甲殻類の画像集 
----------------------
軟甲綱
----------------------
真軟甲亜綱
 フクロエビ上目
  端脚目
----------------------
ヨコエビ亜目
Gammaridea

======================
ドロクダムシ上科
Corophioidea

----------------------
ヒゲナガヨコエビ科
(Amphithoidae)

ニッポンモバヨコエビ 新潟
(Ampithoe lacertosa)
ニッポンモバヨコエビ 小樽
(Ampithoe lacertosa)
モズミヨコエビ 新潟
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 牡鹿半島
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 三番瀬A
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 三番瀬B
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 男鹿半島A
(Ampithoe valida)
モズミヨコエビ 男鹿半島B
(Ampithoe valida)
イッケヒゲナガヨコエビ
(Peramphithoe sp.1)
イッケヒゲナガヨコエビ
(Peramphithoe sp.2)
Ampithoe tarasovi 男鹿半島
Ampithoe cf. lacertosa 男鹿
Ampithoe cf. zachsi 静岡
Ampithoe sp.1親不知
ヒゲナガヨコエビ科 sp.A 気仙沼
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 気仙沼
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 積丹
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 新潟
ヒゲナガヨコエビ科 sp.B 静岡
ヒゲナガヨコエビ科 sp.C 三浦
ヒゲナガヨコエビ科 sp.D 明石
ヒゲナガヨコエビ科 sp.E 茨城
ヒゲナガヨコエビ科 sp.F 明石
ヒゲナガヨコエビ科 sp.G 新潟
ヒゲナガヨコエビ科 sp.J 親不知
----------------------
ユンボソコエビ科
(Aoridae)

ニホンドロソコエビ 新潟・秋田
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 静岡
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 万石浦
(Grandidierella japonica)
ニホンドロソコエビ 東京湾
(Grandidierella japonica)
ブラブラソコエビ 神奈川
(Aoroides curvipes)
ブラブラソコエビ 焼津
(Aoroides curvipes)
ケナガブラブラソコエビ
(Aoroides longimerus)
ドロソコエビ属
(Grandidierella sp.1)
ユンボソコエビ科 sp.A 気仙沼
ユンボソコエビ科 sp.A 沼津
ユンボソコエビ科 sp.B
岩内・新潟
ユンボソコエビ科 sp.C
伊豆大島
----------------------
ドロクダムシ科
(Corophiidae)
アリアケドロクダムシ 静岡
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 新潟・秋田
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 東京湾
(Corophium acherusicum)
アリアケドロクダムシ 伊豆大島
(Corophium acherusicum)
ドロクダムシ科 sp.A 横浜
----------------------
カマキリヨコエビ科
(Ischyroceridae)

モリノカマキリヨコエビ?新潟
(Jassa cf. morinoi)
ムシャカマキリヨコエビ 積丹
(Jassa marmorata)
ムシャカマキリヨコエビ 静岡
(Jassa marmorata)
ムシャカマキリヨコエビ 新潟
(Jassa marmorata)
カマキリヨコエビ属 牡鹿半島
(Jassa sp.3)
カマキリヨコエビ属 男鹿半島
(Jassa sp.4)
ホソヨコエビ属
(Ericthonius sp.1)
ホソヨコエビ属
(Ericthonius sp.2)
----------------------
ドロノミ科
(Podoceridae)
----------------------
科不明(ドロクダムシ上科)
科不明 sp.A
科不明 sp.B
科不明 sp.C
科不明 sp.D
----------------------
エンマヨコエビ科
(Dexaminidae)

トゲホホヨコエビ
(Paradexamine barnardi)
エンマヨコエビ科 sp.A
エンマヨコエビ科 sp.B
----------------------
アゴナガヨコエビ科
(Pontogeneiidae)

Pontogeneia rostrata type 1
(茨城・千葉・紋別)
Pontogeneia rostrata type 1
(男鹿半島)
Pontogeneia rostrata type 2
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 2
(男鹿半島)
Pontogeneia rostrata type 3
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 4
(茨城・北海道)
Pontogeneia rostrata type 5
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 6
(茨城)
Pontogeneia rostrata type 7
(明石)
Pontogeneia rostrata type 8
(茨城)
Pontogeneia sp.1 宮城
Pontogeneia sp.2 紋別
Pontogeneia sp.3 紋別
Pontogeneia sp.4 紋別
Pontogeneia sp.5 茨城
Pontogeneia sp.6 茨城
Pontogeneia sp.7 茨城
Pontogeneia sp.8
 茨城・南房総・伊豆大島
Pontogeneia sp.9 静岡
Pontogeneia sp.10 宮城
Pontogeneia sp.11 茨城
----------------------
ツバサヨコエビ科
(Leucothoidae)
ツバサヨコエビ科 sp.A 気仙沼
ツバサヨコエビ科 sp.B 南房総
ツバサヨコエビ科 sp.C 岩内
----------------------
タテソコエビ科
(Stenothoidae)

タテソコエビ属01 明石 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属01 南房総 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属01 牡鹿半島 
(Stenothoe sp.1)
タテソコエビ属02 秋田・新潟
(Stenothoe sp.2)
タテソコエビ属03 紋別 
(Stenothoe sp.3)
タテソコエビ属04 岩内 
(Stenothoe sp.4)
タテソコエビ属05 登別
(Stenothoe sp.5)
タテソコエビ属06 新潟
(Stenothoe sp.6)
タテソコエビ属07 茨城
(Stenothoe sp.7)
----------------------
テングヨコエビ科
(Pleustidae)

テングヨコエビ属 (Pleustes sp.1)
テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)
----------------------
フトヒゲソコエビ科
(Lysianassidae)

シリアゲソコエビ属
(Anonyx sp.)
----------------------
メリタヨコエビ科
(Melitidae)

ヒゲツノメリタヨコエビ 葛西
(Melita setiflagella)
ヒゲツノメリタヨコエビ 多摩川
(Melita setiflagella)
ヒゲツノメリタヨコエビ 万石浦
(Melita setiflagella)
ナガタメリタヨコエビ 万石浦
(Melita nagatai)
ナガタメリタヨコエビ 伊豆大島
(Melita nagatai)
ナガタメリタヨコエビ 男鹿半島
(Melita nagatai)
シミズメリタヨコエビ 万石浦
(Melita shimizui)
シミズメリタヨコエビ 三番瀬
(Melita shimizui)
メリタヨコエビ゙属 (Melita sp.1)
ヤシャヒメヨコエビ属
(Abludomelita sp.1)
スンナリヨコエビ 三浦半島
(Maera serratipalma)

イソヨコエビ 茨城
(Elasmopus japonicus)

メリタヨコエビ科 sp.A 千葉・新潟
----------------------
クチバシソコエビ科
(Oedicerotidae)

ホソハサミヨコエビ
(Pontocrates altamarinus)
----------------------
マルソコエビ科
(Urothoidae)

マルソコエビ属 (Urothoe spp.)
----------------------
ヒサシソコエビ科
(Phoxocephalidae)

スナカキソコエビ
Harpiniopsis vadiculus

----------------------
ハマトビムシ科
(Talitridae)

ヒメハマトビムシ種群
Platorchestia spp.)
ヒメハマトビムシ男鹿半島
Platorchestia pacifica
ニホンヒメハマトビムシ
Platorchestia pachypus)
ニッポンスナハマトビムシ
Talorchestia nipponensis
ホソハマトビムシ
Paciforchestia sp.)
オカトビムシ
Platorchestia humicola
ハマトビムシ科 sp.A 新潟
ハマトビムシ科 sp.B 八郎潟
ハマトビムシ科 sp.C 男鹿
----------------------
モクズヨコエビ
(Hyalidae)

フサゲモクズ 新潟・沼津
Hyale barbicornis
フサゲモクズ 松島
Hyale barbicornis
フサゲモクズ 東京湾
Hyale barbicornis
モクズヨコエビ科 sp.A
千葉・神奈川
モクズヨコエビ科 sp.A 茨城
モクズヨコエビ科 sp.A 茨城(雌)
モクズヨコエビ科 sp.A 新潟
モクズヨコエビ科 sp.A 男鹿
モクズヨコエビ科 sp.B 茨城
モクズヨコエビ科 sp.B 新潟
モクズヨコエビ科 sp.C 茨城
モクズヨコエビ科 sp.D 房総
モクズヨコエビ科 sp.E 新潟
モクズヨコエビ科 sp.F 新潟
モクズヨコエビ科 sp.G
モクズヨコエビ科 sp.H 新潟
モクズヨコエビ科 sp.I 新潟
モクズヨコエビ科 sp.J 新潟
モクズヨコエビ科 sp.K 新潟
モクズヨコエビ科 sp.L
伊豆大島
モクズヨコエビ科 sp.M 男鹿
----------------------
ミノガサヨコエビ科
(Phliantidae)

ゴクゾウヨコエビ
Pa. thomsoni japonicus
----------------------
科不明(ハマトビムシ上科)
科不明 sp.A 新潟
----------------------
チビヨコエビ科
(Amphilochidae)

Gitanopsis sp.1
チビヨコエビ科 sp.A 短触角
チビヨコエビ科 sp.A 長触角
チビヨコエビ科 sp.A 静岡
チビヨコエビ科 sp.A 新潟
チビヨコエビ科 sp.B 新潟
チビヨコエビ科 spp.
----------------------
フクスケヨコエビ科
(Synopiidae)

Synopia spp.
----------------------
キタヨコエビ科
(Anisogammaridae)

ポシェットトゲオヨコエビ
(Eogammarus possjeticus)
ポシェットトゲオヨコエビ 三番瀬
(Eogammarus possjeticus)
----------------------

淡水性:分類群不明
分類群60(130)
----------------------
海性:分類群不明
分類群05(045)
分類群380(450)
分類群483(573)
分類群270(340)
分類群300(370)
分類群370(440)
分類群410(480)


 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_4a
 採取:北海道泊村(2016年4月)
 撮影倍率:x4(生物顕微鏡)
 体長:4.0mm
 特徴:積丹半島で採取した。
     テングヨコエビ(Pleustes sp.)と思われる。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_3b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
     額角は第1触覚の第1柄節より長い。
 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_3a
 採取:北海道岩内町(2016年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.9mm
 特徴:夜間のネットサンプリングで採取した。
     頭部の額角が長いため、
     テングヨコエビ(Pleustes sp.)と思われる。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_2b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:焦点を変えて撮影した画像。
     額角は第1触覚の第1柄節より長い。
 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_2a
 採取:北海道岩内町(2016年4月)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:2.1mm
 特徴:夜間のネットサンプリングで採取した。
     頭部の額角が長いため、
     テングヨコエビ(Pleustes sp.)と思われる。

500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
4a
3b
3a
2b
2a
テングヨコエビ属(Pleustes)の画像
テングヨコエビ属(Pleustes)の画像
テングヨコエビ属(Pleustes)の画像
テングヨコエビ属(Pleustes)の画像
テングヨコエビ属(Pleustes)の画像
採集日記と生物の同定記録です。
お問い合わせはこちらへ。
画像をご利用したい場合はお読みください。
甲殻類のトップページ(甲殻類の画像集)
------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 謝辞:小さな生物の掲示板(2013/10/07 の御投稿)において、
     Ho(No.67)様に、“テングヨコエビ科と思われる。ヒドロ虫やサンゴの表面にいることの多いグループ”
     との御助言を頂きました。御礼申し上げます。
 参考文献:原色検索 日本海岸動物図鑑[II] 西村三郎 編著 保育社、1995年、p182-183.

-------------------------------------------------------------------------------------------------
 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1k
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:尾部に焦点を合わせている。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1j
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1、第2胸脚(咬脚)に焦点を合わせている。
     第1橋脚の鋏を開いたときの画像。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1i
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1、第2胸脚(咬脚)に焦点を合わせている。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1h
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第1胸脚(咬脚)に焦点を合わせている。
     第1、第2胸脚(咬脚)は大きく発達している。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1g
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:触角の基部に焦点を合わせている。
     触角は複眼の下方から伸びている。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1f
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:第2〜第4底節板にかけての部位に
     焦点を合わせている。
     第2〜第4(5?)底節板は大きく発達している。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1e
 撮影倍率:x100(生物顕微鏡)
 特徴:複眼から第1底節板にかけての部位に
     焦点を合わせている。
     第1底節板の輪郭は明瞭ではない。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1d
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:第1、第2咬脚を伸ばした状態。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1c
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:咬脚を少し伸ばした状態。
 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1b
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 特徴:底節板に焦点を合わせている。
     体色は赤褐色で不透明。

 テングヨコエビ属 (Pleustes sp.2)_1a
 採取:ひたちなか市平磯(2011年7月)*海岸(磯)
 撮影倍率:x40(生物顕微鏡)
 体長:1.8mm
 第1触角:0.3mm
 第2触角:0.3mm
 特徴:第2〜第4(5?)底節板は大きく発達している。
     第1、第2胸脚(咬脚)は大きいが、
     曲げた状態では底節板に隠されて見えない。
     触角は複眼の下方から伸長する。

1k
1j
1i
1h
1g
1f
1e
1d
1c
1b
1a
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
500μm
1mm
1mm
1mm
1mm
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
テングヨコエビの画像です。
Since 2005/9 Copyright 2020 Neko no Shippo
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 日本海岸動物図鑑[II]によれば、テングヨコエビ属(Pleustes)は額角が長く、第1触覚の第1柄節を超えることが
 特徴です。近縁属のオタフクヨコエビ属(Parapleustes)の額角は第1触覚の第1柄節に達しないそうです。
 テングヨコエビ科(Pleustidae)は、世界に15属、日本からは5属が知られているそうです。
 ここで紹介するテングヨコエビ属の不明種(Pleustes sp.2)は北海道の日本海と、茨城県で採取しました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017/4/10 更新
トップページに戻ります。