:11.2mm第1触覚:6.1mm第2触覚:5.0mm
 特徴:第2咬脚の前節(先端から2番目の節)の掌部に
     長方形の突起があることが特徴。
     磯のタイドプールで採取した。

2mm
ヒゲナガヨコエビ科(Amphithoidae)の画像
モズミヨコエビ Ampithoe valida Smith, 1873
 ニッポンモバヨコエビ(Ampithoe cf. lacertosa) 男鹿半島タイプ
 採取:秋田県男鹿市 (2018年3月)
 体長:10.4mm
 特徴:大型の雄個体。第1触角の基部に棘状の剛毛がある。
     第2胸脚前節の底面と掌部の角度は直角。
     第3、第4胸脚の底節板下縁に棘はない。
     第3腹節の腹側板の後縁に小さな突起がある。
2mm
ニッポンモバヨコエビ(Ampithoe cf. lacertosa)男鹿半島タイプ
 ニッポンモバヨコエビ(Ampithoe lacertosa)小樽タイプ
 採取:北海道小樽市(2016年9月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:16.0mm第1触覚:13.5mm第2触覚:9.7mm
 特徴:ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe)と思われる。
     ニッポンモバヨコエビ(Ampithoe lacertosa)に似ているが、
     日本海岸動物図鑑に記載されている
     「第2、第3側板の後縁下部の鋭い歯」を確認していない。
2mm
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)の画像
ニッポンモバヨコエビ Ampithoe lacertosa Bate, 1858
 ニッポンモバヨコエビ(Ampithoe lacertosa)新潟タイプ_
 採取:新潟県長岡市(2016年4月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:15.0mm第1触覚:10.8mm第2触覚:9.2mm
 特徴:ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe)と思われる。
     ニッポンモバヨコエビ(Ampithoe lacertosa)に似ているが、
     日本海岸動物図鑑に記載されている
     「第2、第3側板の後縁下部の鋭い歯」を確認していない。

2mm
1mm
2mm
2mm
2mm
ヒゲナガヨコエビ科の未同定種
2mm
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)の画像
 モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 三番瀬タイプA
 採取:東京湾三番瀬 (2018年4月)
 体長:10.5mm
 特徴:大型の雄個体。典型的なモズミヨコエビ。
     新潟産の個体(11.2mm)よりは小さい。
     第2咬脚の前節(先端から2番目の節)の掌部に長方形の突起がある。
     三番瀬の干潟で採取した。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p176.
       :Redescriptions of Two Ampithoid Amphipods, Ampithoe lacertosa and A. tarasovi (Crustacea: Amphipoda), from Korea、
       Myung-Hwa Shin, Ji Sun Hong and Won Kim、Korean J. Syst. Zool. Vol. 26, No. 3: 295-305, November 2010
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.G 新潟タイプ
 採取:新潟県新潟市(2016年4月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:7.5mm
 第1触覚:3.6mm
 第2触覚:3.2mm
 特徴:第2触覚に房状の棘があることが特徴。
     第1触覚と第2触覚はほぼ同じ長さ。
2020/3/28 更新
トップページに戻ります。
ヨコエビの画像
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 積丹タイプ
 採取:北海道積丹町(2016年9月)
 撮影倍率:x1(実体顕微鏡)
 体長:8.9mm
 第1触覚:6.4mm
 第2触覚:4.7mm
 特徴:ヒゲナガヨコエビ科(Amphithoidae)と思われる。
     第2咬脚が小さいことから雌と思われる。
     第3,第4胸脚の形状はヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe
     に似ているが、雌の個体なので属レベルの同定は難しい。
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 明石タイプ
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.9mm
 第1触覚:2.5mm
 第2触覚:2.0mm
 特徴:第1触角は第2触角よりも長い。
     第6、第7胸脚が長い。

ヒゲナガヨコエビ科(Amphithoidae)の画像です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ヒゲナガヨコエビ科は世界から14属、日本からは3属が知られています。海藻に巣を作り生息しています。第2咬脚の性差が
 大きく、雄では種の特徴が現れますが、雌は種の判別が困難です。第3尾肢の外枝先端に1対鉤状棘を持ちます。主要属は
 ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)とイッケヒゲナガヨコエビ属(Peramphithoe sp.)です。
 ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)は第1底節が前方に伸びること、第3、第4胸脚の基節がやや細長く長方形であることが
 特徴です。代表種はニッポンモバヨコエビ(Ampithoe lacertosa)と、モズミヨコエビ(Ampithoe valida)です。この2種は第2胸脚の
 形状や、第2~4底節板の棘の有無などで区別できます。ここではこの2種の他、フサゲヒゲナガ(Ampithoe cf. zachsi) と、
 Ampithoe tarasovi を記載します。
 イッケヒゲナガヨコエビ属(Peramphithoe sp.)は第1底節が前方に伸びないこと、第3、第4胸脚の基節が膨れて楕円形であること、
 などの特徴を持ちます
(以上、日本海岸動物図鑑[II])。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 モズミヨコエビ(Ampithoe valida) 男鹿半島タイプA
 採取:秋田県男鹿市 西黒沢 (2018年8月)
 体長:8.0mm
 特徴:雄個体。典型的なモズミヨコエビ。成熟した雄個体としては小さめ。
     第2咬脚の前節(先端から2番目の節)の掌部に長方形の突起がある。
     磯で採取した。
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.J 親不知タイプ
 採取:新潟県糸魚川市 (2017年4月)
 体長:6.8mm
 特徴:未成熟個体と思われる。
ヒゲナガヨコエビ科 sp.J 親不知タイプの画像
2mm
2mm
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.D 明石タイプ
 採取:兵庫県明石市 明石港(2013年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:6.0mm
 第1触覚:2.6mm
 第2触覚:2.5mm
 特徴:第2触角は第1触角よりも太く剛毛がある。
     第1触角と第2触角は長さは同程度。
     眼は小さく円形。
     干潮時に海藻についていたものを採取した。

ヨコエビの画像です。
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.C 三浦半島タイプ
 採取:神奈川県三浦市 油壺(2013年7月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:4.7mm
 第1触覚:2.2mm
 第2触覚:1.3mm
 特徴:第2触角よりも第1触角のほうが長い。
     第2触角は太い。眼は赤く、円形。

ヨコエビの画像です。
1mm
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 静岡タイプ
 採取:静岡県焼津市 (2017年3月)
 体長:5.5mm
 特徴:未成熟個体または雌個体。
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 静岡タイプの画像
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 新潟タイプ 
 採取:新潟県柏崎市 鯨波(2014年4月)
 撮影倍率:x40(光学顕微鏡)
 第1触角:4.3mm
 第2触角:3.4mm
 体長:7.7mm
 特徴:第1触角が第2触角よりも長い。
     第1咬脚と第2咬脚が同程度の長さ。

ヨコエビの画像です。
ヒゲナガヨコエビ科(Amphithoidae)の画像
ヨコエビの画像です。
 ヒゲナガヨコエビ科 sp.A 気仙沼タイプ
 採取:宮城県気仙沼大島(2012年9月)*昼
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡、視野合成)
 体長:3.6mm第1触覚:2.2mm第2触覚:1.6mm
 特徴:鮮やかな緑色をしたヨコエビ。
     触角は長く、複眼は小さい。
     第1、第2胸脚(咬脚)は小さい。

2mm
 イッケヒゲナガヨコエビ属の1種 (Peramphithoe sp2)
 採取:千葉県南房総市 房総半島(2015年3月)
 撮影倍率:x2(実体顕微鏡)
 
体長:6.6mm第1触覚:4.7mm第2触覚:2.6mm
 特徴:掲示板(現在廃止)でHo(No67)氏に
     「ヒゲナガヨコエビ科のようです。
     Peramphithoeだと思います。」とコメントを頂いた。

2mm
イッケヒゲナガヨコエビ属(Peramphithoe sp.)の画像
Since 2005/9 Copyright 2020 Neko no Shippo